持ち株がTOBされたので申し込みまでの流れを書いておくぞ!

いつもお世話になっております!

いやーめちゃくちゃ地合いが良いですねー。

ぼくはちっともその恩恵を受けられていないよ。

 

一部余力も資金拘束されてるし!!

 

本日の本題。

ぼくが持っていたUMNファーマ株。

塩野義製薬さんに540円でTOBをされたんです。

 

でもさあ……。そう言えばTOB初体験野郎のぼく。

 

申し込むにもどうすれば良いかも分かってない。

とりあえず、持ち株がTOB(株式公開買付け)された時のために、その後の流れを備忘録として残しておきます。

*TOBとは、あるお金持ち野郎が「○○株を、○○日から○○日までの間に、○○円で買ったるで!」と宣言し、市場外で買い集めることです。

 

TOBに申し込むには?

UMNさんがTOBを発表したのは、2019年10月30日の第3四半期決算発表と同時でした。

ぼくは塩野義さんとの提携第2フェーズ期待で買ったわけですが、まさかの同日にTOB発表。

そのときのUMNさんの株価は370円くらい。

 

今回、塩野義さんは、その株を、

塩野義
「540円で買っちゃいまっせ!」

と手を挙げられました。

540円で売りたい人の分、全部買っちゃうわよと。

 

UMNさん側としても、このTOBには賛成で、

(UMN)
「みなさん申し込んでね! ウチもお金持ちの塩野義さんの子会社になりたいねん。TOB後は上場廃止するよ」

と言っています。

 

算数できる方ならお分かりかと思いますけど、ぼくはスゲー儲かるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

2で申し込みますよ。

こんなこと言ったらあれだけど、UMNさんにそこまで愛着ないですよ。

お腹が弱いから早くノロロタワクチンは開発してほしいけど。

 

 

てなわけで、即行動しよう。

(僕)
塩野義さん、ぼくのUMN株を540円で買ってくださーい

 

 

って電話をしたらいけないよ。

塩野義さんの迷惑になっちゃうからね。

 

それくらいぼくだって分かりますよ、空気感で。

 

んじゃあTOBに申し込むのってどうすればよいのかってことだ。

もうそれすら知らないんです。なんせTOBデューティーだからね。

 

 

さっそく調べてみると、TOBには幹事証券会社ってやつが窓口になっているらしい。

この幹事証券会社さんを通して、TOBに申し込む必要があるとのこと。

 

今回の場合は……野村證券

 

ぼくはSBI証券と松井証券にUMN株を持ってるんですが、それをノムさんに移管せなあかんらしい。

つまりTOBに申し込む流れはこんな感じ。

 

TOBに申し込むまでの流れだよ。

①幹事証券会社がどこか調べる

②幹事証券会社に口座がなければ開設する

③TOBされた株を持っている証券会社に、上の証券会社に株を移してってお願いする

④幹事証券会社の口座に株が移ったら、TOBに申し込む

⑤お金が入金される

 

 

 

めんどくせー。

 

 

ぶっちゃけやってらんないでしょ。

さらにぶっちゃけると、ノムさん証券はあんまり好きじゃないしなあ。

ここだけの話だよ。

 

さてどうする。

TOBに申し込む以外にも残された選択肢がありますよっと。

市場で売っちゃう。

今回のTOB価格は540円。

買い付け期間は10月31日から12月12日です。

12月12日まではフツーに市場で売買されます。

 

今回の場合も発表翌日から、UMNの株価は540円に向かってぶっ飛び。

そりゃそうだ。12月12日には塩野義さんが540円で買ってくれるんだもんね。

最終的に株価は538円あたりをウロチョロ。

 

買いたい人の心理は、

(買い方)
「538円でUMN株を買ってTOBに申し込めば、540円で買ってもらえるじゃん。ほぼノーリスクで2円から取引手数料を引いた差額が儲かるじゃん。買いまくるぞ!」

 

 

一方、売りたい人の心理は、

(売り方)
「TOBに申し込むのなんてメンドクセーし、現金化まで時間もかかるしやってらんねーよ! 2円くらいならどうでもいいし、サッサと売っちゃお」

 

とこんな感じ。

 

スーパーめんどくさがり屋さんのぼくもですね、サッサと売っぱらう選択ボタンを押しかけたんですけど、いやいや待てよと。

人生、一度くらいTOBに申し込む経験をしといてもいいだろうと思いなおしました。

経験は人生を豊かにしてくれるからね。

 

よっしやるか。

 

と、その前に。

手数料はかかるのか?

TOBに申し込んで塩野義さんに540円で買ってもらったとしても、色々手数料がかかった意味ないじゃんね。

それならさすがにぼくも538円で市場で売りますよ。

 

調べてみると、TOBに申し込んで540円で買い取ってもらっても、手数料はゼロ。

よし、一つクリア。

 

あとはSBIと松井から野村證券に移管する際に手数料がかかるかどうか。

これは個別に聞くしかないか。

まずはSBI。

(僕)
他の証券会社に持ち株を移管したいんですけど、手数料ってかかりますか?
(SBI)
ウチでは出庫も入庫も手数料はタダだよ

次に松井。

(松井)
手数料はかかんないよ。でも出庫手数料がかかるかは、移す先の証券会社に訊いてね

最後野村。

(野村)
移管(入庫)手数料は取ってないよ

 

ということで、今回はノー手数料の540円×株数がまるまるぼくの手元に入ってくることが確定。

手数料は各証券会社によっても違うようなので、もしも自分の株がTOBされた場合は、確認しときましょう。

 

移管は専用書面で手続き!

手数料問題は解決。

それではさっそくTOBに申し込むまでの手続きを踏んでいこう。

まずは野村さんで口座を作ることだね。

 

ネットで申し込むと、一週間くらいで取引店コードや口座番号が書かれたハガキが送られてきました。

開設完了っと。

 

次はSBIと松井に、UMN株をノムさん口座に移管してもらいます。

ネットでポチポチ出来るのかと思いきや、専用書面を送んないといけなかった……。

 

やはりめんどうくさい。

でももうノムさん口座作っちゃったし、あとには引けん。

がんばるぞっと。

SBIと松井もホームページからこんな用紙をダウンロードできます。

下記はSBIの移管依頼書。

これを印刷して、必要事項を記入していきます。

書き終わったら、料金後納の宛名も印刷できるので、それと身分証明書のコピーを封筒に入れて送ると完了。

あとはポストに入れるだけ。

 

ふぅー。終わった終わった。

一仕事終えた感。

ここでぼくは完全にUMN株の移管手続きのことを忘れてしまいます。

 

無事に移管完了!

そして4日後……。

何気なく開いたマイトレードで、心臓が止まりかけるぼく。

 

なんじゃこりゃー!

 

 

あ、そっか。UMN株を移管したからだ。

確認するとSBI口座からも松井口座からも、UMN株がひっそりと姿を消していました。

 

 

ただーし。

一方、ノムさんの口座を見ると、残高ゼロの状態。

ぼくのUMN株が行方不明だぞー!!

ここで再びパニック状態に陥るぼく。

 

 

……いや待てよっと。

SBIのホームページを見ると、出庫手続き中はSBIの口座から当該の株式は消えちゃうそうですが、その時点ではまだ移管手続き自体が完了しているわけではないとのこと。

つまりはもうちょい待てってろって話だな。

脅かしやがって。

 

 

……さらに3日後。

お、ちゃんと反映されてたよ。

これ、野村の口座です。

 

ご丁寧に郵便でも、移管手続きが完了したよってお知らせが来ました。

SBI分と松井分、2通来ました。ノムさん、ご丁寧にありがとうございます。

 

 

というわけで、移管依頼書を投函してから、実際に移管されるまでの期間は土日を挟んで10日間くらいでした。

TOB申し込み!

あとはノムさんでTOBに申し込めば良いわけね。

書類かオンラインで申し込めます。

書類はめんどうくさいので、もちろんオンラインで申し込みます。

あれ……。「申し込みへ」のボタンが押せない……。

 

公開買付説明書ってのを一度開いて読んだふりをしないといけないのかなと思ってやってみますが、やっぱりダメ。

もうなんなんですか。

 

前のページに戻ると、こんな注意書きが。

 

え、そうなの。

申込自体、平日の営業時間内にやんないといけないんだ。

ほんとめんどうくさいな。

 

ここに来て、翌日寄りにぶん投げたくなる衝動にかられましたが、ここまで来て投げ出すのもさすがにバカらしいので最後までやります。

地合いも良いし、こんな状況でもためらいなくぶん投げられる人が儲かる人なんでしょうけど、ぼくはド下手くそなんで仕方ありません。

 

翌日、営業時間内に申し込みを済ませました。

これでこそ完了だ……。

TOBに申し込む人は早めに手続きをしておくと良いでしょう。

 

まとめ

・TOB手続きは面倒くさい!

想像以上にめんどうくさかった。

今回のようなほぼ成立確定のTOBの場合、サッサと売ってクールにグッドラックと呟くのが良い気がします。

入金はTOB申し込みの最終日から、一週間後。

売った後は迅速にノムさんからお金を引き出そうと思います。

関連記事

シェアしてくれたら泣いて喜びます。


自作小説販売を始めたぞ!

出版社の新人賞で最終選考まで残ったけど、結局落ちちゃった小説をkindleで発売してみたぞ!

値段は吉野家の牛丼に合わせて380円!

大特価だ!!


3 件のコメント

  • とても良い内容でした。
    TOB銘柄の経験ないんですが、市場で売った方が高く売れたり手間考える良いですね。
    野村は興味ないですが、LINE証券の口座開いたら関わることになりました。
    LINE証券口座開設した。 という記事も作成してもらうと読者に喜んでもらえると思います。
    まさか、顔写真等いっぱい撮るとは知りませんでした。

    • あおさん、コメントありがとうございます!
      LINE証券は顔写真も必要なんですね!
      仮想通貨の口座を開いたときのことを思い出しましたw
      口座を山ほど開きすぎちゃってますが、また7%割引もあるのでLINE証券についても時間があれば調べてみたいと思います。
      今後ともよろしくお願いいたします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください