おススメ証券口座

デルタフライがメリークリスマス増資を発表したぞ!

いつもお世話になっております!

本日はついにぼくが愛するデルタフライさんが増資を発表しました!

協和化学と提携解消をして、株価爆下げのさなかの増資発表。

このド下手くそ―!!!!

せっかく飛行機ばっかり書いている方たちが株価2,000円超えさせてくれたのに、そのときに増資をしないんですか。

ぼくだったら絶対にそうしてたのになあ。

まあただ増資自体はスーパー織り込み済み。

ぼくは受け入れますよ。

10917が成功しさえすれば、最低でも時価総額300億円という見立ては変わっていません。

というわけで今回の増資を整理しておこう。

目次

デルタフライの増資の概要だよ。

  • 第4回新株予約権
  • 発行株式数:90万株(下限価額932円)
  • 調達予定額:14億円
  • 割当日:2020年12月24日

(↑ジングルベル)

  • 希薄化率:19.98%

(↑ちょびっと大台を切らせる目くらましの術)

 

はいこんな感じ。

行使期間は一応、2年間で90万株。

デルタさんの出来高は10万~20万株といったところなので、そこはシンバイオさんとかリボミックさんみたいな、希薄化レベルが近所の駄菓子屋のカルピスレベルではありませんでした。

こんなところでホッとしちゃうぼくは完全にバイオ株に毒されています。

 

気になる資金使途ですが、まさに提携を解消した14323のフェイズ3の実施費用7億円。

 

出典:デルタフライファーマ第4回新株予約権発行に関する補足説明資料

あとは17729のフェイズ1/2の実施費用6.5億円。

その他もろもろって感じです。

 

14323の中国企業との提携は?

今回のお金の使い道の柱の一つが肺がん治療薬の14323。

先日、協和化学さんとの提携が解消されたパイプラインです。

ここで出てくる疑問が、14323については中国企業と提携してやるって話だったじゃねえか!!ってところ。

中国企業からも交渉切られて、単独治験かよ!ってツッコミたくなります。

ただスケジュールを見ると、一応、それは生きてます。

出典:デルタフライファーマ第4回新株予約権発行に関する補足説明資料

 

「日中での第3相臨床試験の開発推進」ってなってるでしょ。

信じるか信じないかは別として。

 

そう信じるか信じないかは別なんだけど、それでも7億ってえらい安くね?と思いました。

会社は大規模比較試験と言っているので、もっとかかるイメージですが。

とりあえず日本分はデルタ負担、中国分は提携企業、さらに契約金一時金かなんかもらってそれを日本治験費用に充当するとか、そんな感じで話を進めているのかなあと勝手に思いました。

だってお金足りないでしょ。

 

これが次なる増資の伏線なのか、それとも提携の目途はあるのか。

インサイダー野郎以外は知る由もありません。

今後の株価は?

分かるわけないんですけど、ひとまず増資は織り込み済みでしょ。

みんなもそう思うでしょ。

いやーそうだそうだそうに違いない。

ってことでPTSをチェックするぞっと。

 

どっしぇーーーーーー!!!

1ミリも織り込んでいない!!!!!

ワンチャン期待した悪材料出尽くし感もゼロ!!!!!

どうしてーーーーーー。

 

 

はああああああああ凹むわー。

超凹む。

なんでお前は増資くるくる言ってて、逃げなかったのかって話ですよ。

 

これは完全にぼくのプロ増資され屋としてのマヒが原因です。

だってさあ。

最近のバイオの増資は見破られまくり過ぎていて、あんまり下げない印象があったんだもん。

 

例えば3Dマトちゃんですよ。

まだ次の増資を始まっていないのにその次の増資を始めちゃうみたいなとんでも印刷屋っぷりを発揮してもですね、翌日の株価はほぼ無傷みたいな状態だったわけですよ。

お得だよ。

こういう会社はお得だよ。

みんな次の次まで予見しちゃってんだよ。

素敵だなあ。

 

株主はみんな達観してらっしゃるから、どんだけ増資を発表しても「これが最後の増資だ!!」って前向きに捉えちゃうんだもん。

修行僧ですよ。

 

会社は会社で得意げにこんなグラフ出しちゃうからね。

出典:3Dマトリックス説明資料

 

はあ。

そうか。

デルタの株価は、増資リスクどころかよくわからん期待で満ち満ちていたのだね。

 

ぼくは心底投資に向いていないようです。

あとぶっちゃけガチャガチャするのがめんどくさかったこともあります。

このめんどうくさがりな性格もとことん投資に向いていません。

 

この歴史的日経平均株価さんが高騰している中ですよ。

キミたちがウハウハな中ですよ。

 

ちっとも儲かっていないどころか、今回のデルタ墜落により収支がマイ転しそうです。

こんな人間いますでしょうか。

 

養分と呼んでくれ。

トンボの養分って何ですか。

ハエとか蚊とかじゃないですか。

ぼくが救われる道は……。

さっさと損切ることです。

もう楽になりましょうよ。

という心の声が聞こえます。

 

おそらく100%正解だろう。

なんだかどこまでも落ちていく感じだぞ。

 

しかしぼくはドMなのでその声は聞こえないフリをします。

うーむ。

 

1年後とかのスパンで見ると10917が成功してくれることとして、短期的には材料出せるか出せないかって話になるよなあ。

ぶっちゃけ2年で10億ちょい調達したところで足りないもんね。

普通に考えれば新規提携の収入も見込んでんじゃないかなあという気はしてるんだけど。

しかしながら、ぼくの「気」は生まれてこの方、単なる「気」であるケースが極めて大きいという問題があります。

まいったぜ。

 

まあいいや。

7億で3相やれるならやっちゃって。

自力3相2本走らせてて、希薄化を加味しても時価総額70億とか80億ならやっぱり安いと思うので長期目線で行きますよ。

上市して後期導出でロイ20%くらい取れるなら安いもんだからやっちゃってくれよ。

 

とりあえず増資に合わせて材料を出してくる会社なのか、なんもなくお金がなくなったら株主にお願いをするホスト的な会社なのか眺めておくことにします。

それでは良い睡眠を!

メリークリスマス!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる