3Dマトリックス(7777)のIRに電話で決算について質問をしてみたぞ!

いつもお世話になっております!

昨日、愛する3Dマトリックスが30年4月期の1Q決算を発表しました!

賛否両論あるようですが、コミュ障のワタクシが君たちのためにIRに問い合わせをしてあげたぞ!

……あんまり参考になることはないけど。

 

*間違いがないように録音をしておきましたが、聞き間違い言い間違いもありますので、気になる方が自分で問い合わせるように!

3DマトリックスさんのIRに電話をしてみた!

初めて問い合わせた時に比べると緊張も大分小さいワタクシ。

人間の馴れってバカにしたもんじゃないな。

仕事の合間を縫って電話をしました。

(僕)
すいません……昨日発表された決算についてお伺いしたいんですが
(電話に出た人)
はい、会社名とお名前をよろしいでしょうか
(僕)
あ、個人株主なんですけど
(電話に出た人)
株主様ですね。では担当にお繋ぎいたします

↑そうだぞ。株主様だ。貴重なお金を注ぎ込んでいる株主様だもんね。えっへん。

スポンサーリンク

(IRさん)
お待たせしましたIR受付でございます

↑結構待ちました。問い合わせの数が多いのかな。

(僕)
あ、すいません。昨日の決算について教えていただきたいんですが。前回の中計で、マッケから既に3,600万円分のオーダーを受注しているという記載があったと思うんですが、今回のアジアでの売上実績3,700万円の中に、この3,600万円は全額入ってるんでしょうか?
(IRさん)
……えっと、ちょっとこのままお待ちいただけますか

↑経理に確認するのかな。

全然待ちます。ワタクシの時間的価値って虫レベルだから。

でもこれって良い質問じゃないですか。

 

6月14日発表の中計で

現時点でオーストラリアではマッケ社より既に約36百万円分のオーダーを受注(第1四半期と第2四半期に納品)

という記載がありました。

 

商品は相手に引き渡した時(納品時)に売り上げを立てるのが原則で、だけど所有権移転のタイミングってなかなか判断が難しく、会社によってマチマチなのが現実という認識です。

むしろ出荷基準(出荷したときに売上に立てる)を採用している会社が多い。

売上を出荷時に立てているのか、納品時に立てているのか。

ナイスインタビュアーになった気分でウエイトします。

 

……と、思ったらまさかの3分待ち!!!!

 

おいしいカップラーメンが出来上がるぞ!

 

(IRさん)
もしもし、すいません、大変お待たせいたしまして申し訳ございません。上の者に確認を取ったんですが、前回発表した数値も含まれております

↑お、やっぱりそうか。

1Q時に出荷(売上計上)→2Qに納品って感じですね。

逆に言えば、アジアは37,691千円-36,000千円(オーストラリア分)=1,691千円(オーストラリア以外)ってことで、香港とかインドネシアは近所の八百屋さんの売上よりも小さいってことです。

 

というわけでオーストラリア頼みの実態が分かりました。

いよいよ2Q以降が怖いですね。

3,600万円分が順調にさばけて3Q以降を見越した追加発注があればいいですが、「在庫だけで当分間に合うわ」ってなれば売上ゼロになります。

おーこえー。

【追記】もちろん2Q納品予定だったのが、予想外に売れてるから1Q中に早く持ってこーいってなった可能性もなくもない(中計策定時には1Q・2Qで計3,600万分納品する予定だったけど、1Qに急遽全部納品→会社は納品基準を採用していて1Qに全額売上計上になった。それならまぁ悪い話じゃないですね。でも……日本の会計基準を採用している会社は出荷基準のところが多い認識。そしてオーストラリア以外全然売れてないことには変わりない……。)。

 

(僕)
分かりました。ありがとうございます。すいません。あと、癒着防止材についてFDAと協議を開始したっていうことなんですが、これって後出血予防材のようにpurastatの適応拡大じゃなくて、専用製品の開発という認識で間違ってないですか?
(IRさん)
……(しばし無言)。ごめんなさい、ちょっとその件につきまして、担当しているものがちょっと不在なんですが

↑そっか。。そんな難しい質問でもないと思うんだけど仕方ない。

この後に、「オーストラリアではpurastatを癒着防止材「的」に使っていますが、CEマークの適応地域は日本で一度申請した消化器外科、心臓血管外科、消化器内科の3領域以外の分野でも使用できるんですか?」って訊こうと思っていましたが、多分これも答えをもらえなそうなんでカットしました。

(僕)
そうですか。すいません、あと今回の決算でヨーロッパの売上が2,700万だったんですが、この間出された中計ですと、平均月間売上として1,200万、つまり3ヵ月だと3,600万ということをベースにした記載がありました。3,600万を最低線としていた予想が、実績としては2,700万になったことについて、何か理由は考えられますか
(IRさん)
理由についても、決算短信のヨーロッパの欄に書かれていることが全てでして、ちょっとそれ以上のことは他の方にもお答えしていないんですが

↑これはスパッと言われた。おんなじ問い合わせが多いんですかね。

(僕)
ヨーロッパの各国で、止血材って保険適用されてるんですかね?

↑されてると思ってるんだけど、一応確認。

ヨーロッパでは日本みたいに承認≒保険適用じゃないという認識です。

財政が厳しいので、承認された医薬品・医療機器でも保険適用されなかったりするケースが普通にあると思うんで。

(IRさん)
……そちらのほうも記載がされていると思うんですが……各国違うものですので……(長く続く無言)。ちょっとこちらも細かいことについては私ではお答えできないので、お待ちいただければちょっと確認取りますが……

↑マジか。待つに決まってるじゃん。

(僕)
よろしいですか、確認いただいても
(IRさん)
はい。これはヨーロッパだけでよろしいんでしょうか

↑まさかの向こうからの前向き姿勢!

(僕)
あ、じゃあすいません。すべてで。アジアも含めて

↑食い気味に聞くワタクシ。

(IRさん)
分かりました。えっと……すべてで、保険適用がされているかですね。お待ちくださいませ

↑よく聞く保留音が流れます。

またもや3分待ち。

 

「なんだよそいつ、くそ忙しいのにうるせーな! さっさと切っていいぞ!」

 

とかって文句を受話器の向こうで言われてるんじゃないかとか、勝手に考えて悲しくなる。

(IRさん)
大変お待たせしました。申し訳ございません。確認を取りましたが、各国の制度で適用されるようになっております

↑お、良かった。と思ったけど、後から聞き返すと、適用「されるように」なっておりますって微妙な言い方だな。

まぁ中計でも保険収載のところに矢印がついてるんで、大丈夫だと思うんですが。

(僕)
分かりました。ありがとうございました。失礼いたしますぅ
(IRさん)
お持たせして申し訳ございませんでした。今後ともよろしくお願いいたします

まとめ

・相変わらず自分の声が気持ち悪い。

これが全てですね。

ちょっとだけ、今期のアジアの3,700万のうち、オーストラリアの売上って1Q納品分(単純に半分して1,800万)だけだったらいいなぁ。

つまりオーストラリア以外の国でもそこそこ売れてたらいいなぁ。

オーストラリアも自動的に2Qに最低1,800万の売上が立つこと確定してるんならいいなぁ

……と思ってましたが、やっぱり3,600万全額1Qの売上に入ってました。

予想通りっちゃ予想通りだけど。

 

【追記】さっきも書きましたが、普通に売れ行きが良かったんで1Qに全部納品しちゃった→計画に反し納品基準に基づき1Qに3,600万全額の売上を計上したって可能性もあります。……が個人的には6月14日の中計で2Q納品って書いておいて、その後、短期間に急遽1Q中に納品まで完了したってことは考えにくい

 

なんのせもうこれ以上胃を痛くさせないでよ。

でもIRさんに今後ともよろしくお願いいたしますって言われたから、もうちょっと我慢するぞ。

韓国の承認来てくんないかな……。

*この記事はあくまでも参考程度で。これに限らず、ネット上にある「IRに訊いてみた」情報は、当たり前ですけど100%正しいなんてことはあり得ません。ましてや「会話」である以上、人によって捉え方も異なります。聞き間違え、言い間違え、もあります。株の売買はあくまでも自己責任でお願いいたします。

関連記事

シェアしてくれたら泣いて喜びます。


仮想通貨投資を始めたぞ!

ついに始めた仮想通貨投資!
僕のお金はどうなるのか?
AIは今後も仮想通貨の高騰を予想。
宝くじを買うくらいなら仮想通貨にしたほうが良いと真面目に思っています。
少なくとも、定期預金が安全だと思ったら大間違いだぞ!


9 件のコメント

  • yukiyukiさん、おはようございます。
    3DMのIRに問い合わせしていただき、有難うございます。
    私も知りたかったことばかりで、よくわかりました。
    欧州の売り上げ不振の理由は???なんですね。
    豪州は1Q2Qの36百万円なら、年間72百万円にはなるんでしょうか?
    豪州の人口が2500万人で、EU合計が5億人なので、豪州のニーズ(癒着防止材「的」)を欧州でも適応できれば、年間15億円の売上になると思うんですが…。(とらぬ狸!)
    欧州もマッケさんに任せられないんでしょうか?

    • もぐらさん、いつもありがとうございます!
      ヨーロッパは残念でした。
      ニコライには特に期待していたんで……。
      マッケは現在交渉中の欧州パートナー候補の3社の中に入ってると思います。
      マッケは販売力がありますし、オーストラリアでの経験で売り込み方のノウハウも積んできていると思うんで、そこは僕も本当に期待しています。

  • 問い合わせお疲れ様でした。
    いつもブログ楽しんで拝見してます。
    ヤフー掲示板では、オーストリアの売れ行きが予想以上にいいという意見もありますね(引き合いが強くて2Q前倒しで1Qに全部納品)。

    2Q発表で全てがわかりますね。追加の受注、納品があればいいんですけどね~。少額にとどまったらショックですね。

    • 幸せさん、いつもありがとうございます!
      情報ありがとうございます!
      確認しました!
      semicolonさんが書いてらっしゃいましたね!
      あの方スゴイですよね~、情報収集力もすごいし分析力もすごい。。
      多分、ものすごく頭が良い方なんでしょうね。
      おバカな僕は羨ましい……。

      ただ売上の計上基準はどうなんですかね。
      マトちゃんはIFRS採用してないですし、IFRSを採用したGNIも未だに出荷基準で売上を立ててるって話ですし。
      ってか、最初っから売上基準ってどうなってるんですか?って訊いてみればよかったな……。

      2Qは怖いですね……。
      地味に気になってるのは利益率が全然改善してこないってところなんです。
      これはたぶん、販促のために無償(もしくは安価に)でサンプル供与してる分も販促費じゃなくて原価に入れてるからじゃないかと思ってるんですが、サンプル出しまくってもそれに見合うだけの取引に繋がってきてないんじゃないかという不安があります。
      ビビりながら2Q以降の数字を期待しています。笑

      • Semicolonさん、本当に凄いですね。あの方がホルダーで心強いです。冷静で客観的かつ物凄くポジティブシンキングで、yukiyukiさんのブログと同様に参考にさせて頂いてます。
        今回の1Qに関しては陰と陽のように見方が分かれましたが、私もどちらかというと今回はyukiyukiさんの考え寄りで、代弁してくれてるようです(笑)

        ただ、癒着防止材が思いの外好調なのでまだまだ期待を持って見守ります。
        それにしても、後出血予防材、今期中に来ないかな~。

        • 幸せさんいつもありがとうございます!
          未知の情報を出してくれるのはありがたいですよねー。
          どうしても機関投資家にだけ情報が集まりやいすので、個人投資家に情報を探して教えてくれる方は貴重です!

          今回は賛否ありますが、2Qでは誰もが納得するような数字が出てこればいいですね!
          …怖いけど笑

          現在実施中の後出血予防材の試験はめちゃくちゃ重要だと思っています。仮に失敗すれば大ダメージに…無事成功してほしいですね!

  • こんばんわ。同じくコミュ苦手なバイオ好きりくです。
    他銘柄の話ですみません。

    4586メドレックスなんですが、とうとう大勝負の今年の年末が近づいてきましたよね。
    エトリートが3P失敗したときは、ほんと落胆しましたが、今回は主パイプラインである、
    オキシコドン1P。
    ここは、血中濃度を測定するだけ。結果も短期間で出ることが予想されます。技術は前回のチザニジンで成功しているし、失敗などするはずないと思っているですが・・・。

    しかも、株価は底値。大変値動きの軽い株なので上がったらすごいです。

    慎重派のyukiyukiさんオキシコドン1P成功確率どの程度と思われます?

    ぜひとも、ご意見宜しくお願いします。

    • りくさま、コメント誠にありがとうございます!

      メドレックスは今期、来期と楽しみなイベントが続きますね!
      おっしゃる通り、オキシコドンはメドレックスのパイプラインの中でも最大の柱だと思っています。
      前回のチザニジンは結果が出るまで4か月でしたかね?
      楽しみです!
      そして、結果予想に関しても完全に同意です。
      失敗したエトリートでも、血中濃度ではバンバンの結果が出ましたもんね!
      個人的にはオキシコドンのフェイズ1の成功確率はかなり高いと思っています。

      あとは成功したとして、その後の導出やフェイズ2や3以降の治験デザインがどうなるか注目しています。
      本当に血中濃度データだけで承認に持っていけるのか? やっぱりプラセボとの比較試験が求められるんじゃないか?
      などなど不安点もあります。
      それでもチザニジン導出から再度株価が落ちてきたので、実は購入も検討している銘柄です!

      今後ともよろしくお願いいたします!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.