【バイオ株】3D増資!メド&DWTI提携!デルタに羽が生える!

いつもお世話になっております!

先週もバイオ株はイベントがたくさんありました。

個人的に気になった材料だけ簡単に整理しておくぞ!

3Dマトリックスが巨大MSCB&MSワラントを発表!!

お金がつきかけていた3Dマトちゃん。

株価も下がりまくっていたため、現在の増資も行使されず新たな調達が急務となっていました。

ワンチャン富士フイルムからの出資も期待されていたようですが、そんな甘い話はなく。

結局いまの割当先が融資で言うところの「借り換え」的な感じで、既存CB&ワラント分も飲み込んじゃいました。

希薄化率はこの過去分も含んでいるので訳わからないことになっていますが、だいたい50%ほど。

 

調達予定額は、CB14億のワラント28億です。

「来期に黒字化できるんだったらそんなに刷らなくてもいいじゃねーか!!」

というツッコミもあるように思いましたが、特になく

 

マトちゃんの黒字化計画がちっとも信用されていないことや、マトちゃんの増資が誰でも想像できたことが功を奏し、巨大増資をぶっかましたにも関わらず株価も無反応でした。

 

まあコロナもあるしね。

もっともコロナが無くても信用されてなかった気はするけど。

あとは実際に増資が始まってからどうなるかや、上昇局面での明らかな売り圧などが発生するかどうかなど、ちょい長めの目線で監視していきます。

 

DWTIとメドレックスが夢のタッグを実現!

メドレックスの悲願のアメリカ初上市品となるリドカインテープ。

承認申請と併せて、製造販売先との提携が注目されていましたが、その前にDWTIとの「共同開発」が発表されました。

最初はDWTIに権利を全部売って、メドレックスがマイルストーンとロイヤリティをもらうのかと思いきや、実際は下記のスキーム。

 

・みずほ銀行がDWTIに2億円の融資

・DWTIがメドレックスに最大2億円のマイルストーンを支払い(今期は1億の売上予想をたてたことから、2億の内訳は申請マイル1億、来期の承認マイル1億と予想)

・メドレックスは販売額の一部をDWTIにロイヤリティとして支払う(これはたぶん一生)

・DWTIはみずほに借金を返していく

 

と、こんな感じ。

なんでこんなへんてこりんな形にしたのかというと、みなさんが指摘しているようにメドレックスには毎年1億円以上の売上がないと、上場廃止基準に抵触する恐れがあるからでしょう。

 

一方、ジャスダック上場のDWTIの上場廃止基準は5年連続の赤字。

DWTIは去年「黒字化」ノルマを達成したので、ここ何年かの赤核は問題なし。

今のうちにパイプラインを買っておけば、また数年後には安定したロイヤリティが入ってくるので黒字化基準は達成しやすくなります。

 

メドレックスは提携の理由を「DWTIの知見や経験を活かす」としていますが、ご存知の通りDWTIは目薬屋さんなので、畑違い感はあり。

メドレックスの今期業績予想も販管費については変更されていないため、DWTIから2億円以外になんらかの「開発費」が負担されることもなさそう(少なくとも今期は)。

というわけで、双方の「マネジメントの都合上」の提携といった印象です。

もしかしたら次の決算なんかでより詳細な説明がなされるかもしれません。

 

株価の反応はメドレックスに分がありましたが、ぼく的には試験も全部終わってあと承認申請するだけの製品を、2億で手に入れたDWTIのほうが良い買い物をしたと思っています。

ロイ率やそもそもどれだけ売れるかも不明ですが、2億であとは「ノーリスク、チャリンチャリン権」が手に入るんなら安いもんです。

すかさずマイクロニードル治験工場稼働開始IR!!

そして翌日にはメドレックスから朝イチでマイクロニードルの治験工場が稼働したとの発表がされました。

以前、IRさんに訊いたところ、「提携先が決まったら機械を入れて、工場完成→稼働」といった流れになるだろうとのことでした。

それが7月完成予定を前倒ししての発表。

 

「量産化に向けた技術開発と並行して、国内外の複数の製薬会社・ワクチンベンチャー等とフィージビリティスタディ(実現可能性を検討する研究)を実施しながら、事業提携を模索」

この辺は従来と大きくスタンスは変わっていないので、この「稼働IR」については比較的いつでも出せたのかもしれません。

 

ピッツバーグ大にマイクロニードルが注目される中で、IRにも問い合わせが爆増。

メドレックスとしてもこのビッグウェーブに乗っとかないとね。

金曜日も3連ストップ行くかと思いきや、引け前に強烈かかと落としを食らうなど、完全仕手化の様相。

 

惜しむらくは金欠のメドレックスの増資がちょっと前に終わっちゃってたことだよなあ。

これが増資中なら、ワンチャン前回のゲットした金額の倍くらい調達できてたんで、会社としては非常に残念。

ぼくなら「こちとらレポートをひねくりだしたり、あんなに苦労したのに、なんで今上がんだよおおおおおおお!!!!!」っと頭を掻きむしることでしょう。

 

こんなおいしい状況なら、増資と一緒に「稼働IR」を出せばよかったのに。

 

ただ以前のマイクロニードル増資が失敗したときも、株価を上げまくってからの増資発表で、一気に下限をつきやぶるという悶絶展開だったので判断が難しいっちゃ難しいけど。

下手すればまっちゃんも2度も増資に失敗した男として伝説になってしまうよ。

 

それでもせっかくの機会。せっかくのビッグウェーブ。

もしも賞味期限が切れる前に増資発表して、リドカインの申請やマイクロニードルの提携で捌ければ財務的には楽になります。

デルタ無材料ストップ高!!

IPO以来、全く飛べないトンボだったデルタフライさんが金曜日にいきなりのストップ高!

特に材料も出ていないため、メドレックスや窪田の低時価総額バイオ祭りの恩恵を受けたものと思われます。

あとはブライトパスと3Dマトちゃんが増資発表しても「無反応」だったのもあるかもしれません。

デルタも増資リスクが大きいので。

 

そろそろ増資があるとして、その前に好材料を出してくるか、増資後に出してくるか。

IPO後、一度も増資をしていない会社なのでクセが見えないのが難しいところです。

 

まとめ

一部のバイオにはお金が入ってきている模様。

祭りはいつまで続くのか。

ド下手くそのぼくは、上がっている理由と実際の企業価値に与えるであろうインパクトにズレを感じるため、追加で飛び込むと大怪我しそうな怖さを持っています。

こんなやつは一生大儲けできないでしょう。

それでもJCしそうな自分に「欲ボケ地獄に落ちるぞ!!!!!!!」と怒鳴りつけつつ、引き続き無理せずやっていきます。

*特定の銘柄の売りも買いも推奨するものではありません。記載内容は100%事実とも限りません。投資は自己責任・自己判断でお願いします。

関連記事

シェアしてくれたら泣いて喜びます。

忙しい人は本を聴け!

ながら聴きが快適!

本は読む時代から聴く時代へ!

耳から聴くことで時短にも繋がります。

決して老眼が入ってきたわけじゃないぞ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください