7777-3Dマトの2018年決算説明会資料で夏が快適に過ごせる件

いつもお世話になっております!

昨日愛する3Dマトリックスさんの2018年4月期決算の説明会資料がアップされていたんですね。

名古屋に出張に行って、とんかつを食っていたので全く注目していなかったぞ。

とりあえず冷や汗が止まらん……。

以下感想です。

 

後出血予防材の承認取得は2018年秋の見込み!!

いやぁ再申請なのでもうちょっと早いかと思っていたけど、ですか……。

 

しめじとかおいしい季節だね。

ぼくは心豊かな人間だから紅葉とかも楽しめる性格だよ、ちなみにね。

 

さて、これで6月や7月といった早期の承認の見込みはなくなりました。

やっぱりヒストリカルコントロールじゃなくて、ちゃんとして比較試験の結果を要求されたのかもしれません。

ちょっと分かんないけども。

いずれにしても、秋に無事に承認をゲットできたとしても、販売までには準備期間も必要なので今期の売上に寄与することはほぼないと言って良さそうですね。

ガッカリ。

 

日本の止血材治験の患者組み入れ完了も秋の見込み!

うそーん!

患者の組み入れが終わるのがなのーーー!?

 

サンマもおいしい季節だね。

栗ごはんも大好き。

 

そっかあ、秋か。

半年前の前回の説明では、前期中に治験を終えて今期の上期に承認申請の目標だったよねぇ……。

それが組み入れが終わるのが今年の秋って。

本当に今期中に申請まで持っていけるの?

これもネガティブサプライズでした。

 

次世代止血材の臨床試験開始は2019年4月期予定!

現在販売中の止血材purastatより止血効果が高くて常温保存もできるっていう次世代止血材(TDM-623)。

これもこれも半年前の資料では前期中に臨床試験開始になっていましたが、ひっそりと今期中に開始予定と訂正されています。

遅延ですね。

岡田社長、「めっちゃ順調に進んでんで」みたいなこと言ってなかったっけ……。

いや、関西弁では言ってないけど。

 

パイプライン開発状況から「韓国」が消える!

これもこれもこれも前回の資料では、前期中に止血材の承認を取得する予定になっていた韓国。

なんとパイプラインの表からもスッポリと消えちゃいました……。

遅延ってレベルじゃなく消滅なんですか……?

まぁここまで遅れたらね。

個人的にはほとんど諦めてたけどさ。

 

癒着防止材は今期中に承認取得目標は変わらず!

ぼくが大いに期待というか「すがっている」癒着防止材。

一応、今期中の承認取得目標は変わっていません。

出典:3Dマトリックス2018年決算説明会資料

あとポイントはこの矢印ね。

2018年度ぎりっぎりに赤い星印を付けていますよ!

この矢印を、中学校の数学のテストで「三角形の底辺の長さを求めよ」とかいう問題が出たときに、計算方法が分かんないからモノサシで測ってたぼくの見立てによるとですね、こちらも秋くらいに510kの申請をする予定なんでしょうか。

……ってか動物実験ってまだ終わってないのかね。

 

前回資料では、すでに実験実施中になってたんだよね。

実験の中身はウサギさんの両鼻を傷つけて、片方には競合品のmerogel、片方にはマトちゃんの癒着防止材を塗って、30日後の状態を比較するもの。

 

30日なんでしょ30日!

相手はヒトじゃなくてウサギさんなんでしょ!

 

今、いったいどういう状況なのか。

なんか怖い。とても怖い。冷や汗が出てくる。

最近暑くなってきたからちょうど良いか。

 

まとめ

・とりあえず色々遅れてることは分かった

・社長の動画を待とう

最後に数字も見ておきますか。

出典:3Dマトリックス2017年決算説明会資料

↑これが去年のやつ。

んで、↓が今年のやつ。

出典:3Dマトリックス2018年決算説明会資料

これ、おんなじもんちゃいますよ。

 

すんごく似てるけど、別もんですからね。

 

震えるなあ。

 

特に「早ければ契約金により20〇〇年4月期に黒字化へ」ってとこ。

〇〇を変えれば毎年使えるぞ!

契約金はアップサイド要因って言葉を消してきたのもよく分かんないな。

去年よりも契約できる見込みが高いと言いたいのか……。

 

でも結局のところレンジで出してんだから、今年だってアップサイドとして考えてんでしょうがよ!

アップサイドって言葉が適切かは置いといて。

 

とりあえず厳しすぎる。

色々と遅れてるので、株価を上げる材料がないまま増資に突入する可能性が高くなったと思うぞ。

ヤバすぎませんかね。

 

もう財務が大変なことになってるよ。

前回の増資でゲットした貴重なお金を売れてもないペプチドの購入費に充てちゃったんで、お金がない!

ついにキャッシュよりも在庫の金額が大きいことに。

 

ぼくが診断士の試験のときに勉強して以来、一度も使ったことがない棚卸資産回転期間(材料を買ってからどれくらいで売れるかを見る指標)を算出しますと、なんと「3,146日」

 

笑うしかねーぞ。

バイオベンチャーに在庫回転期間なんて意味ねーよってツッコミはいやほど分かってんですよ。

分かっていながら言わずにいられない。

 

この会社の人たちはなんでこんなに慌てて大量に材料買っちゃったのー?

 

誤発注じゃないかと見間違うレベルだぞ。

20世紀少年でヨシツネが「4」を「千」と間違って発注したってシーンをなぜか覚えている。

まさかマトちゃんの購買担当はヨシツネじゃないだろうな。

 

今回の資料では止血材の売上が伸び悩んでいる理由として代理店側の事情が上げられていますが、これも苦しすぎる。

結局、代理店から「売れねーからもういいや」って判断されたって読めてしまう。

「戦略変更」って、ねぇ……。

 

んで、代理店依存から脱却するために自社での販売体制を強化するってことなんだけど、弱小バイオベンチャーによる「自販」は怖いぞ(もしかして在庫大量抱えもこれが影響しているのかなんなのか)。

しかも最初っから自前でやるって戦略だったんなら良いんだけど、そうじゃなくて欧州のディストリビューターが決まらず、各国ごとの代理店もフラフラだから、しょうがねえ直接営業もガッツリやるかパターンでしょ。

原作:貴志祐介なみのスーパーホラー。

 

暑いからありがたいよ。

夏はビールと3Dマトリックス株に限るね。

これからも応援しまくるぞ! がんばれ3Dマトリックス!

まずは一週間後の社長プレゼンを楽しみにしています!!

関連記事

シェアしてくれたら泣いて喜びます。


自作小説販売を始めたぞ!

出版社の新人賞で最終選考まで残ったけど、結局落ちちゃった小説をkindleで発売してみたぞ!

値段は吉野家の牛丼に合わせて380円!

大特価だ!!


2 件のコメント

  • yukiyukiさん、こんにちは。
    早速、3DMの決算説明資料を「解剖」していただき、有難うございます。
    何か手詰まり感というか、不透明感というか、梅雨空のような感じですねえ。
    秋になったら「後出血予防材」が承認される?ようなので、ボーと見守ることと致します。
    その前に「増資」ですよねー
    どこかの気前のいいダンナが、第三者割当増資を引受けてくれないもんでしょうか?(私はオリンパスを希望…)

    • もぐらさんいつもありがどうございます!
      ここまでくると秋の承認も本当に大丈夫かなと思っちゃうんですが、なんとか無事にゲットしてほしいもんです…。
      増資がオリンパスの第三者割当てなら最高ですね!
      ただぼくは現状ではワラントの可能性が高いと思っていますが、どうなりますか…。

      まずは来週の岡田動画ですね!笑
      今後ともよろしくお願いします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください