メドレックスの決算日にパソコンが壊れる!前代未聞の増資取り下げ劇

いつもお世話になっております!

昨日はメドレックスさんの2018年12月期決算日。

頭のおかしいぼくは、決算前日&決算当日までポチポチ買い増すという暴挙を冒しました。

そしてやってきた緊張の瞬間。

はてはて結果は。

2019年の売上は10億円超え!!

個人的に大きなポジティブサプライズでした。

チザニジンのシプラマイル7億円以外に、3億円が上積み。

中身は第一三共と武田から。

単純に半分にすれば、それぞれの企業から1億5000万円ゲットできることになります。

提携したはいいけど、収益化の前にポシャることもめずらしくないこの業界において、ちゃんと進捗してる感じなので良かったです。

 

さらにまだ初期段階にも関わらず、億超えのマイルっていうのも予想より大きい。

段階的にこうしたマイルが複数社から入ってくるなら、今期から毎年1億円以上の売上が立たなければ上場廃止になるという懸念も相当やわらぎます。

他にも製薬会社と進めている案件があるとしていますので、またピョッコリと大手の提携先が出てくるかも。

メドレックスのプラットフォーム技術は改めて魅力的だと思います。

 

オキシコドンテープは今期中に追加治験へ!

次に嬉しかったのはこれ。

難航している思われたオキシコドンテープも今期中に追加治験に入る計画とのこと。

レポートではパッチサイズの縮小のための製剤改良に取り組んでいるとしていましたが、メドレックスによると粘着性等の改良をしている模様。

サイズ縮小は簡単ではないと思っていましたが、粘着性ならクリアできるんじゃないでしょうか。

さらに2019年か2020年に導出予定とも明記してきましたね。

追加治験に成功したら、いよいよ導出に動きだすことになりそうです。

 

EVO増資を発表!

ということで、今後の見込みだけなら良かったんですが、見事に抱き合わせで増資のお知らせが発表されました。

ユキユキさん、意気揚々と「とつげきー!」した挙句に、1秒で「ひけえー」パターンとなりました。

今回も敗北です。

 

増資の概要はこんな感じ。

【メドレックスさんの増資概要】

・新株発行数 250万株(うち、17万株はまっちゃん財団への新株発行)

・希薄化率  24.48%

・下限行使価額 基準株価の50%相当額

・資金使途 リドカインテープ剤の臨床・非臨床試験、新規パイプライン臨床・非臨床試験

 

以前、リドカインについて問い合わせたとき、最大のエンドポイントはクリアしたってことでした。

リドカインテープ剤(MRX-5LBT)が窮地の会社を救うのか?

2018.06.07

なもんで、あとはちょこっとした試験だけで「承認申請おめでとう!」になると思っていたけど、もう一発臨床試験を求められた格好になります。

なんども言うけどFDAの基準が分からなすぎる。

メマンチンも今はフェイズ1一発でいいよって言われてるけど、この分だと当てにできないな。

 

どっちかっていうと地味パイプラインのリドカインで大きな増資か……。

増資は予想していましたが、もうちょっと先だと思っていました。

マイルを含む自己資金でマイクロニードルを進める方針にも変わりはないんでしょう。

 

そしてシステムトラブルで増資取り消し!

わずか数時間後。

メドレックスはコンピューターシステムトラブルのため、時間内に財務局へ有価証券届出書を提出できなかったと発表。

緊急の取締役会で増資の取り消しを決めました。

全26ページにわたる増資のお知らせ文章と、以前と同じ轍はふまないぞ!と同時に出した補足資料が無に帰しちゃう結果に。

 

おっちょこちょいがすぎるぜ。

2歳児なら「かわいいなあ」で逆に株が上がるけど、まっちゃんジュニアの場合は47歳児だからね。

 

これでもさあ、担当者がだれか分かんないけど、想像しただけで肝が冷えるね。

自分事として考えると、失踪したくなるレベル。

ジュニアも怒ったら超怖そうじゃん。

こういうのって、本当は個人の問題じゃなくて、会社の体制の問題なんだけどね。

ここ大事。担当者だけを責め立てるのはクソ会社。

 

さて、終わったことはどうしようもないとして、今後どうするかって話。

EVOがブチギレて破談にならない限りは、週明け真っ先に再度取締役会を開いて、増資を決行するしかないでしょう。

じゃないと株価がズドンと下がって行使価額が減る(実際は予定額通り調達できるわけがないので、あってないようなものだけど)ので、その分の金をどっから持ってくるのよとか、大パニックが膨らむだけです。

連休返上して、資料訂正するしかない。

 

その際に、昨日の発表時に行使価額基準とした一昨日の終値から、昨日の終値は下がってるんで、この修正が必要なる?

減る金額をどこから持ってくることにするのか。

誠意としてMM財団がその分を引き受けるとするのか、アッサリ「差額は自己資金で!」ってするのか。

 

さすがに「増資計画を一から見直します」はないと思うけど。

あったら「パソコンぶっ壊れで計画を変えちゃう企業」ということでレジェンドになれますが、さすがにね。

 

なお、ぼくは呆れたんでとりあえずPTSでぶん投げ。ぼくも去年学習したんだよ。

 

前代未聞の事態に、来週以降の会社と株価の動きに目が離せんぞ。

ちなみに増資取り消し前のぼくの下記ツイート。

最後の一文は半分本気だけど、半分冗談。

メドレックスとしては増資失敗を2連続でやっちゃったらもう終わりなんで、前回の反省点を活かそうという意思は感じるんですよね。

 

前回は補足資料を次の日に出してくるなど、目も当てられないくらい後手後手。

今回は一応、最初から補足資料を出してきたし、ボロカス言われたからかちゃんとMM財団も誠意の新株引受け。

笑っちゃったのが新株予約権の発行価額に関する記載。

すなわち、既存株主の利益への配慮という観点から、条件決定日において本新株予約権の価値が上昇していた場合には、発行価額の決定に際してかかる上昇を考慮するものの、価値が下落していた場合には、かかる下落は反映されないということです。

出典:メドレックスIR

こんなので「ご配慮いただきありがとうございますぅ!!!」って株主が言うと思ってるのー?

新株予約権の発行価額なんてどうでもええわ。

逆に超バカにされてる感はあるけど、なんにせよ株価を下げたくない気持ちだけは感じる。

 

タイミングとしても、行使期間中に株価を上げるために、治験開始などたくさん材料が控えている今だからやってきた気はします。

……最後の最後に一番大事なツメが出来てなかったんだけど。

 

何が言いたいのかというと、3ヶ月の間に材料は何本か出してくると思うんだよな。

少なくともチザニジンのフェイズ1b/2開始は決まってるでしょ。

ぼくは怖いので乗る気はないですが、期間中に上げてくる局面は割とあるかも。

マイルは全て下期見込みなのがちょっと痛いかな。

……ジェットコースターが好きな人は自己責任で。

 

まとめ

・とりあえず早くパソコン直せよ。

昨日のメドレックスの社内はカオスだったんですかね……。

EVOにごめんなさいして、すぐに訂正を出せるのか。

はたまたズルズルいって、別の手段に切り替えるのか(ないと思うし、やるべきじゃないと思うけど)。

思惑が交差する週明けに大注目!

*あくまでも個人の見解です。記載内容に責任は持てません。くれぐれも投資判断の参考にしないよう!

関連記事

シェアしてくれたら泣いて喜びます。


自作小説販売を始めたぞ!

出版社の新人賞で最終選考まで残ったけど、結局落ちちゃった小説をkindleで発売してみたぞ!

値段は吉野家の牛丼に合わせて380円!

大特価だ!!


2 件のコメント

  • yukiyukiさん、こんにちは。
    すかさずラクオリアで挽回されたとTwitterで拝見しました。さすがですね!
    私もメドちゃんをPTSで叩き売ったくちですが、何をとちくるったか三菱ケミカルを買いました。おいおい、時価総額1兆円超だぞ!テンバーガーしたら10兆円超だぞ!
    でもサンバイオなき後、ミューズ細胞に賭けるしかありません!と、まあブレブレです。
    フリッツフォンエリックと真逆の握力なので、どうなるか分かりませんが・・・
    機会があれば、またメドレックスも考えたいと思ってます。

    • マグカップさん、いつもありがとうございます!
      あーミューズ細胞期待で三菱ケミカルを買われたんですね。
      今日はセルシードが失敗するなど、再生医療関係は厳しい状況が続いていますので、ぜひ成功を期待しています!
      メドレックスはぼくも監視していきますよー。
      今後ともよろしくお願いいたします!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください