2020年株式相場はコロナショックで幕を開けた件。

いつもお世話になっております!

コロナショックから世界的な株安が続いていますねー。

明日以降はさらに厳しい局面が見られるでしょう。

上海市場もどうなることやら。

 

最近のぼく。

しかしながら、ぼくは不思議と悲壮感がないのです。

ぼくが投資初心者だった頃。

いきなり2013年のマザーズショックをくらい、はじめて買ったそーせい株が一気に半額セールをはじめちゃったあの頃。

 

毎日なみだ目で2秒に一回ため息を吐きながら仕事をしていたもんだ。

(後輩)
ヨガやってんすか。

って勘違いされるくらいに「ふーふー」やってたもんだ。

 

 

 

あの絶望感から比べれば、大したことないさ。

うわー!!って大パニック状態に陥って、一瞬で狼狽売りするみたいなことをやってたもん。

 

 

いやー成長したね。

狼狽売りなど全くすることなく、淡々とポートフォリオの中での下げ幅の小さい株を損切りし、生じた余力で「ぼく的期待値ランキング」の高い株の買い増しを続けてきたわけ。

ほぼフルポジで、損切りも躊躇せず、ひたすら期待値の高い銘柄のナンピンを繰り返す日々。

 

 

もうそこに感情はない。

実にクールな投資マンである。

自分で自分に惚れそうです。

投資をはじめて7年間、愛する3Dマトリックスさんをはじめとしたバイオ株に鍛えられてきた強靭なメンタル。

 

 

 

これによって、見事、2020年1月は大損でスタートダッシュを切ることができました!!

 

確定損失も含み損もどっちも雪だるまになってるよ。

 

 

はあ泣きたい。

結局のところ、うわー!!って大パニックに陥って、即効で狼狽売りした挙句、「はーはー、ふーふー」ため息を吐いていたほうが楽勝で助かっていたという結論です。

 

……でもなんだかんだ言って、しばらくしたら戻ると思うので、泣きながら組み換え投資法を続けていこうと思います。

 

そんなことよりも蕁麻疹ができた。

さらにさらにさらに!

ぼくが株になんて構っていられない理由。

 

週末にいきなり蕁麻疹が出没したのです。

 

 

赤くて痛痒いやつ。なんなんですかこれ。

 

 

場所はですね。

 

左の腰に赤い小島。

左のお尻に赤い大島。

そしてなんということでしょう。

 

左のたまたま袋にまで赤い小島が……。

 

 

 

全く心当たりがないぞ。

関係あるのかないのか分からないけど、尿の出もすこぶる悪い。

 

 

 

「左のたまたま袋に蕁麻疹」×「尿の出」ということになると、いかがわしいお店に行ってのお土産持参的な推理が容易に働きますが、神に誓って行っておりませんよ。

 

はあどうしよ。詰んだかな。

 

悩んでるならサッサと病院に行きやがれって話ですが、明日は仕事が詰まってるのと、良い歳をして「たまたま袋」を見られる恥ずかしさもアリ。

 

というわけで良いか悪いか株価に構ってられない事態が発生。

直近は蕁麻疹問題の解決に全力を過ごしたいと思います。

 

現物でやっていれば死ぬことはないし、キミたちは蕁麻疹にも襲われていないので、あんまり悲観せずのほほんといきましょう。

よし、寝よう。

関連記事

シェアしてくれたら泣いて喜びます。

忙しい人は本を聴け!

ながら聴きが快適!

本は読む時代から聴く時代へ!

耳から聴くことで時短にも繋がります。

決して老眼が入ってきたわけじゃないぞ!


2 件のコメント

  • 帯状疱疹ですかー、私もお腹に出来た事ありますが
    ピリピリして痛いんですよね、、
    免疫力が低下したとき出てくるらいしので、ストレスなるべく溜めないようにして休んで下さい。
    r1とか多少は効果あるかもしれませんよ
    ヨーグルメーカーで増殖して毎日食べだしてから
    風邪ひかなくなりました。

    • だがさん、コメントありがとうございます!
      そうなんですよー。こんなに痛いもんだとは思いませんでした……。
      アドバイスもありがとうございます!
      ヨーグルトは好きでよく食べてるんで、r1も検討したいです。
      今後ともよろしくお願いいたします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください