おススメ証券口座

3Dマトリックスが24年4月期第二決算を発表したぞ!

いつもお世話になっております! どうもぼくです。

「株式投資とは、ガラクタの中から磨けばそれなりに使える壺を探すようなものである」

かの有名投資家が残した格言です。

この格言に従うならば、まさにガラクタぞろいのバイオベンチャーにおいて、磨けばそれなりに使える!かどうかは分からないまでも、もしかしたらワンチャン使えるかも……くらいになってきているのが我らがマトちゃん。

最近サボりすぎていて、ぼくのブログもほぼマトちゃん専用みたいになってきていますが、本日結構重要な23年2Q決算が発表されましたので、整理しておきます。

目次

3Dマトリックス、奇跡の好決算後はじめての決算発表!

前回、まさかの好決算で翌日30%くらいぶち上げたマトちゃん。

特にアメリカさまが絶好調で、予想を大幅に上回る数字を叩き出しました。

でもねえ。

ぶっちゃけぼくは嫌な予感がぷんぷんしていたんですよ。

マトちゃんのことだから、きまぐれに大病院が大きなロットを買ったから、たまたま異常値的な数字が出たとも考えられるじゃないですか。

だからこそせめて2Qも続けてくれよと。

もうなんならヨーロッパも日本もこけてもいいから、アメリカさまだけは成長角度が高いままであってくれよと。

そう願っていたわけです。

はい結果はこんな感じでしたー。

3Dマトリックス決算短信

い、いーじゃないですかあ!

今期上半期は1,542百万円の売上予想のところ、実績値としては1,836百万円。

昨対で倍近くの売上となっています。

そしてやはり数字をけん引したのがアメリカ。

1Qの237百万円から、2Qは332百万円と順調に拡大。

何気にもう発売開始してから10年ほど経つヨーロッパが359百万円なので、もう3Qには抜いちゃうことでしょう。

内視鏡領域で上市してからまだ1年ちょいですよ。

段違いじゃん。

直販なので粗利率的にもヨーロッパの倍だし、もうここからはアメリカの進捗だけ見とけばいいレベルになっています。

アメリカで自社品を持っていて、製造も委託とはいえ自社で、販売も自社。

アメリカで収益化さえできれば、このプラットフォームはマトちゃんにとって大きな強みになるでしょう。

粘膜下注入材になるのか、鼻の創傷治癒材になるのかは分かりませんが、領域が重なっている製品をクロスセルしていくことができれば、将来的にも魅力的。

申請した開発品は全て承認されているのも何気にすごいと思っています。

販管費も増えてはいますが、個人的には為替を考えると良く抑えたなあという感想。

全方位戦略を維持していたら死んでいたかもしれませんが、内視鏡での選択と集中のおかげで売上拡大と赤字縮小のバランスが良い感じで取れています。

このまま赤字が減っていき、何なら黒字化すれば逆に為替は追い風になるので、なんとかこのトレンド維持していってほしいところ。

下記が全体の売上と原価率の推移になります。

出典:ぼく作成

おう。美しい。

原価率も10月末にスケールアップの第一弾が完了しているので、今後もさらに下がっていく見込み。

アメリカは今期の見込み客を上期時点で獲得してしまったということで、大幅超過は確実として今後はどうしていくんでしょうか。

提携して全米に広げていくのか、利益率にこだわって直販でじわじわ攻めていくのか。

現状でも満足のいく伸び方なので、しばらくはこのままいってもいいんじゃないかという気もしています。

今後の株価は不明ですが、「本当に黒字化しちゃうんじゃなーい?」みたいなところが一番盛り上げるはず。

「本当に黒字化しちゃうんじゃなーい?」が四半期営業赤字で3億なのか2億なのかは分かりませんが、この調子でいけば今期中にもそのあたりの数字は十分見えてくるだろうと期待が高まった本日です。

今後のカタリストについて

・次世代止血材の承認申請

2024年上旬に欧州承認申請予定の次世代止血材。

直近noteでも関連記事を出すなど、マトちゃん的にも重視しているのが分かります。

止血効果などはどうなったのか開示はされていませんが、承認申請予定時期については今回の短信でも変わらずだったので、まず問題なかろうと思っているのですが。

承認されれば今までpurastatが使えなかった大きな領域に進出できるので、市場規模としては大きく広がります。

当然、先行投資は必要になる一方、前回Q&Aでも黒字化した後もそれは維持する方針とのこと。

苦しみながらも各国で複数領域を開拓してきた経験を活かしてうまいことやってほしい。

原価率もpurastatよりも大きく下がるので、当たれば大きい思惑ネタとしても注目です。

・今の止血材の適応拡大

ある日突然来る、適応拡大申請。

日本でテストマーケティングをしているピュアリフトのアメリカでの申請が来るのか、はたまた日本での後出血予防材としての申請が来るのか。

まあこれは予想がつかないので頭の片隅に置いとこうネタ。

・販売提携・資本提携

これも確度は低めですが、一応毎回検討中・初期的な交渉を開始したという他社との提携。

繰り返しになりますが。アメリカは伸びが鈍化するまでは、直販で大きなところを攻めていけばいいのではという考えも。



・癒着防止材やIBD治癒材他、臨床試験結果

色んなお医者さんが勝手にやってくれている臨床試験も増えています。

みんなが大好きIBD治癒材についても途中経過などがピョコンと出てきて、そのときに黒字化思惑なんかも広がっていれば盛り上がるかも。

岡ちゃん、魂のプレゼン

今回は2日後の15日。

順調な2Qを終えて、ドヤっぷりを見せてくれることでしょう。

ぼくはこのエンタメを楽しむために、じゃがりことスプリングバレーを買ってこようと思います。

まとめ

・決算無事通過!

あーとりあえずよかったわ。

普通にアメリカ横ばいでズッコケみたいな展開も頭にあったので、ほっと一息。

短期的な株価はどうか分かりませんが、ここまで来たら黒字化まではお付き合いさせてくださいよっと。

なお冒頭に記載した有名投資家の格言とは、ぼくがさっき思いついたものを言語化しただけなので、誰もそんなことは言っていないことにご留意ください。

マトラーに幸あれ。

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (1件)

  • yukiyukiさん、こんばんは!
    早速、マトちゃんの2Q記事をUPいただき、誠に有難うございます。
    為替要因を加味しても、売上の伸びはお見事でしたね。
    同じく為替要因で赤字逓減はイマイチでしたが、まあ止む無しでしょうか?
    で、本日の株価は△8%となり残念な限りですが、今後も増資が続くことを見透かされているからでしょうか?
    もう私は、含み損のことなんか何にも感じなくなってしまった…
    3か月ごとの風物詩として、明日のプレゼン動画を楽しもうと思っています。
    今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる