貯金の達人に安月給でもお金が貯まる秘訣をインタビューしてみた

いつもお世話になっております!

最近めちゃくちゃ忙しいどうもぼくです。

このブログもずっと放置しています。

貧乏暇なし状態です。

というわけで。

忙しいのであんまり小難しい話もめんどうくさいのです。

今日はサクッと行きます。

ぼくはお金が大好きなんですがちっとも儲かっていません。

投資の根本的にセンスがないのだと思われます。

そんな折、ぼくの後輩が20代で1,000万円もの貯金をしているという情報を訊きつけました。

ぼくの会社はスーパー給料が安いため、衝撃度はとても大きいです。

さっそく呼び出してお金を貯める秘訣を訊いてみました。

ただそれだけのブログです。

(ぼく)
今日は安月給なのに20代で1,000万円の貯金をした水さんにきていただきました。その秘訣を訊いていきたいと思います
(みずさん)
水でーす。現在29歳です。安月給の会社員してます。よろしくお願いいたします
(ぼく)
確認なんですが、この1,000万円っていうのは宝くじ当てたとか、仮想通貨で儲かったとかじゃなく、純粋に毎月の給料から貯めていったってことですか
(みずさん)
そうですね。投資は半年前にはじめたばかりなんで、給料のみです
(ぼく)
半年前って言ったら、なんならおもいっきりコロナショックも食らってますよね。むしろ損しているっていう。安月給ってことなんですが、そのときの初任給っていくらだったんですか
(みずさん)
額面で17万くらいでしたかね
(ぼく)
めちゃくちゃ安いですね。ボーナスは出るんですか
(みずさん)
ボーナスは出ます。それでも年間で4ヶ月くらいですけど
(ぼく)
そうすると、額面で300万全然いかないくらい。手取りで200万ちょいくらいですね。そこからチマチマ昇給していって、今7年目とか8年目とかで、年収はいくらなんですか
(みずさん)
額面350万くらいですね。手取りで250万くらいなのかな。コロナの影響があって、今後はさらに上がりにくくなると思います
(ぼく)
なるほどねえ。地方だとこれくらいの会社はゴロゴロしていますけど、東京でゴリゴリやってる人からするとビックリするくらい安く思われるでしょうね。んじゃあ水さんが正真正銘の安月給ド底辺男であることが分かったところで、どうやって7年で1,000万もためたのか、その秘訣を聞いていきましょう。お願いします!
(みずさん)
一言で言います。恥を捨てましょう!
(ぼく)
……具体的にいいですか
(みずさん)
お金をためるには収入を増やすか、経費を減らすかしかないじゃないですか。ただサラリーマンだとなかなか収入増やすってのは無理なんで、私はコストを減らすことを徹底しました。大きいのは家賃ですね。職場には実家から通えるんで、「子供部屋おじさん」と呼ばれようとも、何も気にせず実家で暮らし続けました。月に5万くらいは親に渡してましたけど、家賃とか飯代を考えれば安いもんです。低収入なのに家とか車に見栄はっちゃうと、いつまでたってもお金たまんないですから
(ぼく)
でも家に生活費入れてたんですね。それで1,000万はやっぱりすごいですよ。普通に100万くらいで車も買ってましたよね。では衣食住でいうところの、衣の部分、服はどうしてたんですか
(みずさん)
基本は親にたかりますよね。うちの場合、母さんが父さんのシャツとか靴とかパンツとかを楽天で買ってたんですよ。そのときに2個買ってもらってました
(ぼく)
買い物カゴが1個になってるところを、そこは流れで2個にしてもらってたってことですね。でもそれだとお父さんとお揃いになるじゃないですか。それも恥を捨てるってことなのか
(みずさん)
別に職場が同じなわけじゃないから、問題ないですよ。おんなじ服着て、似た顔したのが二人並んで歩いてたらおかしいですよ。でもそんなんじゃないから。恥でもなんでもないです
(ぼく)
対外的にはそうかもしれないけど、心情的には恥ずかしい気もしますが……。同じパンツを洗濯機に入れると、だれのものか分からなくなりませんか
(みずさん)
それ前提ですね。ごっちゃになること前提ですよ。洗ってるから
(ぼく)
なるほど。端から共有するつもりだと。全てもくろみ通り
(みずさん)
普段着にしても基本は母さんチョイスでしたね。お任せしてました。定期的に「セールだから買っとこうか?」って言われるんですよ。「じゃあお願い」みたいな。今はいてる革靴2,000円くらいですもん。もうそろそろ買い換えようかなあと思ってますけど
(ぼく)
2,000円なら結構ためらいなく買い替えられますよね。お母さんってスタイリストなの
(みずさん)
郵便局でパートしてます
(ぼく)
それって大丈夫なんですか。センス的に
(みずさん)
私自身、服、興味ないんですよね。たぶんダサいんだろうなあとは思いますけど
(ぼく)
思うんだ
(みずさん)
うん。でもそこは恥を捨てますね。友達も西野しかいないんで
(ぼく)
西野って誰なんですか
(みずさん)
中学の同級生なんですね、西野は。家が近くて、ちょこちょこ……
(ぼく)
まあ西野の話はいいですよ
(みずさん)
だから飲みにもいかないし。そもそも自分もセンスないんで問題ないです。これだけで確実にお金はたまりますよ
(ぼく)
勉強になるなあ。あとあれですよね。細かいところだけど、クーポンとかやたら好きですよね。なんだっけ。auのスマートパスかなんか入ってると、金曜日にマックでポテトかコーヒーの無料クーポンがもらえるんだよね。で、頻繁に行ってるじゃん。金曜日に
(みずさん)
もうなくなったんですけどね。去年までは毎週行ってました。なんせタダなんで
(ぼく)
「ポテトのS、クーポンで、以上です」ってやってるわけでしょ。あれがねえ、できないんですよぼくは。中学生くらいならいけましたよ。でも成人になったら、なんか一緒に買っちゃいますよ。悪いと思って
(みずさん)
だからそういう恥こそ捨てないと。マック的には販促の一環なのかもしれないけど、マックの店員なんてどうせバイトなんだから気にしてないですよ。お金のやり取りがない分、ありがたいと思われてるかもしれません
(ぼく)
単発ならいいけど毎週だと顔も覚えられるでしょ。毎週クーポンポテトだけおじさんってあだ名を付けられるリスクはありますよ
(みずさん)
くだらない話ですよ。ぼくは全く気になりませんね
(ぼく)
でもさ、すごいと思うのは、最近結婚したじゃないですか。この結婚の話はまた別日にしたいんですけど、とりあえず新婚さんですよね。で、金曜日には仕事帰りにマックで無料ポテト貰って、そんで家に帰ったらごはんが作ってあると。つまり奥さんが作ったおかずの横で、自分一人だけポテトも合わせ技で食べてるという光景なんですよ。せめて奥さんのも買ってってあげればどうですか
(みずさん)
奥さんは食が細いんですよ
(ぼく)
飲み物だけでもいいじゃないですか
(みずさん)
家にありますし
(ぼく)
それ飲めばいいかと
(みずさん)
それに必ず夕食時に食べるわけじゃないですよ。ストックしとくって方法もあるんで
(ぼく)
マックのポテトをストックしとくの
(みずさん)
ええ。冷凍ポテトってあるでしょ。マックのポテトはむしろ冷凍向きです。結構貯まるんで、ポテチとか一切買わなくていいんですよ
(ぼく)
ポテト貯金だ。略してポテ貯。なんか無料で伊右衛門当たるみたいなやつも、コンビ二行ってほんと伊右衛門だけもらって帰ってこられますもんね。コンビニとしては想定外のお客さんですよ
(みずさん)
そこも恥を捨てれば平気です。コンビニ高いでしょ。いっときの恥をまぎらわすために、いらない「からあげ君」を買っても意味なさすぎです。そんなコンビニの戦略に引っかかる方が恥ずかしいと思ってますからね
(ぼく)
買い物せずにトイレだけ借りれる人
(みずさん)
質問の意味が分からないくらい楽勝ですね
(ぼく)
禁止されてるわけじゃないですもんね
(みずさん)
はい。ありがとうございましたって礼儀だけしっかりしておけば問題ないです
(ぼく)
そこまで我慢してるってわけでもないですしね
(みずさん)
我慢なんて全然していないです。普通に趣味にはお金使ってますし、無駄なところ、無駄な「見栄」とか「恥」に対するコストを削ってるだけなので、満足度は高いです。仮に1億もらっても好きな風呂にめっちゃお金かけた家建てるくらいで、あとの生活レベルはそんな変わんないと思います
(ぼく)
趣味ってなんでしたっけ
(みずさん)
遠征です
(ぼく)
遠征って
(みずさん)
アイドルが大好きなんです。ひとりとか、あとは母さんと一緒に東京とか名古屋に行って、ライブに参加するんですよ。コロナでライブが開催されないのが一番のストレスですね
(ぼく)
アイドルのライブもお母さんと一緒に行くんですか
(みずさん)
そうですよ。母さんもアイドル好きなんで
(ぼく)
それは個人的にはかなり羞恥心レベルは高いですよ。想像しただけで顔が赤くなっちゃう
(みずさん)
お互い共通の趣味があって、お互い楽しめるんだからウィンウィンです。お金もちょっと多めに出してくれるし。それはアラサーの男が母親と一緒にアイドルライブに行くって普通はためらうのかもしれません。でもそこも結局のところ無意味な恥です。本人たちが良ければそれで良いんですよ
(ぼく)
水さんの哲学がよく分かりました。お金を貯めたかったら、単なる「恥ずかしいから」とか「見栄をはりたいから」っていうだけの動機でお金を使うのをやめるなさいよってことですね。格好を付けてブランド物を買うなとかってそんなありきたりの話じゃなくて、恥っていう概念ごと捨てろと
(みずさん)
間違いないですね。それだけでお金はザクザク貯まります
(ぼく)
うらやましい! 本当に今日はありがとうございました。お金を貯めたい人は「恥を捨てろ!」というのが貯金の達人のみずさんの結論ですね。また機会があれば、さらに具体的な節約方法についても教えてください
(みずさん)
はい、またいつでも

関連記事

シェアしてくれたら泣いて喜びます。

忙しい人は本を聴け!

ながら聴きが快適!

本は読む時代から聴く時代へ!

耳から聴くことで時短にも繋がります。

決して老眼が入ってきたわけじゃないぞ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください