名古屋グルメと言えばひつまぶし!あつた蓬莱軒に行ってきた。

いつもお世話になっております!

撮りためていた先日からの愛知出張の食レポ。

今回は名古屋名物のひつまぶしの紹介をするよ。

名古屋と言えばひつまぶしでしょ。

ういろうも味噌かつもきしめんもあるけど、ひとまぶしでしょ。

そんな気分になったので、ひつまぶしの名店「あつた蓬莱軒」さんに行ってきました。

あつた蓬莱軒神宮店さんの場所

あいも変わらず場所はよく分かりません。

とにかく熱田神宮の近くです。

 

目の前です。

 

駐車場も道を挟んで向かい側に完備されていました。

なんと誘導員さんもお二人いらっしゃいました。

さすがは有名店。

 

しかーし。

開店前の11時20分くらい(土曜日)に到着をしたので、駐車場にはスペースがある模様。

やったぞ!と思って車を駐めようとすると、誘導員さんから「窓を開けたまえ」の動作をされる。

下げた途端、恐ろしい一言が。

 

 

「今からだと1時間30分待ちくらいになるけど、大丈夫ですか?」

 

 

 

 

……な、なんだと、

 

 

今からだとってまだオープン前だぞ。

既に1時30分待ちってキミ、冗談はやめたまえよ。

と、笑いを浮かべようとしましたが、誘導員さんの顔はマジです。

 

 

完全になめていた。

これが全国にその名をとどろかせている「あつた蓬莱軒」さんの実力か。

 

しかし。

 

ここまで来て諦めるわけにはいかない。

覚悟を決めたぞ。

1時間30分待ってやる。

 

店舗外観

こちらがお店の外観です。

壁の真ん中に掛かっているのは家紋でしょうか。

威厳があるぞ。

お店の前には受付の方がいらっしゃいます。

 

名前を告げて予約をすると「13時くらいに来てくださいに様子を見に来てください」とのこと。

かしこまりました。

 

必ず13時に参ります。

 

 

 

……さてどうやって時間を潰そうか。

と思ったら、熱田神宮が目の前にあるじゃないか!!

これは県外客の強み。

 

熱田神宮を参拝して、フラフラした後にひつまぶしを食べればオールOKだ。

観光もできて、おいしい食事もできる。

自分がスバらしいツアーコンダクターになったような誇らしい気分になります。

 

 

スポンサーリンク

ユキユキさん、熱田神宮を参拝し、いざお店へ。

世界平和を祈願しておきました。

そんなこんなで1時30分後……。

 

お店に戻ってきました。

暴力追放ステッカーが貼ってあります。

ぼくも暴力は嫌いなので、「あつた蓬莱軒」さんとはトコトン気が合うなあと思いながら中へ。

 

「あ、すいません。予約したユキユキですけど」

店員さんに告げると、席に案内してくれました。

 

 

受付から1時30分後の13時、ようやく席に着く。

ようやく席に着いたぞ!

お茶とおしぼりを持ってきていただきました。

汗をたっぷり掻いたのでおしぼりはありがたいなあ。

と思って手に取ると、熱いおしぼりでした。

こちらは熱いおしぼりが主流なんでしょうか。

それとも時期の問題なのか。

 

 

ま、まあいいや。

あつた蓬莱軒さんのメニュー!

気を取り直してメニューをチェックしたぞ。

って言っても頼むのは決まってるけどね。

ひつまぶしは3,600円です。

念のため、他のページも見ていきます。

こちらは懐石料理。

いつか株が上がったらこんなところで豪遊したいな。

 

お魚もあるんだね。

野菜サラダの写真に目が行きます。

具材がゴロゴロ入っている。

いつか株が上がったら竜田揚げも食べたいね。

 

サイドメニュー的な感じのものも色々あるよ。

ふかひれ冷やし茶わん蒸しとか100パーおいしいよね。

1,600円かあ。

いつか株が上がったら食べたいね。

 

お持ち帰りもできるんだって。

はたしてお持ち帰りの場合は待たずにいただけるんでしょうか。

電話で予約してその時間に取りに行ったりするのかな。

地元の人がいらっしゃったら教えください。

 

卓上にはプリンのPOPもありました。

普通においしそう。

お持ち帰りだとちょっと高くなるんだね。

株が上がったらプリンも食べたいな。

 

ってことでフツーにぼくは「ひつまぶし」だけを注文しました。

ほとんどのお客さんはそんな感じでしたね。

当たり前か。

 

スポンサーリンク

ひつまぶしが到着!

席についてもお客さんがいっぱい。

注文してからも出てくるまでに時間が掛かるだろうなあ……と思っていたら12、3分くらいで出てきました

 

 

どーん!!!!!

あつた蓬莱軒さんのひつまぶしだ!

 

しゃもじをどかしたら、その部分にうなぎがなかったらコントだよね。

だけどもちろんそんな心配はご無用だよ。

ほら、ぎっしり。

下に敷かれているごはんが見えないほど、うなぎさんがギッチリ。

蓋を開けるとこうばしい炭火の香りが鼻を擽ってきます。

たっぷり熱田神宮を歩いたし、1時間30分以上待ったこともあってお腹はペコペコ。

匂いだけで腸がぎゅるぎゅると鳴りだします。

 

他には、これが薬味。

いっぱい入ってます。

 

お漬物。

奈良漬大好き。

 

さらにお吸い物。

良い香りがします。

もうたまらん。

さっそくいただくか。

 

いざ実食!

ひとまぶし初心者のために、食べ方も書いてあるよ。

ぼくもこの通りに食べることにします。

一膳目はそのまま食べるのか。

 

こんな感じで4分の1にして……。

お茶碗に入れます。

上手でしょ。

 

んじゃいただきまーす!!

 

 

 

 

 

……なんつう美味さだ。

 

 

炭火で焼かれたうなぎは、皮はパリパリで身はふっくら。

創業以来継ぎ足して使われているというタレはやや甘辛く、ちょうど良い量がごはんにも絡んでいます。

うなぎの煙でごはんが食べられるってほんとだね。

 

口の中に入れると、炭火の香りとうなぎの脂が舌に溶けていきます。

飲み込んじゃうのがもったいない。

ゆっくりと目を閉じて、舌に感覚を集中させて噛み噛みしました。

 

 

次は薬味を載せていただきます。

ネギと海苔をたっぷり載せました。

ネギの辛みと海苔の風味がまたうなぎによく合う!

……ただちょっと入れ過ぎたかもしんない。

特にネギ。

結構、香りが強いのでややうなぎの味を消しちゃった。

薬味は多めに出てきますが、少しずつ入れることをおススメします。

 

そしてお茶漬けバージョン。

おう。

これまた味が変わる。

お出汁自体はアッサリしていますので、サラサラと食べられちゃいます。

毎日飲んだ後にこんなの食べたいぜ。

株が暴騰してアラブのキング並みに金持ちになったらそんな生活を送ろう。

味わって食べなきゃと思うんですが、どれもおいしすぎて気づけば早ラスト1分の4に……。

 

 

迷った挙句、ぼくは何も載せずに食べました。

うん。

個人的にはやっぱりそのままが一番好きかもしれません。

お茶漬けも良いんだけど、炭火の香りとパリパリ感が消えちゃうのがな。

そのままが一番うなぎのおいしさをダイレクトに味わえました。

 

ごちそうさまでした!!!

 

熱田神宮に観光に行くなら、あつた蓬莱軒さんもセットだと思います!!

こんなお店が近くにある愛知県民は羨ましいぜ!

自分の境遇に感謝しろよ!

お店の個人的感想
うまい以外に言葉いりますか?
値段 庶民には高いに決まってんだろ!
お腹がいっぱいになれます!
特徴 炭火の香りが最高です
その他 最初に受付をしておいて、熱田神宮に観光に行くと良いよ

あつた蓬莱軒神宮店の営業時間・定休日など

店名 あつた蓬莱軒神宮店
電話 052-682-5598
住所 名古屋市熱田区神宮2-10-26
営業時間 11:30~14:30 昼
16:30~20:30 夜 通し営業の場合もあるそうですよ
定休日 火曜日・第2・第4月曜日
駐車場 ありますよ

*情報は当時のものです。変更される可能性があります。

関連記事

シェアしてくれたら泣いて喜びます。


自作小説販売を始めたぞ!

出版社の新人賞で最終選考まで残ったけど、結局落ちちゃった小説をkindleで発売してみたぞ!

値段は吉野家の牛丼に合わせて380円!

大特価だ!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください