GNIが株価暴騰必至のIR!アイスーリュイが中国で保険収載されたぞ!

こんにちは。

いつもお世話になっております。

どうもワタクシです。

メドレックスがストップ高でしたね。

マイクロニードルアレイの米国特許取得に反応しての暴騰でしたが、まさかストップまで行くとは思いませんでした。

特許IRは往々にして行ってこいの場合がありますが、今後はどうなりますやら。

さてそんな特許ではなく、明確に売上に直結するIRを発表したバイオベンチャーがあります。

GNIさんです。

GNIがやりやがった!中国でアイスーリュイが保険収載!

かねてより肺線維症治療薬であるアイスーリュイの中国での保険収載を目指していたGNI。

今年中に目途がつけばなぁ……なんて考えていたところ、いきなり出ました!

日本の厚生労働省に当たる中国人力資源社会保障部が、アイスーリュイの健康保険目録への収載を決めたという発表です。

このニュースはデカい。

いつお金になるか、そもそもお金になるかも分からない「特許」とか、「なんとかシステムの完成」とか「なんとかっていう止血材のデバイスのCEマーク」とかとはレベルが違う。

まさに売上に直結するIR。

 

正直、こんなに迅速に決まるとは思わなかった。恐れ入りました。

そしてホルダーさん誠におめでとうございます。

ワタクシもGNIには注目していたんですが、手が出ませんでした。

自社工場を保有し、自ら製造販売するビジネスモデルはUMNを彷彿とさせるところがあって、ビビっちゃってました。

もちろん、すでに上市薬を持っている点でUMNとは全然違うんですが、拠点が中国だしなんだかんだいって見えないリスクがあるんじゃないかなぁと……。

ほんと下手くそだよなぁ。。

 

それにしても今回の材料は大きい。

特発性肺線維症(IPF)とは簡単に肺が線維化して硬くなっていって、機能が劣化していく病気。

息切れや、痰、呼吸困難など起き、そして最終的には死に至るという大変恐ろしい病気なのです。

 

アイスーリュイは中国で販売されている唯一の肺線維症治療薬です。

そう、患者の選択肢はアイスーリュイのみ。ただ、問題は値段がめちゃくちゃ高いこと。

 

1カプセル100mgでだいたい250円。

これを毎日6カプセルから18カプセル飲み続けないといけないのです。

つまりは……

1,500円~6,000円/日!!

 

ワタクシみたいな低所得者は現実的には使用が困難。

 

……にも関わらず「独占薬」であるアイスーリュイのニーズはすごかった。

そりゃそうだよなあ。罹患してから10年後の生存率が20%という病気。

あの世にお金は持っていけませんので、自由診療でも売上は絶好調。そこにきて今回の保険適用です。庶民も手軽に使えるようになれば……。

売上は確実に伸びるでしょう。

さらに大気汚染が深刻化する中国において、IPF患者は増えると予想されています。

アイスーリュイの売上が加速度的に伸びていく確度が高まりました。

今日でGNIの企業価値はスリーランクぐらい上がったと考えています。

 

一方、懸念されるのはアイスーリュイの保護期間。

2019年に特許が切れた後に多くのジェネリック製品が登場するのではと懸念されます。

ただこれについては新薬にしてもジェネリックにしても、中国の審査体制はいっぱいいっぱいの状況が続いているとのことであり、期間満了後もしばらくは競合品は出てこないのではないか?と考えています。

……まぁでも中国だからな。

そもそものGNIの保険収載にしてもサプライズだったし、ある日ぽーんと安価な競合品が出てくるか可能性は頭に入れておく必要があろうかと思います。

 

「製薬企業GNI」の本領発揮だ!

売上が伸びていけば伸びていくほど、GNIへの手取りの割合は増えていきます。

なぜならばGNIはアイスーリュイの製造も販売も自社でやっちゃってるから。

販売権を他社に許諾して、10%くらいのロイヤルティ収入を得る創薬ベンチャーとはビジネスモデルが全然違うんです。

もちろん、工場を自前で抱えれば、自社製品の売上が立たない段階では大きな固定費だけがかかることになります。

 

だからこそ。だからこそですよ。今回の保険収載は大きなプラス材料

だって前期の製品原価って2億ないんです。

11億売ってんのに原価は2億。

どんだけ粗利あるんだって話ですよ。

もちろん、その分販管費は大きいですが、売上が伸びてきて、損益分岐点を超えちゃえば、あとは売上×80%の内部留保が積みあがっていくのみだ!

あ、ごめん嘘ついた。

 

損益分岐点を超えちゃって、今までの繰越損失を一掃しちゃえば、法人税がかかってきますので、利益額の4割弱(法人税+事業税)が税金で取ってかれます(日本だったらね。中国の税制はもうちょっと低いんじゃないかな)。

税金って本当に経営に大きな影響を与えますよね。

 

まぁそれにしたところで……やべーだろこれ。

売上の半分以上の利益キャッシュが入るんだもん。

黒字化なんて当たり前。税金の心配をしなきゃいけない状況。

GNI自身が言っているように「患者数と売上収益は著しく増加する」ことは間違いない。

独占状態なので、3Dみたいに大きな販促費だってかける必要ない。

とんでもないコストをかけて臨床データとって、既存薬との優位性を示して、学会で発表したり、医者に「一回試してみてくださいよー」って営業かけたりする必要一切ない!(極論ですよ)

 

だってIPF患者にとっては、「アイスーリュイを使うか使わないか」の選択肢しかないんだもん!

肺移植ってのもあるけど、これはさすがにリスクが高すぎるんで、実質的には医者は自動的にアイスーリュイを処方するのみ。

どこのお殿様の商売だ。。。

 

もちろん、他のより優れた競合薬が上市されれば、みたいなリスクはありますが、そうそう医薬品の上市なんてできるもんじゃないし。

GNIはアイスーリュイの適応症の拡大にも動いていますし、新薬の開発にも積極的

アイスーリュイの販売により、潤沢な資金を稼ぐことで、次なるパイプライン開発も急速に推し進めていくことが可能になります。

金がなくていくつかパイプランをストップさせちゃってるどこぞの「7777」とは大違いだぞ!

うらやましーなぁおい。

 

2020年の売上計画65億は十分達成可能な数字!

当たらないバイオの中期経営計画ですが、今回の材料によってGNIの2020年の売上計画65億、経常利益25億の予測は十分達成可能になったと思います。

というか上記の数字は自由診療を前提とした数字。

順調にいけば倍以上の売上があってもおかしくないと考えています。

ちなみに下記のレポートがとても参考になります。

【参考】中国の医療保険制度

これによると、中国の医療保険は「新型農村医療保険」や「都市住民基本医療保険」といっていくつか種類があり、保険や各省で自己負担割合が変わっているんですね。

ちなみに全額保険で賄われる「甲リスト」と言われる保険に収載されれば、薬価は国の財政負担を軽減するために30~50%引き下げられるものの、売上は一気に20~30倍になるそうな……。

にわかには信じがたい数字ですが、これが本当ならばとてつもないインパクトがあります。

ただ、他の資料も色々調べてみますと、どうやら保険でまかなわれる金額には限度額が設定されているようで、その金額を超えちゃうと自己負担が発生するよう。

ですので、上記の20~30倍というのは、比較的安価な医薬品(限度額を超えない、タダで処方してもらえる医薬品)を指しているような気もします。

アイスーリュイは高価な薬なので、楽勝で限度額超え。

薬価の引き下げ及び売上見込については、GNIもはっきりとした数字を出していませんし、中国の場合は各省で自己負担割合も異なっている複雑性があるので、保険適用後の売上実績によって、株価は上にも下にもぶっ飛びそう。

 

それにしても、今回は中国という国の、良い意味での審査機関の仕事の早さ(?)が見えました。

他のパイプラインについても予想もしなかったこと進展があるかも。

時価総額的には500億を最低線として、どこまで積み上げられるか。

一時は大きく低迷し、倒産の危機にすらあったGNIがこうして黒字化目前のところまでくるというのは、大変よろこばしいことです。

これからの展開に大いに注目しております!

【追記】この勢いに乗じて、GNIはアメリカの企業の買収を発表しました! 一気にそーせい化するか!?

GNIがBABの買収を発表!現在の財務状況から経営リスクを考えるぞ

2017.05.21

 

まとめ

・GNIがやりやがった!

・第二のそーせいの大本命に!

・粗利の高さで一気に黒字化か!?

 

いやぁバイオが盛り上げってきました。

メドレックスの特許くらい(失礼)でストップ高になるくらいだもん。

まぁメドレックスの場合はチザニジンの「MRX-4TZT」のフェイズ1の結果が決算資料で出たせいもあるかもしれませんが。

 

いずれにしても3Dマトリックス!

おい、大チャンスだぞ!

今こそIRを出しなさいよ!

ひねりだしなさいよ!

この流れに便乗しろよ!

CEでも、韓国でも、日本再治験でも、フランス代理店でも、この際特許でもいいから出しなさいよ!

 

……しかしまぁ本当に出ないよなぁ……。

岡田社長の自信は何だったんだ。

3Q発表前にはなんも出なさそうですね。

 

GNI様を買えなかったワタクシは指を加えてみております。。

それでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました_(._.)_

【関連記事】:ジーエヌアイ(GNI)の今後の株価は?中国に拠点を置くバイオベンチャーに注目!

関連記事

シェアしてくれたら泣いて喜びます。


自作小説販売を始めたぞ!

出版社の新人賞で最終選考まで残ったけど、結局落ちちゃった小説をkindleで発売してみたぞ!

値段は吉野家の牛丼に合わせて380円!

大特価だ!!


7 件のコメント

  • ワタクシさんのブログ、毎日楽しみにチェックしてます。昨年からGNIのホルダーでしたが、低迷する株価に何度も嫌気がきて、売っぱらいそうになりましたが、ワタクシさんのGNIについてのコメントやその他の記事に元気づけられて、今日までホールドできました。本当に感謝しています。これからもブログ更新楽しみにしていますので、頑張ってください!!

    • コメントありがとうございます!
      いやぁGNIやりましたね!
      本当におめでとうございます!
      そしてうらやましい限りです。笑

      今後ともどうぞよろしくお願いいたしますm(._.)m

  • リザルトです(・ε・` )

    ヤフー板のGNI本尊
    ラーメン大好きさんに
    ついて行きながらGNIガチホしますね(๑•̀ㅂ•́)و✧

  • yukiyukiさん、こんにちは。
    4/21に、GNIがMSワラントのIRを発表しましたね。
    相手はモルガン・スタンレーMUFGで、市場価格の92%で行使するとのことなので、メリルリンチ等よりは少しだけ良心的ですね。
    調達見込額が135億円とは、たいしたものです。(おそらく下回るとは思いますが…。)
    yukiyukiさんのブログでGNIにも興味を持ち、今回のIRで株価が下がれば買おうかなと思ったんですが、1000株単位なので投資額が数十万円が必要になることを知り、躊躇しています。
    下限行使価額(340円)まで下がることはないでしょうが、せめて400円台半ばまで下がれば検討したいと思います。(我ながら欲の皮が突っ張っています…。)

    • もぐらさんいつもありがとうございます!
      買収のIRがあった時点で増資は予想されていましたが、まさか2000万株とは思いませんでした。。
      ちょっと買収先の企業が不透明(身内の会社)なのと、現時点でも株価は過熱しているので、しばらくはマネーゲームになりそうですね。
      僕も大きく下がれば買いたいですが、あんまりガッツリは怖すぎていけないです……。
      GNIもこれまで応援してくれていた株主にもうちょっと配慮してほしかったなぁ。。
      3Dもそうですが、信頼を一度失うと取り戻すのは大変ですからね。

      今後ともよろしくお願いいたします!

  • yukiyukiさん、こんばんは。
    私は今日、GNIを1000株(440円)買ってしまいました。
    MSワラントの発行IRから株価は大きく下げており、今日も下がりました。まさに「落ちるナイフ」を掴んでしまった。(指値注文していたのを忘れていた。)
    GNIは679円の行使価額を前提に135億円を調達する目論見ですが、現状の株価推移では困難でしょうから、再度のMSワラント発行が心配の種です。
    調達資金の使途が、①お姉さんの会社(BAB社)の買収65億円、②新薬の研究開発費70億円ですが、①が余りにも無駄遣いですよね(BAB社は売上15M$、純利益6M$やから、異常に割高です…。)
    買ってしまったものは仕方ないんで、アイスーリュイの保険収載の成果を気長に待つこととします。

    • もぐらさん
      いつもありがとうございます!
      バイオ企業の買収金額は妥当性がよく分からないですねぇ……。
      GNIの場合は相手がお姉さんの会社(GNIの事業と全くシナジーなし)だったので、余計に不信感を持たれたように思います。
      僕も最初は投資額を回収するのに10年もかかる買収なんてありえんだろ、と思ってたんですが、日本のバイオ企業の感覚からすると、6憶の黒字企業を65億で70%買えるっていうなら、悪くない気もしてきました。
      ただ、BABは純資産額が14億しかないんで減損リスクが怖いですね。
      BABの業績が悪くなれば、リスク低減を目的に行ったはずの買収なのに、逆にアイスーリュイの利益を食われる可能性もあります。
      (僕は専門じゃないのでアレですが、IFRSのほうが厳しく減損判定されるという認識です)

      ……それでも僕ももぐらさんと同様、アイスやF351は魅力に感じているので、まだ下がるようなら買うかもしれません。
      今後ともよろしくお願いいたします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください