どうやら自分はコミュ障だと気づいてしまった高校生は勉強してなんとしてでも理系に行くべきだ!

こんにちは。

どうもワタクシです。

自他ともに認めるコミュ障のワタクシですが、仕事は7割営業、3割事務みたいな仕事をしております。

 

これが辛いったらありゃしない。

 

ああ、○○年まえからやり直したい……。

 

そう思ったことが何度あることか。

てなわけで今日はワタクシみたいな後悔をしたくないなら、コミュ障はとりあえず勉強がんばっとけよ!日記です。

 

文系って選べる仕事の幅が狭すぎて泣きたくなってくるぞ!

ワタクシもですね、本当はコミュ障なもんで事務専属になって経理みたいことをセコセコやりたいんですが、小さい会社ですとそういうわけにもいかず。

 

そもそも文系って転職しようにもマジで営業しかないんですよね。

あとは小売とか。

 

やべー理系行って開発職とかそっちに行ってりゃ良かった!(そんな頭があるかはともかく……)なんて思っても後の祭り。

 

ワタクシもなんとか資格でも取って人生挽回してやるぞ!って診断士の資格を取ったはいいが、診断士なんざコミュ力がないと活かしきれない資格でして。

*とっても良い資格だと心から思っているけどね。

 

 

てか基本文系の資格って全部そうですよね。弁護士にしても税理士にしても社労士にしても半端ないコミュ力が要求されちゃう。

 

いやマジで。

 

文系資格はどれも飽和状態だしさ、営業もいるぞ。

 

資格さえとりゃ食っていけるなんてどこのお花畑の世界だってレベルになってきております。

 

だからコミュ障の場合はなんとしてでも理系に行くべきなのだ!

文系の就職先って極端に限られちゃいます。

そして基本コミュ力が最重要視される仕事じゃないか?

 

ワタクシも働き出してからそのことに気付き、ああこんなことなら学生時代にもっと勉強しておけばよかった……ちゃんと将来を考えて進路選択をするべきだった……って車の中で泣いたこと数知れず。

 

3年間の楽チンさと40年間の苦痛のどっちを選ぶのだ!

よろしいか!たった3年だ!

社会に出れば40年以上働かないといけないけど、高校はたった3年だぞ!

 

絶対に勉強しておくべきだ。

 

なんとかなるやろーってのほほんとしてるキミ!

 

なんともなんないから!

 

もちろんですね、社会でもまれることによって性格が変わってバリバリやってく人もおられますよ。

 

けどさ、そうじゃない人もたくさんいるわけで。

 

だって性格を変えるのってものすごく大変なことですよ。努力で何とかなるもんじゃないしね。

 

その点、勉強は何とかなる!

ワタクシのような低偏差値お馬鹿野郎でも毎日3時間勉強してそこそこ難しい診断士に受かったんだぞ!

 

だから自信を持て!

 

そしてなにがなんでも理系に進むのだ!

 

理系の方が圧倒的に仕事の幅は広がるんだ!これは自明の理。

 

理系に行った後に文系の仕事がしたくなったならそうすれば良い!

全然できる!ってか歓迎される!

理系の人が文系の仕事をするってのは簡単なのだ。

 

そして勉強だって独学でしようと思えばできるんですよ。文系の場合はね。

 

だけどさ、文系人間が社会に出てからやっぱり理系に進んどきゃよかったー!!!と思ってももう遅い!

どうしようもない!

a5f7cfd377a5a7c3542c5e65cac43153_s

文系が理系の職に就きたい!って思ってももう無理なんだからな!

例えば高給取りの薬剤師さん。

 

薬の調合するくらいなコミュ障のワタクシでもできそうだぞ!(浅はかですいません……)ってことを思い立ち、すかさずネットで調べたさ。

通信教育でなれるもんなら石にかじりついてでもなってやるぞと思ってね。

 

それでもなれないんですよ。

薬剤師は6年間大学に行かないとなれないし。

 

文系の資格なら極端なこと言えば、本屋で参考書買って自分一人の努力でなれないことはない。

 

だけど薬剤師ってそもそも大学出てないと試験を受ける資格すら与えられないのです。

まあ当たり前だけどね。

 

薬剤師は一例ですけど、でもやっぱり理系ってのは実験とかあるので。本だけで勉強することってもう無理。

 

社会に出てからじゃ遅いのです。 

繰り返しになりますが、逆パターンはわんさかあるけど。

 

それなら最初から可能性のある理系に進んだほうが絶対良いぞ!

 

コミュ障の人間はできるだけ仕事の選択肢を広げとくべき。

 

3年間の辛抱だ!

 

もう一度言う!

 

仕事は40年以上続くんだぞ!

 

なんとなく文系に進もうとしているコミュ障人間よ!

 

本当にそれでよいのか5分だけ考えてみよう。

 

40年、営業に耐えられるか!?

 

 

事務になるからええわーって人!

事務なんてなかなか大卒の男は取ってもらえないのが現実だからね……。

まとめ

社会とは厳しいものであり、この厳しさってのはおそらく年々増していきます。

もう仕事が楽になるってことは考えないほうがいい。

人口が減って市場のパイが減ってくんだから企業の経営も厳しくなるにきまってるぜ(全体で見ればね)。

会社はもっと働け―生産性あげろー!ってプレッシャーをかけてくることでしょう。

営業がメインのコミュ障たちはとんでもないストレスさんたちを抱えながら生きていくことになっちゃいます。

 

最後にもう一度!

40年間も!

 

 

だからこそ、学生時代を大切にしてくださいね。

ワタクシみたいにゲームばっかりして貴重な時間をフルスイングでドブに捨てないでね!

3年の努力で可能性は大きく広げることができるぞ。

 

コミュ障の自分はどんな仕事ならなんとかやっていけそうだろ……。

 

高校生の内から考えといたほうが良いと思われる!

あとから後悔しちゃうからね。。。

 

頑張れコミュ障の高校生!

それでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

シェアしてくれたら泣いて喜びます。


自作小説販売を始めたぞ!

出版社の新人賞で最終選考まで残ったけど、結局落ちちゃった小説をkindleで発売してみたぞ!

値段は吉野家の牛丼に合わせて380円!

大特価だ!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください