3Dマトリックスの在庫急増は止血材バカ売れの予兆か!?

いつもお世話になっております!

あ、最初に言っておきますがタイトルは、釣りタイトルです。

ごめんね。

 

3Dマトリックスさんの止血材が全然売れなくて、相変わらず株価も低迷中です。

胃が痛いぜ。

 

かたやワタクシが結構テキトーに買った仮想通貨のリップルはとんでもないね。

100円突き破っちゃったよ。

12月4日に買ってるから、半月で4倍……。

なんなのよこれ……。

寝て起きたらお金が増えちゃってんじゃん。

またいつかガツーンと下がるんだろうけど、宝くじを買った気持ちで放置しておきます。

2018年も1000円目指して頑張ってくれ!

僕のリップル購入奮戦記は下記をご覧くだされ_(._.)_

ド底辺男が30万円という超大金を仮想通貨に今更つぎ込んだ話。

2017.12.05

 

さてさて3Dマトリックスだ。

3DマトリックスのIRに在庫激増の理由を訊いてみたぞ!

先日あった3Dマトリックスさんの2017年第2四半期の決算発表。

良いところが一個もなかった決算発表。

数年前の中計だと通期で100億売れてるはずの止血材ですが、今2Qではなんと売上4000万でしたー。

 

わ、笑えねー!

 

気になることと言えば在庫が急増していること。

ほら、上の赤枠です。

5億5000万くらい増えてるでしょ。

売上が4000万なのに在庫が5億5000万も増えている異常事態。

とち狂ってんですか。

 

ちなみに下の赤枠はMSワラントで資本金が増えています。

6億調達して、5億を材料購入に使っちゃってるんだよね。

 

で、ここでふと思い出す……。

そういえば11月にMSワラントの続行を断念して、第三者割当に増資方法を切り替えたとき、マトちゃんは既にちょうど5億を止血材の原材料調達費用に充当したって発表してたな。

ほら下記の通り。

止血材の原材料調達費用と次世代止血材の原材料調達費用でちょうど5億充当済みになっている。

なもんで、在庫が増えたこと自体はサプライズでも何でもなかったですね。

 

ただ問題は色々とお金がかかる中で、なんでこんなに在庫の購入を急ぐ必要があったか、だ!

支出予定時期だって31年4月までなら慌てて買う必要なかったんじゃ。

とりあえずIRに訊いてみました。

困ったときのIRさん。

(僕)
すいません……今回の決算なんですが、何で止血材が全然売れてないのに在庫は5億も積み上がってるんですか?

↑とりあえず何も分かってない振りをして訊くワタクシ。

(IRさん)
確認しますので少々お待ちくださいませ。

♪♪♪トゥルルルル♪♪♪ ←保留音ね。

お待たせしました株主様、こちらはヨーロッパへの止血材販売用の原材料となります

↑次世代止血材の原材料については言われなかった。まぁメインはやっぱり既存の止血材purastatの原料なんでしょう。

(僕)
原材料なのは分かるんですけど……。売上から比べて過大じゃないですか?
(IRさん)
売上と比べた在庫が過大じゃないかということですね。少々お待ちくださいませ。

♪♪♪トゥルルルル♪♪♪ ←保留音ね。

お待たせしました、おっしゃる通り現状の売上から比べると過大ですが、今後の販売を見越して準備をしたということでございます

↑予想通りの回答。さらにおバカのフリをして追加質問↓

(僕)
在庫が増えた分の受注って確定してるんですか?
(IRさん)
申し訳ありません。そこまではちょっとお答えが……

↑ですよねー。すいませんでした。

「いやぁここだけの話なんだけどさぁ。ヨーロッパの販売契約がまとまりそうで、その分だよ!」

なんて話は1ミリも出てこなかったのでご安心を。

(僕)
分かりました。ヨーロッパ向けということですね? アジアじゃなくて

↑それだけ最後に確認。

(IRさん)
そうですね。ヨーロッパです

 

急増した在庫について今のところ分かったことは……。

1.増えた在庫は今後のヨーロッパ販売用が中心

2.増えた在庫は「原料」ということなので多分ペプチド(最終製品じゃなさそう)

3.マトちゃんに在庫の所有権が移ったのは8月1日~10月31日の間。ただし、10月31日の時点のBSを見ると、原料購入のお金は支払い済みだったので、検収自体は遅くとも9月末までには終わってるはず?

4.タイムスケジュール的に、1Q中に原料を発注。その後、メーカーが原料を製造。納期は分からないけど仮に1~2ヶ月程度と考えると、2Qになって原料が出荷→引渡→検収→支払い。いずれかの段階で資産計上した?

5.「1Qの売上が好調だったから急いで発注した→ガンガン売っていくぞー!と思ったら2Qで大コケ」or「今期下期から来期にかけてのヨーロッパの大幅売上増については計画通り→原価率を下げるために強気の大量発注!」のどっちかは不明……。

 

こんな感じでしょうか。

ここまで読んでもらったけど、これっぽっちも目新しい情報がなくて申し訳ございませんでした……。

 

ちなみに「決算のたな卸資産の増加」についてって聞いたら「え、どこのこと? ページ数は? 流動資産の何番目?(タメ口では言われてないけど)」って逆質問されました(ペラペラと紙をめくる音付き)。

たくさん問合せがあってすぐに答えられるもんだと思ってたら、意外とみんなしないのね。

いやぁ本当に信者が減ったよなぁ。

 

あと、「止血材の使用期限って3年間でしたっけ? 前に説明会の動画かなんかで社長が言ってたような気が……」って聞いたら、「この場ではすぐに調べられませんが、社長が言ってたのなら……社長は本当のことしか言いませんので」って言われたよ。

ワタクシが言う社長は髙村前社長のことなんですが、IRさんは岡田社長のことだと思って回答したんでしょう。

 

真実しか言わない岡田社長、頼むわ……。

 

まとめ

・貴重なお金を止血材の原料購入にぶち込んだ!

これってさぁ……。

よくよく考えれば大勝負の投資だね。

5億円も原料を仕入れって売上ベースでいくらになんだよって感じ。

いずれにしても買っちゃったもんはしょうがないんで、こいつを捌かないといけない。

ほんと大丈夫か。

いや、大丈夫じゃないんだろうけど……。

 

最後に、自分で書いといてなんですが、ネット上の「IRに問い合わせてみた」の信ぴょう性についてはあんまり信用していないんで、気になった方は自分で問い合わせてみよう。

言った言わないの話もあるし、そもそもIRが正確なことを分かっているかというとそうでもないしね。

「お問い合わせいただきありがとうございました」とまで言われたんで優しく答えてくれるはず!

とりあえず社長プレゼン楽しみにしています。

関連記事

シェアしてくれたら泣いて喜びます。


自作小説販売を始めたぞ!

出版社の新人賞で最終選考まで残ったけど、結局落ちちゃった小説をkindleで発売してみたぞ!

値段は吉野家の牛丼に合わせて380円!

大特価だ!!


2 件のコメント

  • こんばんは。問い合わせお疲れ様でした(^^)/

    単にペプチドメーカーとの最低購買量設定ゆえに、なくなく3Dマトリックスが大量買いしたと思ってました。
    ヨーロッパ向けなら凄いことですね!
    DIAGMEDもニコライもオオコケしてるので、まさかペンタックスが沢山売ってくれるのか。
    もしくは後出血予防材CE取得を見越して原材料を今のうちに買ったのか。。

    神のみぞならぬ、岡田社長のみぞ知るですね。
    説明会では丸々本音を言わないだろうし。ある程度邪推も必要ですよね。
    大損も達観しつつあるこの頃です。
    でもいつかきっと。信じて待ってます。

    あ、私も今回で目覚めて信者ではないですけどね!
    今までは3マトリックスに忠誠心溢れる信者でした(笑)

    • 幸せさん、いつもありがとうございます!

      ほんと謎なんですよねぇ。
      ペンタックスには期待していますが、それでもフランス一国でしかも内視鏡限定ですから、現実的にはそこまで大きな初期ロットじゃないと思います(涙)
      来年の売上増加を見越してって理由も分からんではないんですが、既に8億分の在庫は持っていますし、そんなに急いで買う必要あったかなぁと……。
      これで2Qが少なくとも計画値くらい売れていれば、評価もまた違ったんですが。。
      なんとなく見切り発車感が否めない。

      ここは自信満々な岡田社長の説明を聞くしかないですね!
      僕も忠誠心はほぼゼロになっています。笑
      説明会の内容次第では売却するぞ!って心構えで年明けを待ちたいと思います。
      今後ともよろしくお願いいたします!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください