メディアフラッグが28年上期決算を発表!十勝たちばなの赤字続く!

こんにちは。

いつもお世話になっております。

どうもワタクシです。

喉が痛い。夏風邪かもしれません。別にお盆にも大した予定がないからいいけどさ。はあ。

 

さてど下手くそのワタクシが注目しているメディアフラッグの上期決算がでましたよー。

早速見ていきたいと思います!

 

利益は予想を上回るパッと見、好決算!

事業再編などに伴い不採算店舗を整理したことで売上は予想から4億2千万減の34.7億

赤字が続いている店舗を再建させることは実際のところ極めて困難ですので、早い段階でバッサリいく決断をしたことは評価できると思います。

(そもそものストア再生事業の見通しが甘かったことは社長も認識していることです)

 

では利益面はと言いますと、営業利益は予想を3千万上回る1.3億。経常利益は3.2千万上回る1.12億

30~38%増ですから悪くないですね。この調子でいけば下期に上方修正を出しそうです。

もともと社長は過去の下方修正への反省もあってかなり業績予想については保守的な考えをする印象がありますので、ひとまずこの段階では「据え置いといた」という感じだと思います。

 

セグメント別の利益を見てみると……

デジタルサイネージのimpactTVについて

デジタルサイネージ(電子看板)を開発・販売するimpactTVの業績が非常に好調です。

ケイツネで1.2億。昨対で倍近くの伸びになっています。すげー。

 

これまで様々な企業を買収してきた福井社長ですが、その中でも最大のヒット企業になっています。

高収益製品のPISTAシリーズの販売が好調のようです。PISTAシリーズは人感センサーを設置し、お客さんが前を通ったときに最も訴求力の高い動画を再生する商品。

通常のデジタルサイネージの延々同じ動画を流し続ける商品と比べ、確かにPR効果は高そうですね。

ただ技術的にはそんなに高度なものは必要なさそうなので、競争環境は緩やかとは言えないかと。

長期的にこの収益が維持できるかどうかは課題になるでしょう。

 

覆面調査のメディアフラッグについて

本業の覆面調査等の営業支援を展開するメディアフラッグの業績については売上・利益とも昨対割れしています。

社長はブログで読者からの質問に対して昨年は大型受注による特殊要因があったため、今期の減少についてはやむを得ないと話していますが、上場効果は一巡して今後の大きな伸びは見込めないのでは?と考えています。

こちらはデジタルサイネージよりももっと参入障壁が低い、もっといえば「誰でもできる商売」です。

ただこういうのは信頼が顧客の大きな購買選択要素となりますので、同業で上場企業がいないというのは間違いなくメディアフラッグの強みでした。

「上場」っていうのはやっぱりハードルは高いですからね。

 

ところがお客さんの数が増えて、クルーの数も増えるにつれて調査や支援力の「質」低下が起きているような気がします。

登録者が21万もいますからね……。研修活動の充実などを図ってはいますが、なかなかクルーによるサービスの均一化を担保するのは難しいと思います。

某掲示板を見てもクルーのレベルの低さが目につくので……。

会社が大きくなればなるほど、今度は悪いうわさが拡散するのも早いですので、苦しいところ。

 

クルーを指導する優秀な従業員を確保することが課題であり、この点については2012年従業員の勤続年数が2.7年と短かったのが、2015年には4.3年に伸びていますので、これからも従業員のロイヤルティを高めてなんとかクルーへの統制を図ってもらいたいと思います。

大幅な収益増は無理でもなんとか今の水準は最低限維持してほしい。

また大口顧客に依存しているところもありますので、こうしたところから切られた場合にズドーンと落ち込むリスクにも留意をしつつ。

 

十勝たちばな(和菓子屋さん)

1Qではちょい赤でとどめたことから順調に再建は進んでいると安心していましたが、2Qは苦戦。。。

上期で経常利益4.5千万と大きな赤字を出しちゃってます。

最悪の状況からは抜け出したとはいえ、黒転はやはり簡単ではないですねー。

社長は最新のメッセージでV字回復への強い決意を示してはいますがどうなることやら。

 

なかなか膿は止まらないようで……。

 

まとめ

全体的にはめちゃくちゃ良くはないけど悪くはない。そんな決算でしょうか。

税前純利益で昨対で1億以上増えています。

ただその半分は償却費が減ったからです。

個人的にはこう言った小型株の場合は純利益の金額よりも、純利益に償却費を足した簡易のCFを重視しています。

ちっちゃい会社ほど投資や減損によって償却額が変動し、それが利益に与える影響も大きいですので。

 

で、話は戻りますが、その償却分を加味しても5千万は増益ですのでうーん。やっぱり良くもないけど悪くもないって感じですね。

 

下期にどこまで伸ばせるか。

そしていつ上方修正をしてくるか。

注目しております!

投資は自己責任で!

ありがとうございました。

関連記事

シェアしてくれたら泣いて喜びます。


自作小説販売を始めたぞ!

出版社の新人賞で最終選考まで残ったけど、結局落ちちゃった小説をkindleで発売してみたぞ!

値段は吉野家の牛丼に合わせて380円!

大特価だ!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください