3DMの中期経営計画(2019年4月期~2021年4月期)の既視感がスゴイ!

昨日は飲み会だったぞ。

頭がフラフラだ。

そこに来て愛する3Dマトリックスさんの新中計を見てさらにフラフラだ。

なんかじっくり見てたら二日酔いがぶり返しそうなんで、さっと感想だけ。

っていうか今日は一時ストップ高だったね。

よく分からないで中計の数字だけに飛びついた人もいるのかな。

何人かはいるよね。昔のぼくのようにさ。

トンデモ中計は罪深いぞ!

 

止血材purastatが全然売れてないぞ!

止血材のアジアの販売状況について

まず何と言っても個人的なツッコミどころはここだ!

いつもの通り、欧州の止血材については計画未達でしたけど、アジアについては計画をクリアした!

マトちゃんのドヤ顔がおもしろいぞ。

前期製品販売に関しては68百万円となり前々期と比較し約1,095%と大幅に成長し、前期の販売計画(65百万円)比でも約105%の達成率となりました。

出典:3DM中期経営計画(2019年4月期~2021年4月期)

 

 

 

 

 

歯ぁーーーーーーーーーーーー(・・?

 

 

 

 

1,095%に大幅に伸長って。

それって前々期の売上金額がくっそ小さかっただけじゃん。

1円が10円になったから1,000%って言わないもんね。

こんなのいらないんですって。

自社で責任もって立てた計画比が全てだろ。

 

とりあえず計画達成できたことは一歩前進かもしんないけど……。

しっかし正直、1Q終了時点では楽勝だと思ったけど、ギリギリでしたね……。

 

 

来年は119百万円の計画。

 

去年の中計では376百万円だったのでそれからすると悲しくなる数字ですが、確実に達成してほしいものです。

ちなみに現時点で「既に13百万円のオーダーを受注している」とのことですが、去年の同時期に発表された中計では「既に36百万円のオーダーを受注している」と記載されていました。

 

 

 

売上の伸びって着実に鈍化してんじゃね……? 

 

 

って不安がムクムクと湧き上がってくる。

それでも固定客は3倍になったそうな。

計画値は最低線として、軽く2億くらいの売上はほしいもんです。

毎年言ってるけど……。

 

ヨーロッパの販売計画は375百万円。

こちらも昨年の中計では1.,143百万円でしたので、去年の見込みから1/3くらいですね。

 

相変わらずの期ズレっぷり。

っていうか、もはや「期ズレ」とすら言っちゃダメな気がする。

普通に大幅な下方修正ですよね。

しかも毎年の。

 

こういうのって何か問題にできないのかね。

えんぴつなめなめにもほどがあるぞ。

毎年毎年これじゃ言ったもん勝ちじゃんか。

それで増資ばっかりされてたらたまったもんじゃないもんな。

 

 

とりあえず黒字化の道は果てしない。

イギリスの代理店は決まったみたいだけどやっぱりIRはなし。

単にめんどくさかっただけなのか、それともペンタックスみたいな大手じゃないからなのか、はたまた販売権や最低購買量が付与されていないそれこそ単なる「代理店」契約だからなのか。

いずれにしてもたいした材料じゃないと会社側自身で言っちゃってるようなもの。

 

 

とにかくさー。

来期はともかく、今んところ再来期以降の数字が達成できるイメージが全く湧いてこないところが辛いところ。

ワールドカップの日本の予選リーグ突破よりもさらにイメージが湧かないんだもん。

期待を持たせてくれよー!!

ってことで、止血材の販売実績以外のパイプラインの進展に期待をするしかないぞ。

スポンサーリンク

止血材purastat以外のパイプラインの進展について

後出血予防材

現在、承認申請中の後出血予防材ですが、これについては自信ありありな表現で攻めてきました。

「協議の中で大きなリスク要因もなく、2019年4月期に認証を取得できる予定であり、製品上市も計画しております」

出典:3DM中期経営計画(2019年4月期~2021年4月期)

しかーし。

これまでも自信満々表現から期ズレを繰り返してきたマトちゃん。

過去の名言としては「欧州契約は最終段階」、「国内の止血材承認は近い感触がある」、「カナダと中東の止血材の承認は下期(2018年4月期)までに取れそう」あたりでしょうか。

ほんの少し新たなネタ発言になることを期待しちゃうじゃん。

 

 

うそうそうそ!

マトちゃんの「予定」発言はあんまり信用できないだけに、だからこそ無事に承認されたら諸手を上げて喜ぶぞ。

残念だけど、purastatの販売拡大の実現には後出血予防材の承認に全てが掛かっている。

……承認されたとしても売上が急拡大するかというとそれはそれで疑問だけど、とにかく承認されなければ話にならないもんね。

もう祈るしかない!

 

癒着防止材

世界最大市場アメリカでのはじめての上市品となるか。

癒着防止材の成否も後出血予防材に負けず劣らず大きいぞ。

大きすぎる。

失敗したら3リットルくらい涙を流すと思う。

いや、マジで。

 

 

今回の中計で、マトちゃんは2021年4月期には欧米での癒着防止材の販売一時金として20億を見込んでいます。

うーむ。

 

 

これ見たときも愕然としちゃったなあ。

っていうか、そりゃないよ。

当たり前のようにこれも去年と同じ金額が翌期にズレ込んだだけじゃん。

 

 

 

癒着防止材はアメリカで今期2019年4月期の510k申請予定で来期から販売予定。

この510kで申請できるってFDAと合意できたことは、数少ない前期のナイス進展だったわけですよね

ってことはもう少し早く提携先は決まるんじゃないかと思いきや、契約一時金は「欧米」とザックリくくって、また2年後の見込み。

 

 

 

いい加減にしろー!!!!!!

 

 

 

意味が分かんないんだよなあ。

2020年4月期からアメリカでは売上が立つ計画なのに、権利は「欧」と「米」でまとめて2021年4月期に導出する計画なの?

明らかに進捗があったパイプラインまで前回の中計の金額をそのままズラして書かれると、結局のところこの計画ってめちゃくちゃテキトーなんじゃないかって思うっちゃうぞ。

「お前気づくの遅すぎだろ」ってツッコミが耳に痛い。

 

 

 

とにかくなんだって……。

 

 

 

癒着防止材とは別に、2020年4月期にはアメリカで止血材の「販売提携」に伴う契約一時金22億って書いてるけど、これも時間軸的におかしくないか。

同じ2020年4月期にアメリカで止血材の臨床試験開始予定って言ってるんだもん。

臨床試験が無事に2020年4月期に開始出来て、さらにその臨床試験は1年もかかんなくて、さらにそれが無事にクリアできて、さらに試験終了後スーパー速やかに22億もの巨額の販売提携契約が結べる計画(今も交渉中ってことなんで、もちろん臨床試験の結果が出る前に販売権を付与する場合もなくはないですが、現実的にはヨーロッパでも全然売れてないですから、交渉先だって少なくとも治験結果が出ないと締結してくんないと思います)。

 

さらにさらにさらにさらに、その22億の中には癒着防止材は含んでなくて、翌期に癒着防止材単独で欧米含めて20億の契約が結べる計画。

 

宝くじもビックリの奇跡っぷりだぜ。

中期経営願望にしたほうがいいんじゃないかな。

ぼくが社長になってもベ〇ンには絶対にコンサルを頼まないぞ。

 

歯槽骨再建材

おそらく追加試験を求められるだろうと思っている歯槽骨再建材。

この販売提携一時金も、去年の中計からそのまま1年スライドして2021年4月期に550百万ゲットする計画になっています。

数を増やして追加試験をすることになれば、歯槽骨再建材は経過観察期間に長い時間が掛かりますので、当然来年に「販売権」なんて付与できるはずもなく。

開発権も含めての導出だったら可能性がないこともない訳じゃないけど……苦しすぎる。

っていうか、もう方針は決まってるんじゃないですかね。

追加試験が必要ってことは分かりながらも、増資を視野に入れて曖昧にしてるんだったら優秀だぜ。

なんちゃって。

 

粘膜隆起材、創傷治癒材、DDS……

これらのパイプラインは中計に含まれていません。

粘膜隆起材だけはポシャったパイプラインだと思っていたので、治験が再開されればうれしいですね。

それくらいです。

 

まとめ

・目立った悪材料が無かったことだけは良かった、……か?

今更なんですがマトちゃんの中計は真面目に考えないほうが良いな。

でっかい釣り針だと思っといたほうが良いよ。

だってそう思われても仕方ないじゃん。

今までもずっと達成できなかった事実だけは変えようがないんだからさ。

 

特にですね。

個人的に何が嫌かっていうと、レンジとはいえ一時金で今期もギリギリの黒字化計画を立ててきてるところ。

この言葉にできないモヤモヤ感。

ふうー。

 

あと注目はどのタイミングで増資してくるかですね。

4月末時点でキャッシュが11億しかない……。

とはいえ株価も下がってきてるんで、大きな調達は見込めなそうだしかなり苦しい展開。

マトちゃんとしても風呂敷を畳むに畳めない感じが伝わってくる。

でもさ、良くないよなあ。

いっそカイオムさんみたいに経営諮問委員会を設置すればどう。

カイオムが僕たちに教えてくれたこと【バイオ株投資の留意点】

2017.12.24

 

ほんと買うにしても増資のリスクはデカそうだから、そこは考えといたほうが良いですよ。

後出血予防材承認、癒着防止材の試験成功、止血材の国内治験成功がビッグ3材料だと思ってて、何と組み合わせてくるか。

失敗すればさらに株価は下がるだろうしな。

難しいところ。

フツーに株主総会乗り切ったあたりでやってきそうな気もしますがどうなりますやら。

 

マトちゃんについては既に達観してるんで、どうにでもなれっていう感じです。

 

ちなみにぼくの最近の得意技は手のひら返し

大切なニーサ枠を全部マトちゃんに使っちゃってんだから頼むで。

株価上げてよ。

風呂敷じゃなくて実績上げてよ。

後出血予防材承認、癒着防止材の試験成功、止血材の国内治験成功

とりあえずこの3つが無事に成功してくれることを祈っているぞ!!!

助けてくださーーーーーい!!

※あくまで個人的な見解です。誤りがあればご指摘ください。また異論反論も大歓迎!投資は自己責任でお願いいたします。

関連記事

シェアしてくれたら泣いて喜びます。


自作小説販売を始めたぞ!

出版社の新人賞で最終選考まで残ったけど、結局落ちちゃった小説をkindleで発売してみたぞ!

値段は吉野家の牛丼に合わせて380円!

大特価だ!!


6 件のコメント

  • yukiyukiさん、めっちゃ面白いです。
    最初の「歯ぁーーー」なんて、最高に面白いです。
    他にも、「中期経営願望にしたほうがいいんじゃないかな。」に大笑いです。
    本当に、「purastatの販売拡大の実現には後出血予防材の承認に全てが掛かっている。」状況ですが、「注目はどのタイミングで増資してくるかですね。」
    私も3DMのかなりをNISAで買っているので、ハラハラしながら見守るしかありません。

    私は少し前に、超絶増資の発表でシンバイオの大半を損切りしたんですが、3DMがそうならないよう心から祈っております。

    • もぐらさんいつもありがとうございます!!
      ほんと後出血予防材の承認は大きいと思います!
      で、後出血予防材よりも難易度は高いと思っている癒着防止材と国内止血材の承認ですね!
      3つとも成功すればどうぞワラントかましてくださいって気持ちです笑
      いずれにしても、この1年で3DMの今後は大きく左右されそうですね!
      ぼくも祈っています!!

  • こんにちは。
    一言。文章がうまいですね(笑)
    私は達成の確率は

    国内治験成功≫≫≫癒着防止材510成功≫もしくは=後出血予防材成功

    ですが、ユキユキさんの意見はどうですか?(^q^)

    • 幸せさんいつもありがとうございます!
      お褒めいただき恐悦至極に存じます!!

      治験については開けてみるまで分からない思っていますので、ぼくは後出血予防材成功≫≫≫国内治験成功≫もしくは=癒着防止材510成功かと考えております。
      ……が、ぼくの予想は当たりませんので、とにかく祈るのみですね。笑

      今後ともよろしくお願いいたします!

  • たまーに覗いてるけど
    よくこんなに調べるパワーがあってこんなの買いますね…

    見る感じバイオの中でも倒産を心配する株な気がする。

    • コメントありがとうございます!!
      まだまだ期待感のあるときにニーサで買っちゃったんだもん…ニーサで買ったの売るのってヤじゃないすか…。
      今後もたまーにじゃなくて良かったら頻繁に来てくださいね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください