サンバイオ[4592]の細胞再生薬の治験が成功すれば株価は大化けするぞ!

こんにちは。

どうもワタクシです。

 

暑い日が続いております。

寒がりな私にとっては暑いほうが良いわけですが、それでも暑すぎるともともと少ない意欲がさらにそがれてしまうわけで。

 

さて株の話です。

今日はこれまで治療法がなかった脳梗塞とか脳出血といった脳卒中に劇的に効くかも!っていう夢のお薬を開発しているサンバイオをど素人のワタクシが紹介するぞ!

再生細胞薬「SB623」とは!?

これまで一度傷ついてしまった中枢神経は他の臓器のように再生しないと言われてきました。

事故なんかでまず脳とか脊髄に損傷がないか!と検査をされるのはこのためですね。

 

ところがバイオベンチャーのサンバイオが開発している再生細胞薬「SB623」は健康な人の骨髄から採取した間葉系幹細胞を加工・培養したもので、これを損傷部分に投与することで神経の再生を促進し、脳卒中により引き起こされた運動障害などを改善する効果が期待されているのです。

 

「SB623」はアメリカで18名の脳梗塞患者を対象にした小規模な初期の臨床試験(フェーズⅠ/Ⅱa臨床試験)を終えています。

 

18名という少人数の試験ではありますが、その結果は大変夢のあるものでした。

 

ほぼ全員の運動機能が有意に改善し、目立った副作用もなし。

人によっては動かなかった患者の腕が肩まで上がるようになったり、歩けなかった患者が自ら歩行できるようになったり……。

 

これまでリハビリをしても改善の見られなかった運動機能が、「SB623」を投与することで劇的に改善したのです。

 

まさに夢の薬といってよいでしょう!!

 

なぜSB623は脳を再生するのか?

これが実はよくわかっていません……。

会社が立てている仮説としては下記のようなもの↓

 

・SB623は体内に残らずに、時間をかけて死滅していく

・SB623は死滅するときにFGF2という物質を大量に放出する

・このFGF2が神経細胞の成長再生を促しているのではないか?

 

というものです。

 

これはあくまでも会社側の仮説であり、詳しいメカニズムは明らかになっていません。

ただ、このFGF2が神経細胞を増殖させる事実はおそらく間違いないでしょう。

なぜならFGF2の濃度が上がると、細胞の増殖を示すBRDU Incorporationの数値もグイーンと上がっていくことが判ったからです。

 

さらに注目すべきは、このFGF2が再生するのは脳細胞だけではありません。

損傷した血管の再生も担っているのです。

これはどういうことかというと、脳細胞の再生効果が持続するということです。

血管が損傷したままなら、再び脳細胞は死滅していきます。

ところが、血管も再生されればその効果は持続するわけ。

今のところこうした仕組みで、SB623は中枢神経系再生を促すと考えられています。

脳卒中の治療法がないので「SB623」が上市すれば独占状態に!

現在、「SB623」は次の臨床試験に移っています。

慢性脳梗塞患者156人を対象に、本当に有効性があるのか!ちゃんと安全なのか!を試験している真っ最中。

 

さらに外傷性の脳損傷を対象にした臨床試験もアメリカと日本で実施する準備中となっています。

*現在、治験が始まり、患者さんの組み入れが始まっております。

 

もしも最初の臨床試験で得られたような効果が、この大規模な臨床試験でも実証されたら……。

これまで治療法がなかった障害の解決方法として「SB623」は大注目されるでしょうし、独占状態となることは容易に想像できます。

将来的にはアキュセラさんが失敗した加齢黄斑変性への用途拡大なども視野にれており、(仮に)うまくいけばとんでもなく大化けするでしょう。

 

ただ逆に言えば「SB623」の臨床試験が思うような結果が出なかったら。

 

大黒柱が発泡スチロールだったって話なので、会社のビジネスモデル自体がぶっ壊れちゃいます。

 

うーん、ザ・バイオ株!

スポンサーリンク

流れはサンバイオにきてるぞ!!

日本は再生医療にめっちゃくちゃ力を入れています。

 

早期承認制度はまさにそれ。

 

この制度は簡単に言うと、なんとこれまでフェイズ3までクリアしないといけなかった臨床試験がフェイズ2終了時点で効果が実証されたら販売してもええで!っていう制度なのです。

 

また「SB623」は複数の国又は地域で同時に実施する治験、いわゆる「国際共同治験」の形で日本ではいきなりフェイズ2(安全性と有効性を検証する臨床試験)から実施します。

 

 

つまり一撃の治験で上市できちゃうかもっていうお薬の世界では圧倒的なスピード感ある展開も!

 

結果が出るのは数年先ですが、うまくいけばそっから加速度的な急成長を遂げていくと思われます。

アメリカの脳卒中患者は660万人。

そしてこれからも急速に増加していくことが見込まれています。

 

バイオ銘柄に精通しているいちよしの山崎さんもピーク時売上額が1兆1000億に上り、サンバイオにもロイヤルティやマイルストーンで計3000億程度入ってくるのではと試算しています。

現在でも時価総額的にはバイオでも高いほうですが、最初の臨床試験の結果を見るとまだまだ割安感を感じるバイオ株と言えるでしょう。

 

ただ問題は臨床試験に思わぬ時間がかかっているということ。

というのも、通常の飲み薬の治験と異なり、投与する医療機関と観察する医療機関は一緒なんですが、SB623の場合はプラセボの影響を排除するために、これら二つの医療機関が別々にされています。

この複雑性から患者の組み入れにも時間がかかっており、治験終了の時期が非常に不透明。

おそらく会社側としても見定めきれていないのでは、と思います。

 

ただ、治験を担当している大日本住友製薬も「今後状況が急激に改善する可能性もある」としており、ぜひともそうなることを期待するばかりです。

 

まとめ

実に夢のある会社ですが、実際にサンバイオは大手製薬企業からも高く評価されています。

北米では大日本住友製薬と提携。

 

さらに他の多くの研究機関と連携しています。

日本でも開発・販売権を帝人にライセンスアウト。

 

早期にライセンスアウトしてコストを抑えながらも、ロイヤルティは10%代後半想定されており、他のバイオベンチャーでよくある数%とかと比べてめちゃくちゃ高い!

 

まさに「SB623」の評価が高いことの証左と言えるでしょう。

 

とはいえ蓋を開けてみるまで分からないのが臨床試験。

 

これが失敗しちゃったらアキュセラショックの再来となるであろうことは十分留意しておく必要があると思います。

 

ただ最初の臨床試験の結果を見ると個人的にはアキュセラよりも圧倒的に成功確率は高いと思うのですが……。

 

株価も千円台半ばを切ってくると買いやすいんですけどね。

 

最後にワタクシはどう素人ですので、また誤りがなどがあればご指摘をいただければ泣いて喜びます。

それでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました_(._.)_

【追記】国際共同治験の進捗ですが、患者の組み入れに時間がかかっているようです。

サンバイオのSB623の治験進捗に遅れ?難航している理由を考える!

2016.12.23

【さらに追記】一方、国内のTBI用途の治験については順調に進捗か?

サンバイオのSB623の国内承認(TBI用途)は早ければ2020年か?

2017.07.02

関連記事

シェアしてくれたら泣いて喜びます。


自作小説販売を始めたぞ!

出版社の新人賞で最終選考まで残ったけど、結局落ちちゃった小説をkindleで発売してみたぞ!

値段は吉野家の牛丼に合わせて380円!

大特価だ!!


12 件のコメント

  • 私は脳内出血になってから7ヶ月です、毎日サンバイオ関連の記事を見ています。臨床試験募集など情報があったら教えて下さい。お願いします。

    • コメントありがとうございます。
      サンバイオでは現在、SB623の患者さんの治験組み入れを行っているところですが、国内で募集している治験は外傷性脳損傷を用途としています。
      http://sb.vob.jp/

      脳梗塞用途では残念ながら日本においてはいまだ臨床開発に至っていません。
      帝人がどのタイミングで治験を行うかですね。
      米国のフェイズ2bの結果を見てからかもしれません。

      脳梗塞用途での国内治験が開始された場合はこのブログでも紹介したいと思います。
      ご自愛をお祈りしております。

  • 今年1月で90歳になる母と70歳の兄が脳梗塞でくるしんでいます。臨床試験は75歳までですよね。早く薬ができて母にも治療させたいと思っています。

    • コメントありがとうございます。
      SB623の脳梗塞用途での国内治験はまだ実施の発表もなされていない状況です。
      年齢はどうなるんですかね。
      もしかしたら成功確率を高めるために、まずは再生力が高い年齢までに絞ってくる可能性もあるかもしれません。
      いずれにせよ治験を担当する帝人の動きに注目したいところです。
      脳梗塞に関してはSB623に関わらず、早く治療薬が出てきてほしいと思います。

  • 脳出血で左方麻痺となり苦しんでいますん是非とも治験受けたいです。早急に全国的に実施していただけることを希望しています。よろしくお願いします。

  • 右片麻痺が残っております。49歳でなってしまいました。ようやく半年ですがまだまだ先は長いかと思いますが一日でも早くこの世に
    でてきてくれること願ってます。

  • 87歳になる父親ですか、脳梗塞で介護5
    で、自分で食べることができず、流動食で苦労していて、自分でたちあがることができず、施設にいくしかないといわれています、バイオの治験をぜひ受けさせたい希望していますが、あとどのくらいで開始になるでしょうか。

    • こんどうさま
      脳梗塞用途での日本での治験開始は全く未定の状況です。
      導出先の帝人の判断になろうかと思います。

      • はじめまして、クローズアップ現代を見てサンバイオに興味をもちました。
        yukiyukiさんのブログはバイオについて、わかりやすく説明してくれていて、とても参考になります。
        質問ですが、治験の開始はサンバイオの都合ではなく帝人の判断となるのでしょうか?帝人の判断で遅れているのでしょうか?
        バイオは難しくて、仕組みがわからないのですが、もし宜しければお願いします。

        • 田中さま
          コメントありがとうございます!
          サンバイオのSB623の治験は用途や地域によって実施者が異なっています。

          アメリカ・カナダでの慢性期脳梗塞の患者を対象とした治験は大日本住友製薬が、
          日本での慢性期脳梗塞の患者を対象とした治験は帝人が、
          日本とアメリカでの外傷性脳損傷を対象とした治験はサンバイオ自らが。

          ↑こんな感じです。
          お薬はそれぞれの国で、また用途に応じて治験をしなくてはならず、全部自社でやるにはお金がかかりすぎちゃいます。
          ですので、サンバイオは一部の国・用途における開発の権利を大日本住友製薬や帝人に売っているのです。

          アメリカの慢性期脳梗塞の治験については↓のような理由で治験が遅れていると考えられます。
          https://yukiyuki13.net/2016/12/23/sanbio/

          日本での慢性期脳梗塞の治験については帝人が担当していますが、いまだ開始されていません。
          なぜ帝人が治験を始めないのかは分かりませんが、やはり画期的な薬のためにどのような方法で治験を行うのか、計画に時間がかかっているのだと思います。
          もしかしたらアメリカでの治験結果を見定めたいという思惑もあるのかもしれません。

          外傷性脳損傷に関しては、国際共同治験の形で昨年9月に始まりました。
          この治験はサンバイオが自ら行っています。
          今のところどういう状況で進んでいるのかは不明です。

          現状はこんなところです。
          一日も早く治験で良い結果が出て、上市してほしいですね!

          • yukiyuki様
            詳しく説明して頂きありがとうございます。治験実施も全てサンバイオが行っていると思ってました。資金だけだしてくれているのかと。
            試験も難しそうですし、簡単に始められないのでしょうか。
            承認されるのは先のようですし、いろいろ調べたいと思います。
            再生医療は国策(おおげさですね)位に思ってますので、タイミングをみて投資したいと思います。社長のメディアでの説明を見てわかったつもりでしたが、専門用語も多くて、つい甘えてしまいました。
            ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください