ナノキャリアはファイザーに敗れる!BIND買収オークションの結果!

こんにちは。

いつもお世話になっております。

どうもワタクシです。

 

さてワタクシの大注目しておりましたナノキャリアのBIND買収オークションへの参加!

結果はいかに!

 

落札者はファイザー!

あっさりファイザーさんが落札しちゃっいました。笑

まあ普通に考えればチャプター11の制度的にも資本力的にもファイザーが有利なわけですが、どうしても土曜日にオークション参加IRを出したことが引っかかってたんですよね。

 

落札してから出せばいいじゃん、と。

 

ということで土曜日の時点では色々妄想を膨らませておりました。

次の日、ファイザーとナノに加え、さらに非公開のもう1社の計3社がオークションに参加するということが明らかになってから、どうやらこいつはガチンコだぞう的な雰囲気になり、ああやっぱりファイザーかと思いながらも、それでもなんかモヤモヤが残り……。

 

はい、もう一度!

ナノキャリアのオークション参加IRです。

 

それもアメリカの活動拠点だとか人材確保だとか、期待を膨らませるようなことを言っちゃってくれてたんですよねー。

 

普通に考えればある程度の確証がないとこんなの出さないと思っちゃうじゃん……。

 

誠実なのかなんなのか。

 

それにしても今回のことは勉強になりました。。

 

落札金額は40百万ドルに!!

すいません。。

もうナノキャリアに買わせて提携しようとしてんじゃね?的な妄想を抱き、ファイザーの入札額は最低額の20.75百万ドルに多少上乗せされる程度だろって自信満々に書いちゃいましたが、結果はなんとほぼ倍の40百万ドル……。

 

ファイザーさんの本気を見ちゃったぞ。

恐れ入りました。

 

でも色々意見はあるようですが、ワタクシ的には決して高くない金額だと思っています。

この金額を見るとやっぱり日本のバイオってまだまだ時価総額めちゃくちゃ高いっすよね…。

 

40百万も出してこんな赤字企業買わなくて良かったぜ!っていう見方もあるし、その通りだとも思いますが、でもやっぱり成功して今後どうシナジーを活かしていくのか見てみたかったなあという気持ちが強いです。

 

今後の展開に注目!

どうやら本当に深い意味はなかった様子の参加表明IR。

 

ナノとしては結果がどうあろうとも、こんな具合に継続的に強く世界展開を志向していくぞ!という決意を株主に見せたかったんですかね。

 

実際、オークションに負けたことが発表されてもたいして株価は下がりませんでしたし、モルガンの売却不安もなんとなく忘れ去られちゃった感じなんで、結果オーライか。

 

M&Aってリスクも高いですけど、そーせいもアラキス買収で生き残って、ヘプタレス買収で爆発しちゃいましたからね……。

BINDにしても提携先の錚々たる面々を見ると、40億で買えるなら決して高いとはいえない買い物だったんでは?

 

もちろんファイザーも考えることは一緒だったというわけですが。

 

いやあしかし万年赤字ベンチャー(失礼)がファイザーさんとガチンコ対決を繰り広げたのは大変面白かったです。

 

ナノキャリアさんにはぜひこれからも果敢にチャレンジしていってほしいと個人的には思っている次第でありまする。

 

まとめ

ホルダーでもないのになんだかソワソワしちゃってたこの数日間。

結果はなんもなかったわけですが、ナノさんの果敢なチャレンジには拍手です。

ぜひ結果IRにもあるようにこれからも積極的に挑戦していってほしい。

 

ど素人ながらNK105の失敗は痛恨の一撃だと考えております。もちろんNC6004が必ず失敗するというわけではないですし、シスプラチンの副作用が低減できるなら社会的にも非常に意義のあることだと思っています(あ、もちろん有効性も高まるならこんな素晴らしいことはないですが、NK105の結果を見ちゃうと、うーん……ってな感じ)。

 

とにもかくにも自社開発品の進捗と提携、そしてM&A。これからの材料に注目しています。

 

ちょっと今の時価総額だと手を出しにくいけど……。

頑張れナノキャリア!

関連記事

シェアしてくれたら泣いて喜びます。


自作小説販売を始めたぞ!

出版社の新人賞で最終選考まで残ったけど、結局落ちちゃった小説をkindleで発売してみたぞ!

値段は吉野家の牛丼に合わせて380円!

大特価だ!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください