2019年もお世話になりましたというブログ。

いつもお世話になっております!

2019年が終了!

サンバイオで始まりサンバイオで終わった2019年のバイオ株。

ぼくの成績はこんな感じでした。

 

 

しょぼ。

 

あんなに中村超硬とかでイキってたくせによう、なんて声が聞こえてきそうですが、ド底辺リーマン野郎のぼくからすれば十分ですよ……。

特に去年、一昨年と仮想通貨だ四国のうどん屋だに資産を大きく毀損されましたからね。

大金持ちのキミたちはいっぱいお金を使って日本経済を元気にしてね。

 

ぼくはとりあえず来年も大怪我せずに、このままいきたいです。

(みんながYH連発の11、12月に痛恨の一撃を立て続けに食らってるので、特に……)

 

ちなみに別口座にもTOBされたUMN分などがありますが、あれはさすがに単なる奇跡なので忘れることにします。

 

現在の保有株(一部)について

今持ってる株について整理しておきます。

3Dマトリックス

まずは何と言っても3Dマトちゃん。

今年は増資銘柄または増資しそうな銘柄を徹底的に避けてきましたが、マトちゃんの場合はニーサで塩漬けになっているので避けようがありません。

それどころか大納会にも買い増しをしちゃってます。

マトちゃんを買わないと一年が終わんないよ。

 

狙いは創傷治癒材の承認待ちだと思ったでしょ!?

 

 

 

甘ーいぜ!

ぜんざい食いすぎかと。

 

 

 

動画ですよ動画。

来年早々にアップされるであろう、社長の決算説明動画。

 

ぼくクラスのマトちゃんフリークになるとですね、よりワクワクしながら社長のプレゼンを観たいという理由だけで株を買っちゃうわけです。

娯楽ですね。totoみたいなもんですよ。

 

 

 

ね。

絶対に良くないです。

こんなテキトーな投資は今年で最後にして、来年からはもっと真剣に取り組むことにしよう。

 

 

なお期待はしていませんが、マトちゃんは癒着防止材承認のときも、国内止血材承認申請のときも、割とカタリストに向かって株価を素直に上げていく傾向があるので(達成とともにズドーンだけど)、一応注目。

 

 

そして長期目線ではなんといっても製品売上でっす!

これしかない。

動画はまだですが、資料だけでも悲願の大手パートナーである富士フイルムとの提携が良い感じで回り始めていることが分かりました。

何年も言い続けていますが、もう実績で出すしかないからね。

マトちゃんの今期の売上予想は8億6200万円。

これを最低線として、余裕をもって達成できれば会社の評価も変わってくると思います。

 

来年こそはいよいよ日本の止血材の上市も待っているぞ!

さらにはアメリカさんもノー治験申請が可能になった模様。

年明けの社長動画を楽しみにしています!

デルタフライファーマ

デルタさんは完全に無視されている不人気バイオ株ですが、ぼくはまだまだ安いと思って買い増しています。

パイプライン6本走らせていて、AML治療薬のフェイズ3も1本持っているデルタさん。

単なるフェイズ3じゃなくて、世界最大市場アメリカさんで「自力突入」してるところがもっと評価されても良いと思うんだよなあ。

 

ここまで自社で進めれば、ロイヤリティも最低二桁、最後まで治験をやり切った後の導出なら20%は取れるはず。

デルタの場合は製剤供給も自社で行うかもということなので、利益率はさらに高くなることが想定されます。

売上1000億円のブロックバスターを出しても、臨床前期段階で導出しちゃうとロイ5%の取り分50億ですが、ロイ20%とれれば250億でも同収益がゲットと。

 

おめでとうございます。

捕らぬ狸野郎と呼んでください。

 

 

デルタさんは、臨床試験入りしたもので失敗したパイプラインはなし。

公開されている限りの第4期~第10期の上期(2019年9月末)までで投下している研究開発費は32億(←電卓叩いて計算したよ。失敗によるムダ金はほぼないと想定)。

同9月末時点の現預金残高が28億。

提携交渉中のPLが3本あって、すでに提携中のPLの潜在マイルもあり。

PLの中には核酸医薬品や抗がん剤用アルカリ化薬もあるんだぜ。

まだまだうさんくささはあるけど、ユニークなのが好みなんだよなあ。

 

 

今の時価総額は割安だと信じているし、そこそこ化ける要素もあると見ているので、ぎゅっと握りっぱなしにしておきます。

 

 

あ、ちなみに今日ひふみ投信の藤野社長の本を読んでたら、ホームページに社長が素敵な写真を載せてるかどうかがめちゃくちゃ大事と書いておられました。

写真の有無と株価にも一定の相関があるとのこと。

 

 

 

これは本当にそう思いますよ。

3Dマトちゃんとか絶対載せないもんね。写真どころかあいさつ文すら載せないもんね。何回要望しても載せないんだもん。パイプラインすら載せないって、株買ってもらう気あるんですかと。

 

ステムリムの岡島社長もメディシノバ時代に、日本では個人株主数と時価総額は相関しているので、アメリカと日本ではホームページの内容を変えていると話してました。

バイオにとってお金はタイヤの一つ。分かってる会社はちゃんとやってるんだよなあ。

 

ちなみにデルタフライはホームページを開いた瞬間にこんな素敵な写真を載せているので、5000%条件クリアです。

出典:デルタフライホームページ

 

ああ素敵な写真だ。うっとりしちゃうよ。

 

GNI

……いやあすいません。

買う気なかったんですよ、サンバイオでやられてるし、ほんとなかったんですよ。

それなのに、大納会で大きく落ちちゃったもんで、買っちゃったんですよねえ。

 

会社が目標としていた「年末」に間に合わないことの失敗リスク回避売りだと捉えたんですが、個人的には第三者機関の解析待ちだからそこの期ズレはあんまり関係ないかなあと。


最終的には↑の流れから言って、成功の確率のほうが高いと判断し、少しだけ買いました。

F351だけだとあれだけど、子会社上場ネタもあるので。

サンバイオ被弾したぼくがつまんでいることから、2つともポシャるかもしれません。

 

まとめ

・2019年もお世話になりました。

来年もぼちぼちやっていきたいです。

ブログはじめてもう4年か……。時の流れは早いもんだ。

今は中断されていますが、同じころにブログをはじめられた方というと、ラクオリアのオラジさんブログとか、GNIのchamaさんブログを思い出します。大いに勉強させていただきました。

GNIもラクオリアも当時と今の株価を比べると大きく上がっています。

一方、マトちゃんは大いに下がっています。

ぼくの実力なんてこんなもんです。

来年こそは3Dの株価が1万円を超えてほしいと思います。

本ブログは特定の銘柄の売りも買いも推奨するものではありませんし、記載内容は100%事実とも限りません。投資判断の参考にしないよう、よろしくお願いします。

関連記事

シェアしてくれたら泣いて喜びます。

忙しい人は本を聴け!

ながら聴きが快適!

本は読む時代から聴く時代へ!

耳から聴くことで時短にも繋がります。

決して老眼が入ってきたわけじゃないぞ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください