アイツの28年4月期決算発表の感想!

こんにちは。

どうもワタクシです。

あー最近はさえませんね。

株価もさえないんですけど、生活がそもそもさえないという。

 

そんな冴えない生活の中、全く期待していなかった3Dの決算が発表されました。

今日はこの決算についてみていくぞ!

 

止血材のアメリカ・日本での治験はどっちとも遅延!

特にサプライズはなかったですね。

悲しいくらいに予想通りです。

 

やはり、というかもう決まってましたけどPurastatの治験はまたも遅れました

日本もアメリカも。

 

株価はたぶん下がるでしょうが、発表がなかった時点で治験が遅れてるんだなあってのは予想できましたからね。

自分の中では織り込み済みっす……。

 

ヨーロッパの販売代理店についても進捗なし。

今期(29年4月期ね)も厳しそうですね。

保守的に見て来期の計画に入れた、って書いてあるんでサプライズで今期(29年4月期ね)もあるかもしれないぞ!

 

 

 

 

……マトちゃんのことだから天文学的な確率だろうだけど。

はいはい次々。

 

なんとか販売実績を上げてもらって来期には契約が結ばれることを祈る……(ほんといつまで言い続けるんだろうか)

 

 

 

粘膜隆起材も以前、このブログで開発中止もあり得るんじゃないかと書きましたけど、まさにそんな流れですねー。

中期経営計画からも外してきました。

たぶんもうダメでしょう。

これも予想通りです。

 

 

 

創傷治癒材も単材での販売について今回は記載もなし!

これももうなかったことになったのか……。

まあ付加価値高めるにしてもそろそろ進展聞きたいっすね

510kとってから結構時間もたってるし。

*と、思ったら17日公表された決算説明資料には出ていましたね。

多分単材だと値段が高すぎてニーズと見合わずに売れないだろうけど、でも今の3Dさんはちっちゃなことからコツコツとって段階なので期待したいっす。

 

 

歯槽骨再建材は治験中なんでこれは見守るしかなし!

なんとか成功してほしいぞ!

ただどこまでの市場性があるのか今いちピンとこないなあ。

再建までどれくらいの期間が必要で、どれくらいの人に効果があるのか。

まあ治験の結果を見るしかないですね。

 

 

そしてDDS。

なんかホルダーの期待はこれしかなくなってきてる気が……。

ただこれもフェイズ1だしなー。

先は長い。

長すぎる。

悪いことばっかり言ってもしょうがないんで良いことも!

止血材が4Qだけで5,000万の売上があったことは喜んどくべきか。

 

まあ全然少ないんだけど、順調に伸びてるってことろだけは評価できます。

あ、でも初期ロット分も入ってるからかな。

 

4Qからは我らがマッケさんもオーストラリアで製品を売ってくれてますねー。

これからもよろしくお願い申し上げます_(._.)_。

 

 

でもそれくらいだよなー。

 

 

まあ今後の中期経営計画を保守的にしてきたことは個人的によかったです。

明らかに数字合わせの黒字目標とかうんざりしてたんで。

高村さんはそういう意味ではあんまり信用できなかったけど、岡田さんは誠実な人であってほしい。

【追記】「保守的な中計」ですが、1期目から大きく未達でした……。それでも相変わらず製品ポテンシャルはかわっていない!……そうな。

3D-MATRIXが決算&中期経営計画を発表したぞ!【2017年4月期】

2017.06.15

 

代理店からの1施設当たりの売り上げをヒアリングし、その施設数を積み上げて算出したって目標もまあ無理のない数字(29年4月期は……)だと思われます。

 

問題は30年4月期の黒字、31年4月期の大幅黒字転換が本当に達成されるか!

 

 

もう信用できない分、達成されちゃったら泣いちゃうだろなー。

 

末永くお付き合いいたすしかございません。。。

地合いも悪いし短期的な株価はもう興味ありませぬ。

 

今後の展開は!

29年4月期はもう始まっております。

当期の最大のイベントとしては日本アメリカの治験プロトコルがいつ決まるのかってところ!

 

もうこれしかない。

とくにアメリカが時間がかかりまくってますねえ。

 

個人的には最後?の希望がアメリカなんで、なんのせ早く決まってほしい。。。

あとは止血材の欧州アジア南米での売上がどこまで伸ばせるかってとこですね。

 

目標は5億ですがまあこれを最低線として少しでも積み上げてくだされ!

この数字が伸びてこないと欧州の販売パートナーも決まんない、もしくは契約一時金が超安くされるってことになるかと。

 

 

3Dマトちゃんは30年4月期の止血材の契約一時金とマイルストーンを見ると26億と計画しています。

 

おそらくこの内、止血材の欧州パートナーとの契約金は20億程度と想定しているのでしょう

そうすると会社としては金額的にはまだ従来通りの計画を変えていないことになります。

 

でも正直去年の契約遅延が明らかになる前からもう20億なんて絶対無理だろうなあと思ってました。

10億くらいで契約できれば……大成功ってとこだなあって。

 

だって止血材全然売れてなかったんだもん。

 

ようやく販売額は伸びて消えているとはいえ、まだまだ緩やかな伸び。

 

今期予想5億かあ。

 

どうかな。

てか個人的には結構近い線かなあって気がする。

 

でもやっぱり5億じゃな、物足りない。

逆に言えば5億もいかなければ、ちょっと止血材は今後もう厳しいかもしれませんね。

 

 

 

いずれにしても代理店での販売実績を積み上げていくしかないんで、この5億を基準として売上がどうなるか、注目していきたいです。

1Qで1億近く売れないかなあ。

 

まとめ

というわけでこれっぽっちのサプライズもない決算でした。

なもんで、まあこれからも頑張ってね、くらいしか言えないという……。

 

とりあえず最新情報がまた出たらブログ書きます。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました_(._.)

関連記事

シェアしてくれたら泣いて喜びます。


自作小説販売を始めたぞ!

出版社の新人賞で最終選考まで残ったけど、結局落ちちゃった小説をkindleで発売してみたぞ!

値段は吉野家の牛丼に合わせて380円!

大特価だ!!


3 件のコメント

  • いつも丁寧な解説ありがとうございます。
    メドレックス、3Dマトリックスのホルダーです。3Dマトリックスは上場年以来のホルダーです。正確には2013年証券優遇税制が終わりの年に売って買い直していますが。一時はバイオブームに乗って株価も高騰してたのですが、いまやこのありさまです。治験遅れにはいろいろ納得がいかない事がありますね。血液製剤にはいろいろ思惑あるいは闇があるんでしょうかね?!
    今のところ持ち続けるつもりです。

    • コメントありがとうございます!!
      3Dの株価はだいぶん下がっちゃいましたねー。
      ほんと一時はすごかったんですが。。

      治験については、他の薬と同じように客観的な「効果」の検証が難しいので、その協議が続いているんだろうと思っています。
      ただアメリカがいくらなんでも時間がかかりすぎだろって感じなんで不安になりますね。

      一方、メドレックスはこの地合いの中、すごいです!
      「アルツハイマー」にはやっぱり株価は反応するんだなーと思いました。

  • 返信ありがとうございます。
    メドレックスはDDS期待だと思いますが、地味なせいか株価も安過ぎると思ってます。結局は承認次第でしょうが。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください