EVO増資完了後の株価の推移を調べたぞ!

いつもお世話になっております!

5月は結構くらっちゃました。

今のぼくのポートフォリオの大部分である、メドレックスと3Dマトリックスというダメ株ちゃんが、そのダメっぷりをいかんなく発揮してるせいだ。

マトちゃんは、2大カタリストである止血材の欧州販売ライセンス契約と日本の治験終了が遅延。

メドちゃんは、増資中&上場廃止リーチ年にも関わらずだんまり継続中という胆力全開。

 

それにしても……。

 

改めて考えても頭がおかしいな。

毎日毎日精神を摩耗して、お客さんだ会社の上司だ下手すりゃ後輩にまでペコペコして、挙句の果てには「ペコ野郎」ってあだ名まで付けられながら稼いでいる小金をですね。

大切な小金を、バイオ界の中でも屈指の信頼できない2社につぎ込んでるわけだからな。

 

はあ、こんな大人になってしまってお母さんごめんなさい。

 

いっそとんかつになってしまいたい。

とんかつはおいしいので、とんかつになれば少しは世の中の役に立てるだろう。

ただ残念ながら、ぼくはぶたとしては生まれなかったので、とんかつになることができないのです。

これからも生きていくしかないぞ。

というわけで(どういうわけか分かんないけど)、メドレックスのEVO増資が終わりました。

最後の最後で会社自らが材料を出して、仕上げてくれるかと思ったけど結局出なかったあ。

どうだ参ったか!!

果たして今後の株価はどうなるのか。

もちろん会社がちゃんとパイプラインの開発を進展させられるかに掛かっているわけですが、とりあえず他社の例を見ていきたいと思います。

特に理由はないですが増資完了から3ヶ月後まで。

シンバイオ

・第45回新株予約権(行使価額修正条項付)の発行(2018年4月9日発表)

・割当日:2018年4月25日

・行使完了日:2018年12月17日

・希薄化率:37.0%

・下限行使価額:113円

日付 始値 高値 安値 終値
2018年12月17日
(行使完了日)
210 214 202 203
2019年12月25日
(最安値日)
167 172 162 167
2019年1月17日
(1ヶ月後)
209 209 205 206
2019年2月18日
(2ヶ月後)
204 207 198 207
2019年2月22日
(最高値日)
250 275 241 272
2019年3月17日
(3ヶ月後)
215 215 210 213

まずは3年連続EVO増資をやるシンバイオさん。

クリスマスショックで最安値を付けました。

その後、200円前後でウロウロしてきましたが、がん免疫細胞療法のキムリアの承認ネタで275円にタッチ。

3ヶ月後は行使完了日の株価よりちょい高値でフィニッシュしました。

リプロセル

・第三者割当による第14回新株予約権(行使価額修正条項付)の発行(2018年5月25日発表)

・割当日:2018年6月11日

・行使完了日:2018年8月29日

・希薄化率:10.95%

・下限行使価額:162円

日付 始値 高値 安値 終値
2018年8月29日
(行使完了日)
207 209 204 207
2018年9月4日
(最高値日)
249 282 247 253
2018年9月28日
(1ヶ月後)
251 253 242 245
2018年10月29日
(2ヶ月後)
206 211 198 199
2019年10月30日
(最安値日)
195 207 195 203
2018年11月29日
(3ヶ月後)
264 264 254 256

再生医療関連のリプロセルさん。

ベトナムでの製品販売パートナー契約の思惑で、行使完了から一週間後に最高値を付けました。

その後は地合い悪化の影響も受けましたが、行使完了時点の株価水準は維持し、3ヶ月後はステムカイマルが希少疾病用再生医療等製品の指定を受けて30%高でゴールです。

 

セルシード

・第三者割当により発行される第16 回新株予約権(行使価額修正条項付き)の発行(2017年3月6日発表)

・割当日:2017年3月6日

・行使完了日:2017年10月3日

・希薄化率:23.9%

・下限行使価額:283円

日付 始値 高値 安値 終値
2017年10月3日
(行使完了日)
517 522 505 509
2017年11月2日
(1ヶ月後)
484 485 482 483
2017年12月4日
(2ヶ月後)
485 488 484 488
2017年12月26日
(最安値日)
456 458 436 445
2018年1月4日
(3ヶ月後)
466 484 464 475

 

先日、食道再生上皮シートが残念なことになったセルシードさん。

行使完了日が最高値で、その後はズルズルと値を下げていきました。

結局、材料を出せなきゃきついですね。

増資が終われば、黙ってても需給だけで株価が上がるなんてことはなさそうです。

そりゃそうか。

 

【UMNファーマ】

・行使価額修正条項付き第20回新株予約権(2016年8月30日発表)

・割当日:2016年11月21日

・行使完了日:2017年3月23日(中止)

・希薄化率:15.7%

・下限行使価額:563円

・割当先:Evolution Biotech Fund

日付 始値 高値 安値 終値
2017年3月23日
(予約権買取日)
345 349 336 342
2017年4月12日
(最安値)
226 240 225 225
2017年4月24日
(1ヶ月後)
255 264 241 241
2017年5月23日
(2ヶ月後)
361 361 336 341
2017年6月23日
(3ヶ月後)
500 525 466 525

 

UMNさんです。

ワクチンの承認が得られず株価は暴落。

株価は下限行使価額を下回ってしまい、中止しました。

特殊事例過ぎてあんまり参考にならないかも。

 

インスペック

・第三者割当により発行される第8回新株予約権(行使価額修正条項付き)の発行(2017年3月10日発表)

・割当日:2017年3月27日

・行使完了日:2017年7月3日

・希薄化率:24.9%

・下限行使価額:722円

・割当先:Evolution Biotech Fund

日付 始値 高値 安値 終値
2017年7月3日
(行使完了日)
1,305 1,348 1,287 1,342
2017年7月19日
(最高値日)
1,523 1,591 1,507 1,566
2017年8月3日
(1ヶ月後)
1,362 1,366 1,307 1,321
2017年8月14日
(最安値日)
1,271 1,317 1,251 1,307
2017年9月4日
(2ヶ月後)
1,399 1,438 1,335 1,438
2017年10月3日
(3ヶ月後)
1,308 1,310 1,290 1,295

 

バイオ以外にも。

インスペックさん。

行使完了から2週間で最高値。

3ヶ月後は行使完了時点とほぼ同じ株価水準でした。

まとめ

なんか増資期間中ほど明らかな傾向は出てきませんでしたね。

増資さえ終われば需給が改善して……なんてことはなく。

そりゃそうだ。

そんな単純なもんならみんな買っちゃうもんね。

結局は個々の会社の材料次第。

しっかりと結果を出したときに、上がったところを叩かれにくいってことはあるのかないのか。

 

とりあえずメドレックスは上期中にチザニジンの治験に入りさえすれば、後は下期にイベントが連発する可能性があるので面白いと思っています。

3DマトはCVIの機械的な行使を見ると、大量空売りしかけて下がったところを現引き、みたいなやり方はしなさそうなので、やはり欧州ライセンスと日本の治験成功の2大カタリスト次第。

はあ。

明日は飲み会だし風呂はいって寝よ。

*記載内容は個人的見解に基づくものです。記載内容が100%正しいとも限りません。売買は自己責任でお願いします。

関連記事

シェアしてくれたら泣いて喜びます。


自作小説販売を始めたぞ!

出版社の新人賞で最終選考まで残ったけど、結局落ちちゃった小説をkindleで発売してみたぞ!

値段は吉野家の牛丼に合わせて380円!

大特価だ!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください