メドレックス株が40%も上げたので株式新聞の購読を検討するぼく

いつもお世話になっております!

完全にリングフィットにハマってしまったぼくです。

そうとう楽しいぞ。

一つ懸念点はアドベンチャーモードをクリアしたとき。

一気にモチベーションがなくなるわけですが、ひとまずまだまだ先は長そうなのでマッチョマン目指してがんばっていきます。

さて最近はブログもサボっていたので最近目についたバイオ株の状況だけ整理をしておきます。

メディシノバがARDSの治験入りで爆上げ!!

これは良いネタでした。

 

・開発するぞIRから実際の治験入りまで想像以上に早かったこと。

・パートナーがイェール大学というぼくが200年浪人しても入れなそうな大学なこと。

・すでにイェール大学にはコロナで200人くらい入院していて、34人が人工呼吸器を付けた患者さんのため、スムーズな組み入れが見込まれること。

・仮に効果が認められれば、数年間の治験→承認プロセスをすっ飛ばして早期上市の期待もあること。

などなどメリット盛りだくさん。

 

この辺はさすがメディシノバ。うまいもんだよ。

ぼくも以前ブログで記載しましたが、「こんな相場だからこそキャッシュリッチクソバイオ枠or黒字バイオ枠」の前者枠として注目をしていました。

しかしながら購入までは至らず

何をしてんだよバカバカ。

指くわえているどうもぼくです。

ありがとうございます。

 

メドレックスが40%の爆騰!

あのメドレックスさんが40%も急騰しちゃいました。

材料は「ピッツバーグ大がマイクロニードルを使ったコロナワクチンの治験許可を進めている」という既存ネタが株式新聞に取り上げられたこと。

 

タイトルが……。

「貼る注射剤「マイクロニードル」―新型コロナ対策で浮上、パンデミックの切り札」

 

 

 

いやこれはズルいだろ!!笑

なんちゅう煽りなんですか。ピッツバーグ大のマイクロニードルがすごいだけだよ。もちろん四国の貼り薬屋とのつながりはないよ。

ぼくも購読しようかな、株式新聞。

 

 

なお今回ピッツバーグ大が治験に臨むマイクロニードルは大学で内製したもので、スケーラビリティもクリアしているとのこと。

 

メドレックスのマイクロニードルは針に乾燥した薬剤をぬりぬりしたものです。

治験薬工場すらまだできてないし、量産工場はいうまでもなく。

 

そこにきて「激烈な開発競争が繰り広げられているマイクロニードル界で強力な競合が出現!!」ときたもんだ。

そりゃむしろネガティブと思うじゃん。普通は。

 

 

 

 

あまーーーーーーい!!!

メドレックス株は逆に40%爆上げしちゃったのだ。

相場というものは実に難しいものです。

そして相場とはそんなもんです。

 

 

しかしこのピッツバーグ大ネタって3回目くらいだぞ。

上がって戻して、上がって戻して、そんで今回。

株式新聞さんってダイソン並みの吸引力があるんだな。

マイクロニードル需要が高まって、メドレックスにも恩恵が来る的なノリで上がっているようです。

 

うどんと違い、上記したように各機関のマイクロニードルはそれぞれ特許に守られた別物なのでそんなわけはないんですが、あまり深く考えてはいけません。

 

 

うどんなら分かりますよ。

 

うどんがコロナに効くみたいな話が出て、うまかろうがクソまずかろうが、全うどんがバカ売れするっていう理屈なら分かります。

今回はうどんではなく、マイクロヌードル。じゃなくてニードル。

ピッツバーグ大のマイクロニードルが治験を通っちゃえば、他社にとっては大きな参入障壁に。

 

しかし繰り返しますが、深く考えてはいけません。

 

この加熱っぷりを見ると短期的にはまだまだぶち上げそうです。

一度着火しちゃったバイオはロケットみたいに噴き上げちゃうことがままあります。

下手なハイカラを入れると大ケガしちゃう恐れもあるのでご注意を。

 

むしろぼくはメドレックスにはマイクロニードルを断念してほしいのです。

あの悶絶巨額増資発表を忘れたことはありません。

ピッツバーグ大のものが先に実用化されちゃえば、メドレックスのMN開発推進動機が急降下しますので、そう考えればプラスです。

メドレックス自身も言ってたんだからね。

「商業ベースでの供給実績において競合に先んじることが将来の競争力の源泉になると目論んでいます」って。

他社に先駆けられれば、量産化工場を作るための株券スリスリを行う蓋然性もなくなるぞ!

 

 

がんばれピッツバーグ大学!!

なんちゃって。

 

 

とりあえずメドレックスはピッツバーグ大にうどんを贈るべきでしょう。

なんの関係もない四国の会社からうどんが届けば、大学もビックリだね。

増資中なら迷いなく高級うどんですが、残念ながら増資も終わったので普通のうどんで良いと思います。

窪田製薬もぶち上げ!

これは何で上げたんですかね。

社長のツイッター?

さらにPBOSの進展期待が加わった感じでしょうか。

窪田さんもキャッシュリッチ赤字バイオ枠に入っていたんですが、乗り遅れちゃいました。

すべてにおいて乗り遅れているぼくです。

 

窪田さんの株価も、宇宙まで行けるか、大気圏くらいで一休みするか、はたまた地上まで降りてくるか。

 

うまい人は今からでも乗れるんだろうけど、ド下手くそはこれまた下手に触ると大やけどしそう。

ぼくは上手いか下手かで言えば圧倒的にド下手くそなので、今後は注視だけにとどめておきます。

 

愛する3Dマトリックスは……。

とくになし。

 

黒字バイオは軒並み苦戦中!

こんなときこそ、ご立派な黒字バイオに見直し買いが入るかと思いましたが、そーせいにしてもラクオリアにしてもGNIにしても、横綱ぺプチさんにしても軒並み低調。

今のところぼくの予想は完全に外れています。

天先的な波乗りジョニー野郎じゃないと生き残れない相場です。

 

GNIなんてきっかけ一つで上がりそうなんだけどな。

F351のトップラインデータも来月くらいには出るだろうし、ピルフェニドンのコロナ治験の進捗もあるかもだし、中国がコロナまん延してたときも業績予想に変更なしという安定感もあるしってことで。

 

 

 

でもね。

みんなおんなじこと思ってるから上がらないんでしょう。

 

F351は4月中には出ないと予想。

なのであんまり無理せず、大きく下がればちょちょんと抓むぞスタンスで行きたいと思います。

まとめ

下手くそはムリするな!!

もうこれだけ。

バイオの春が来そうな気がしないでもないんですが、ぼくは自分に言い聞かせまくります。

とにかく大怪我をしないようにしつつ、相場に触れあっている今日この頃でした。

*特定の銘柄の売りも買いも推奨するものではありません。記載内容は100%事実とも限りません。投資は自己責任・自己判断でお願いします。

関連記事

シェアしてくれたら泣いて喜びます。

忙しい人は本を聴け!

ながら聴きが快適!

本は読む時代から聴く時代へ!

耳から聴くことで時短にも繋がります。

決して老眼が入ってきたわけじゃないぞ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください