メドレックス【4586】が悲惨なので提携先のCiplaに期待するぞ!

いつもお世話になっております!

本日は有休消化奨励期間のため、会社を休んだぞ。

みんな金曜日とか月曜日に有休をとって3連休にするんだけど、ぼくは断然ド真ん中取得派です。

理由は、3日も連続で休んだら最終日に強烈なサザエさん症候群が発症し、どこかの金持ち波平の娘のサザエをつかまえてマスオになって、毎日カツオとキャッチボールをして過ごしたいって妄想が起きるから。

ちゃんとリスクを回避しての週の真ん中有休取得なわけです。

 

ただ今日は心が休まらない。

メドレックスが下げまくってるからだ!

株価の底は見えないのに、ぼくのナンピン資金は底が見えてきたぞ。

最悪な状況だ!!

 

昨日夜中の三時に目が覚めてふと思った。

突然、シプラが「他に好きな人がいるの」と同じくらいの鉄板断り文句である「競争戦略上の理由」からチザニジンやっぱ辞めるわって言ったらぼくって完全に詰んじゃうよなあって。

もう3Qの半分。まだ3相開始発表はない。

 

怖い怖い怖い、超怖い!!

 

心を落ち着かせるために今一度シプラのやる気について整理しておこう。

ぼくの得意技は他力本願だからね。

 

チザニジンテープ剤(CPN-101)の動きについて

とりあえず、これまでのチザニジンテープ剤(CPN-101)流れを整理しておくと……。

  • 2017年2月 3日 チザニジンテープのフェイズ1成功
  • 2017年4月 6日 シプラへのチザニジンテープの導出を発表
  • 2017年9月 1日 チザニジンテープのフェイズ1追加試験を発表
  • 2018年1月29日 チザニジンテープの追加試験の成功を発表

 

もうここまでは全盛期のボルト並みのスピード感。

チザニジンだけじゃなくてオキシコドンの進展なんかも間にあったので、メドレックスの社長であるまっちゃんジュニア有能説がピークに達していたときもこの頃です。

 

で、2018年3月23日にチザニジンテープのライセンス先変更のお知らせが出ます。

Cipla USAから、Cipla USAの100%新設子会社であるCipla Techに移管されたというお知らせです。

理由はCiplaグループの再編。

 

ここで3Dマトリックスさんにコテンパンにやられたぼくはアレルギー反応が出る。

3Dマトリックスも欧州契約が遅れている理由とか、販売が遅延している理由とかに、「候補先の会社で再編があってさあ……」なんてことを良く言ってたじゃん。

なんで一瞬心配になったわけですが、シプラの場合は「新薬にフォーカスした」新設会社ってことなんで、むしろチザニジンテープは開発を加速されるほうなんじゃないかとも思えます。

 

ちなみにCipla Techの社長はVikram Sudarsanさん。

Cipla USAで戦略部門の責任者だったお方。

 

ぼくが30浪しても入れないスタンフォード大学で神経生物学の博士号を取っています。

医薬品開発に関して科学的・商業的側面から深い専門知識を持っているんだってよ。

出典:https://www.crunchbase.com/person/vikram-sudarsan

 

さぞかしエリート然としたヤな男なんだろうなあと思いきや

子煩悩な超優しそうな人じゃん。

悪い人にこんな笑顔はできませんよ。

最近ツイートがないのは社長になって超忙しいからだろう。

 

うん、きっとそうだ。

チザニジンのフェイズ3の治験をどうするかFDAとの協議に忙しいんだ。

メドレックスさんに成り代わって御礼申し上げます。

 

シプラのチザニジンテープへの前向き発言を整理

実際のところどうなのか。

 

既出ですがシプラのチザニジンテープ(CPN-101)への前向き発言を整理しておきます。

まずはシプラのCFO、Kedar Upadhyeさんのインタビュー記事。

Our Companyhas started to partner with the innovative companies like MEDRx for various categories under specialty products in US.

出典:CFO Speaks

(CFO)
アメリカですぺしゃりてぃな製品を開発したろうとな、メドちゃんみたいな革新的な会社はんと提携したったんや
(僕)
……いやいや革新的って。そんな大したもんじゃないですよ。マイクロニードル工場建てるって株価を1/3にしちゃうようなところで。えへへ

となぜか一ミリも関係ないのに照れるぼく。

 

これが2018年の5月のインタビュー記事なんで最近だよね。

わざわざ名前を出すくらいだから評価はすごく高い。

 

あとねー。

youtubeで「Cipla FY18 Financial Results」で検索すると、ciplaの直近の決算報告の説明会動画が出てくるよ。

上の動画の8分くらいに、同じCFOがチザニジンテープに触れています。

(CFO)
特別なワシたちの製品であるチザニジンパッチやけどな、スムーズに進んどる。ワシたちも積極的に動いてんで

↑ちょっとぼくのヒアリング能力じゃ何言ってるかサッパリ聞き取れないとこも多いんですが、だいたいこんなようなことをおっしゃっています。

 

 

ってことで結論……。

 

ま、まあ今んところは大丈夫だろ―!!!

 

 

もちろんこの業界は何が起こるか分かんないし、ciplaはなんせフェイズ1の結果が出て2ヶ月で契約を結んじゃうフットワークキレキレ会社だからね。

急に逆の決断をされないとは断言できない。

株価もこんな状況だし、安心はできませんが、今期中にフェイズ3に入ってくれることを祈るばかりです。

 

 

……それにしても。

メドレックスは今んところ20億以上の現預金を持っていて、かつ未入金のチザニジンテープのマイルストーンが30億。

マイルストーンのうち、販売マイルがいくらで、かつ「こりゃいくらなんでも達成できないだろ……」マイルがあるのかないのかは分かりませんが、仮に上市までで20億ゲットできるとしても、キャッシュ20億+マイル20億=40億。

今の時価総額が70億-40億=残存パイプラインの価値が30億。

 

……うーん。いくらなんでも安すぎると思うけど。

やっぱりマイクロニードルって箱モノが、現状ではマイナス評価(単なる金食い虫野郎になるんじゃね評価)されてるように見受けられます。

 

それでもチザニジンだけでも順調に進んでいけば、下値もさすがに限界があるんじゃないかな。

できれば3Q中に3相入りました発表を……。

来期にズレこんだり、可能性は低いと思いますが提携解消なんてことになれば終了ですが。

 

まとめ

・メドちゃんに期待できないならシプラに期待しようぜ!

上期は売上ゼロ見込みのメドちゃん。

それなのに、実際に決算が出ると「ゼロ―???」売られちゃったりするもんなー。

しばらくは軟調が続きそうです。

 

半年前は決算説明会があって、岡村っちのレポートがあって、一週間後に第一三共との提携発表、そしてオキシコドンのフェイズ1成功と立て続けに好材料が出ました。

今回はどうなりますか。

バイオ全体が沈んでる中、救世主がメドレックスになるって展開は……たぶんないと思うので、とりあえず大好きなスイカでも食べときます。

夏バテにはご注意を!!

関連記事

シェアしてくれたら泣いて喜びます。


自作小説販売を始めたぞ!

出版社の新人賞で最終選考まで残ったけど、結局落ちちゃった小説をkindleで発売してみたぞ!

値段は吉野家の牛丼に合わせて380円!

大特価だ!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください