メドレックスにマイクロニードル工場建設について訊いてみた。

いつもお世話になっております!

昨日の記事を書いたら、工場建設に伴う減損リスクについてお問い合わせを頂いたので整理してみました。

分かりやすく書こうと思ったけど……難しいな。

あと、IRさんにもいくつか質問してみたぞ。

当たり前だけど特にサプライズ情報はありません。

メドレックスさんを使って「減損」について説明。

まずは貸借対照表の説明から。

下記の左側はメドレックスさんの2017年12月期の貸借対照表です。

出典:平成29年度12月期メドレックス決算から僕作成

貸借対照表の右側(負債と純資産)は、どうやって「お金」をどうやって調達してきたか、を示しています。

一方、左側(資産)は集めた「お金」をどういう形で持っているか、を示しています。

 

「右側」について大きく分けると、銀行さんから借金をした場合などは「負債」に入り、株券を発行して市場から集めてきた場合などは純資産に入ります。

事業による過去からの利益の蓄積である利益剰余金(いわゆる内部留保)も純資産に入ります。

ちなみにメドレックスの場合は創業時から基本はずっと赤字なので、利益剰余金はマイナス(累損って言います)です。

 

 

2017年を12月期時点の累損は82億

 

……にも関わらず、現状、純資産がプラス20億ってことは、これまで100億以上を株式市場などから集めてきたということですね。

 

では、今回の増資で貸借対照表がどう変化するかを見てみます。

もう一回さっきの図。

出典:平成29年度12月期メドレックス決算から僕作成

ザックリ増資額を40億とすると、純資産が40億増えて、流動資産(現預金)が40億増加。

表にすると右の貸借対照表みたいな形になります(あくまでも2017年期末の数字を基準にした例)。

 

そして工場を建設するとどうなるか。

貸借対照表は以下のように変化します。

工場を建設しても、瞬間的には流動資産(お金)が固定資産(工場)に移るだけです。

出典:平成29年度12月期メドレックス決算から僕作成

 

ただし、いざ工場を建てちゃうと、今度は損益計算書に影響してきます。

まずは当たり前ですが工場の維持費が掛かりますよね。

だけどそれだけじゃないです。

減価償却費が掛かってきます。

減価償却というのはザックリ言うと、工場を建てたり、機械を買ったりしたときに「買った年に一括ドカーンと経費にするんじゃなくて、一定の年数で分割して経費に入れてね」っていうもの。

 

「一定の年数」というのはモノによって変わってきますが、ここでは30年とします。

すると、1年あたり1億3000万円ほど販管費が増えることになります。

下記はメドレックスの損益計算書です。

販管費のところに工場の維持費と減価償却費が乗っかってくることになるんです(あ、量産工場なら売上原価に入ってくるのかも。まぁ経費になるのは同じことです)。

出典:平成29年度12月期メドレックス決算から僕作成

 

 

合わせて、減価償却費と同額分だけ、固定資産(建物)の価値が減っていきます。

出典:平成29年度12月期メドレックス決算から僕作成

30年後、最終的に建物の金額はゼロになるわけですね。

 

……ただ、うまくいかないこともあるわけで。

 

それが、減損リスク。

工場を作ったはいいけど、全然マイクロニードルの受注が入らなくて、「この工場って無用の長物だよね……」って監査法人に判断された場合、「減損」処理が必要になります。

簡単に言うと、工場の残りの価値分を一撃で経費化するもの。

 

例えば、工場を5年くらい減価償却していって、帳簿上の建物の価値が30億になったときに一気に経費化されるとどうなるか。

その年の赤字額がトンデモナイことになります。

 

ただし、ポイントはこれって「現金」が実際に出ていく訳じゃありません。

現金は工場を建てるときに出ていってしまってますので、「減価償却」と「減損」についてはあくまでも「会計」上の処理の話にしかすぎないのです。

単に数字を動かしてるだけ。

 

んじゃあ何が問題かというと、色々あります。

工場建設による収益化が「無理」と判断された訳なので、投資家が考える企業価値は下がりますし、「巨額赤字」って発表されると会社のイメージも最悪になります。

 

あとは、損益計算書と貸借対照表は繋がっていて、損益が黒字なら貸借対照表の純資産は積み上がっていきますし、赤字なら純資産は毀損されます。

 

30億分の赤字になるってことは、30億分純資産が減るってこと(繰り返しになりますが、これもあくまでも実際にお金が出ていくわけじゃなくて、会計上です)。

場合によっては、UMNファーマさんが一時陥った、資産よりも債務が多い「債務超過」という状態になります。

1年以上、債務超過の状態が続くと「上場廃止」にされちゃうので、株価はドカーンと下落するのは必然。

なんせ上場廃止になれば、株券ほぼ紙屑化ですから。

 

というわけで、工場建設には、実際にお金が出ていく工場維持費と、お金は出て行かないけど会計上の赤字の拡大要因になる減価償却費の負担、さらに工場がアカン代物と判断された場合の減損処理のリスク、などなどが付いてきます。

 

なんか説明下手でしたが、だいたいこんなイメージです。

 

メドレックスの工場建設の懸念を一言で言うと!

結局のところ、メドレックスについては「工場を建ててホントに収益化できるのか!?」ってこと。

もうこれだけ。

特にですね、量産工場のほうですね。

出典:メドレックス 2018年04月10日 適時開示資料

もう治験薬はいいよ……。

許すよ。

問題は量産工場のほうだ!

めちゃくちゃ金がかかります。

さらに上の資料を見ると2020年12月くらいまでに完成するイメージなんでしょ?

 

メドレックスが出してきた同じ補足資料には、2023年中の上市見込みとあります。

3年間、工場を遊ばせとくのー?

さっき書いたように維持費と減価償却で経費負担重くなるじゃん。

念のためにIRに訊いてみよう。

 

IRさんに質問をしてみたぞ!

(僕)
すいません。教えてください。ワクチンメーカーや製薬企業との協業と書いてありますが、これってその中から一つの会社を選んで、そこのワクチンなり医薬品の専用工場として使用するって意味でしょうか?
(IRさん)
えーっとですね、かくかくしかじか……。特定のものに限られるということではありません

1社とガッツリ手を組んでやるわけじゃないと。

(僕)
なるほど。じゃあ例えば医薬品以外、化粧品とかへの応用は考えておられたりしますか?
(IRさん)
……うーん。皮膚に刺さるものですし、薬事法の絡みもあるので、基本は医薬品ですね

医薬品のみのようですね。

(僕)
もう一つすいません。かくかくしかじか……量産工場の建設から製品が上市するまでってだいぶん間がありますけど、この間って売り物が何もない状態が続くんですか?
(IRさん)
えーとですね、ちょっと詳しくは申し上げられないんですけども、もちろん治験薬を作るということに関しても、タダでできる訳ではありませんので、まぁ治験薬のためのマイクロニードルアレイを供給してもですね、契約次第ですけれども、お金を頂けるという可能性も、まぁなくはないと

ビミョーな表現。

当たり前ですけど、やっぱり上市されるまでは大したお金にはならなそう。

そりゃそうですね。

(僕)
では基本的には量産工場っていうのは上市した後に稼働するって認識で良いですか?
(IRさん)
えーっとですね、上市というよりもですね、第3相の臨床試験をするというときにはですね、治験薬として作ったものではなくて、量産体制で作ったものじゃなければ第3相の臨床試験はできませんので。そういった意味でも、量産工場が必要になると

なるほどねー。

改めて言われると、量産工場の資金もこの段階で必要になった理屈も分かります。。

確かにワクチンメーカーとしては、治験薬の工場で1相・2相に入って成功したとしても、3相までいけないと意味がない。

量産工場がなけりゃ3相に入ることすらできないんだから、「メドちゃん、お前本当に作れんの?」って思われるのは自然ですね。

(僕)
それでもやっぱり上市までの時間が掛かりますし、その間の工場維持費って負担になりませんか?
(IRさん)
えー、そうですね……。まぁよくお問い合わせで、皆さま維持費についてはかなり気にされているようなんですけども、そんなにですね、臨床試験をしたりといったようなことではありませんので、まぁ、それほど大きなものは掛からないという風には考えてますけれども

これでだいたい分かりました。

もしかしてワクチンメーカーとの「協業」というのは、メドレックスがワクチンの提供を受けて、メドレックスが主導で臨床試験をしていく可能性もあるのかな、と思っていましたが、それははっきり否定されました。

メドレックスはマイクロニードルを提供するだけで、臨床試験に掛かる費用がワクチンメーカーでやってもらうと。

むしろなんでキミたちそんなに維持費について心配してるのって困惑している感じを受けました(←あくまでも個人的な感想なんで気になる方は自らお問い合わせを)

というわけで、減価償却とかの非資金費用はともかくとして、維持費はそんなにかからないぞという会社側の見解。

 

ふむふむ。

ただしやはり本格的に売上に貢献するのは製品上市後だろうな、という感想も持ちました。

 

完全な妄想ですが、会社の戦略としては、当面の運転資金については、オキシコドンなどの導出活動を継続して調達に努力。

一方で、今回の増資で「量産工場まで作れる資金」をゲットして、マイクロニードルの治験薬製造工場をひとまず建設。

実際にワクチンメーカー(複数社)との協業が決まってから、量産工場の建設に着手。

2023年以降に、ワクチンが上市できれば安定的にマイクロニードルの販売。

こんな感じでしょうか。

 

基本的にメドレックスは、自社での臨床試験は行わないってことなんで、MNの提供(薬の充填もするのかな)のみ。

1社単独への提供ではないという話もありました。

逆に言うと、2019年に臨床試験開始見込みとも言っていますので、本当にメドレックスのMNが競争力のあるものなら、来年にかけて複数社との協業が実現する可能性もあるかも。

ここでポンポンポンって話が出てこれば、かなり期待できそう。

 

個人的にはやはりある程度の見込みが立った上での増資という印象。

反面、2019年いつまで経っても協業先が出てこない、あるいは一社しか出てこない、ということになれば、工場建設失敗のリスクも大いに考慮しないといけないかと。

とりあず、昨日まではいっそ増資失敗してくんないかな、とも思っていましたが、今日電話をしてみて「ここまで来たらもう何とか株価を引き上げる材料を出して、できるだけ高い株価で増資を成功させてほしい」と思った次第でございます。

 

まとめ

・自社での臨床試験の考えはない。

・メドレックスはMNの提供が主

・大化けもあるけど、とりあえず本格的な収益化は2023年以降(……多分遅れるけど)

 

とりあえずメドレックスのIRさんは超絶良い人だったなぁ。

説明も分かりやすかったし。

これぞIR。

多分、増資終わるまでは軟調な株価が続きそうですが、ひとまず様子を見ておきます。

ここまで落ちたら、さすがに下値も限られているような気がしているんですが……。

*あくまでも個人の感想です! あと言った言わないもありますので、気になる方は自分でお問い合わせを! 投資は自己責任と余剰資金で!

関連記事

シェアしてくれたら泣いて喜びます。


仮想通貨投資を始めたぞ!

ついに始めた仮想通貨投資!
僕のお金はどうなるのか?
AIは今後も仮想通貨の高騰を予想。
宝くじを買うくらいなら仮想通貨にしたほうが良いと真面目に思っています。
少なくとも、定期預金が安全だと思ったら大間違いだぞ!


4 件のコメント

  • 初投稿です。

    いつも楽しく拝見しております。
    仕事中の息抜き(休み時間ではありません)に拝見することが多いのですが、大きな写真がバーーンっと画面上にでてくるので周りにチラ見されることがありますが( ̄▽ ̄)笑

    今回の記事も本当にわかりやすいです…感動しました。
    今年からホルダーなので収益化が2023年ですとNISA分が切れてしまうので残念ですがホールドしていきます。

    たしかyukiyukiさんシンバイオもお持ちですよね?
    ほぼ水になってしまった株の増資についてご意見伺いたいです。

    今後も楽しみにしています!

    • DMさん、はじめまして!
      コメント誠にありがとうございます!

      そう言っていただけると本当にありがたいですm(._.)m
      すいませんシンバイオはもう持ってないんです…。
      イオンシスの件と先日のリゴの発表、さらに増資と続いてますが、それでもこの株価を維持してるのでよく検討してるなぁと思ってみています。

      とにかく日本のバイオ全体が盛り上がってほしいです!
      今後ともよろしくお願いいたします!!

  • ありがとうございます。とても参考になりました。

    量産工場が第3相に必要という事は、思いもよりませんでした。

    御礼までコメント差し上げます。

    • sstさん!
      お返事遅くなりすいません!
      そしてコメントありがとうございます!
      誤解されてる方も多いと思うのです、会社にはより詳細な説明をしてほしいですねー。

      今後ともよろしくお願いします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です