後出血予防材のプロモーションが開始されたぞ!【7777】

いつもお世話になっております!

アンジェスの暴騰がトンデモないことになっています。

これで増資中のアンジェスはかなり大きなお金を手に入れることになるでしょう。

増資できずに株価を下げる会社もあれば、ごっつぉさーんって華麗にゲットしていく会社もある。

何だかんだ言ってお金は大事ですよ。お金がないと何もできなんだから。

印刷ばっかりしてるバイオ企業は、ちゃんとした情報発信や、事業の説明を小まめに行い、将来の展望を見せることで、既存株主を悶絶させないよううまく資金調達をしていってほしいもんです。

 

さて、いつも増資ばかりしている会社といえば、ぼくが愛する3Dマトリックス。

12月に株価を暴騰させた「世界初」の内視鏡手術後の後出血を抑える「後出血予防材」の本格プロモーションが開始された模様です

潜在含めて350億という巨大市場を速やかに取るべく、会社は一年前からここにかなりの労力を掛けて「ジャンプスタート」したいと言っていました。

悲願である大手ディストリビューターと契約ができるかも、この後出血予防材の売れ行きが大きく影響されるでしょう。

頼むで、岡ちゃん!

とりあえずカタログチックみたいなものが出てきたので紹介しておきます。

後出血予防材の販促グッズを見てみよう

はい、これが一枚目です。

真ん中の一番目立つところに書いていますね。

「初承認のESD術後の後出血を減らす止血材」

そうそう。初めてなんですよ。とにかく「世界初」をマトちゃんは押しまくっているからね。

キミたちも好きでしょ、世界初。

 

2枚目

臨床の結果が出ています。

purastatをヌリヌリした群76例の後出血が1/76(1.3%)だったのに対し、ヌリヌリしていない群の後出血は6/202(3.0%)。

ドヤ! 後出血を半分以下に抑えられてんで!!

なんか1.3% VS 3.0% って言われると、ビミョーな気がしてきますが、ただですね個人的には3%って結構大きいとは思っています。

だって3%にあたったらさ、「はあ~、終わった終わった」ってのんびり探偵ナイトスクープを見ながらオレンジゼリーを食べていても、急にお腹が痛くなってきちゃって、「看護師さーん、助けてー!」って言って、また開腹手術ですよ。

イヤだって。3%から1.3%でもぼくはお願いするけどな。

 

会社は後出血予防材を使うことでの、コスト面での優位性を強調しています。

まとめると、↓な感じで訴えてるわけですね。

「あんたたちさあ、ウチの後出血予防材が後出血の割合を半減させられるなら、後出血が発生したときのコストも半減させられるってことじゃん。

ESD術後に5%の後出血が発生するとして、その治療コストはだいたい5,000ドルくらいじゃん。ってことは一人当たり25ドルの予防的コストを振り向けても損しなくね?

さあ、purastat使おうずえええええ!!!!!」 

番組終了後、30分以内にお電話いただけた病院には半額、さらに1mlをもう一本プレゼント! お電話ください!

 

とにもかくにも後出血予防材プロモーション開始だ。

「ジャンプスタート」となるのか。

ちなみに上記のPDFはイギリス販売代理店のAquilantさんのホームページに掲載されています。

Brochure.PuraStat.NewGI-indication – Aquilant (PDF)

 

まだ「7ビュー」とかになってたけど、うち4ビューくらいはぼくがしちゃったので、実質まだ3ビューくらい。

ま、まあこれはお医者さんに持っていてお話しするときに使うもんだからね……。

後出血予防材が興味を持たれてないってことは断じてないと信じているぞ!!

 

今期末までのイベントの整理

出典:3Dマトリックス 2019年5月期決算説明会資料

これで上記のうち、

・後出血予防材のプロモーション開始

・カナダの製品登録完了

無事実施済。

 

そのほかの注目材料で、株価の反応が大きいもの順に並べると

・大手メーカーとの提携

・癒着防止材のFDA承認

・止血材の治験組み入れ完了

・内視鏡用粘膜下注入材の治験計画届提出

ってな感じですね。

 

全部くればマトちゃんの本社がある方角に土下座をしたいと思います!

*あくまでも個人の見解です。記載内容に責任は持てません。くれぐれも投資判断の参考にしないよう!

関連記事

シェアしてくれたら泣いて喜びます。


自作小説販売を始めたぞ!

出版社の新人賞で最終選考まで残ったけど、結局落ちちゃった小説をkindleで発売してみたぞ!

値段は吉野家の牛丼に合わせて380円!

大特価だ!!


10 件のコメント

  • おはようございます。後出血予防材のことを記事にしていただきありがとうございます。分かりやすかったです(^-^)/
    ところで、残されたイベントですが、可能性としてはどのようにお考えですか?

    私の考えは「止血材組み入れ完了=粘膜注入材治験届け提出>癒着防止材取得>>>大手メーカー提携」です

    今期中の大手メーカーとの提携はアリだと思われます?私は可能性は大いにあると思うのですが、内容が足元見られた感じになるかなと思います。全てうまくいくといいですね!最近、株価が上がってるので少し期待しています。。

    • 幸せさん、いつもありがとうございます!
      可能性はぼくも同じように考えています!
      提携は今期は難しい、仮にできたとしてもグローバルメーカーではなくヨーロッパエリアを対象とした企業になるのでは、と思っています。

      決算前に癒着防止材が来てくれればひとまず安心なんですけどね!
      今後ともよろしくお願いいたします!

      • おはようございます。返信ありがとうございましたm(_ _)m確かウェルフェングループはヨーロッパのみでしたよね。
        書き忘れましたが、「番組終了後~お電話ください!」のところ、面白かったです!(^-^)/

  • yukiyukiさん、こんにちは。
    3DMの後出血予防材がジャンプスタートしたんですね。(正しくは、「しようと努力しているんですね。」)
    うれしいです。
    昨年末のIR狂騒乱高下の後、もう私は含み益になることがないんじゃないかと諦念していましたが、希望をもっていいんでしょうか?
    次のIRは米国・癒着防止材の承認と日本・止血材の治験終了ですが、いずれも売上には直結するイメージがないので、やっぱり後出血予防材のジャンプスタートです!
    正念場です!

    • もぐらさん、コメントありがとうございます!
      後出血予防材でジャンプスタートといってほしいものですねー。
      もういい加減通期で二桁億円くらい楽に行くってところを見せてほしいもんですが……。
      結果をあげてほしいです!!
      今後ともよろしくお願いいたします!

  • こんにちは!7777、承認期待で異常に盛り上がってますね。もしくは日本の治験終了お知らせIR期待なのか?後出血予防材のほうが3ディにとっては大事だと思っていましたが、世間では癒着防止材のほうが期待大なのでしょうかね。。?7777の動きは本当によくわからないです 笑

    • 幸せさん、いつもありがとうございます!
      材料の大きさよりも、アンジェスが暴騰したので承認期待の相場になったことが全てだと思います!
      この流れにのって材料を出してくれれば、仮に新たな資金調達が来たとしても、希薄化を抑えて日本の承認までの繋ぎができるので期待したいです!

      • 返信ありがとうございます!(^_^)アンジェス、時価総額が今日の時点で約989億あるのが凄い。物凄い赤字企業ですよね~。アンジェスは手をつけてないからよく知りませんが、コテラジェン一本しかないですよね?一度くらい黒字になったことあるのでしょうか?10年間赤字で退場だと思いますが。。例外もあるのでしょうかね‥?

        • 上場してる市場が違いますよー。
          3Dマトが上場してるジャスダックは赤字基準がありますが、アンジェスのマザーズは赤字でも売上が1億以上あれば上場廃止にはならないので。

          • そうなんですね。初歩ミスでした。7777は大丈夫なんでしょうかね~。私は数年来握力だけは自信があるんですが、ここの上げで持ち株の5%だけ売りました。
            またIRでたら宜しくお願い致します♪

  • yukiyuki にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください