とんかつの名店 美はる(愛知県尾張旭)を奇跡の舌を持つ男が食らう

いつもお世話になっております!

バイオの株価もパッとしない。

気分も落ち込みますが、そんなときこそうまいものを食べて元気を出さなきゃね。

せっかく愛知に出張に来てるんで、大好きなとんかつを食べに行ったぞ!

尾張旭にある名店「美はる」さんだ!

愛知のとんかつの名店「美はる」さんに行ってきた。

正直、愛知県の土地勘が全く分かりません……。

グーグルマップさんに言われるがままに車を走らせて到着したのがこちらのお店。

美はるさんの場所

場所はねえ、ちょっとこのマップを見ても愛知に縁もゆかりもない人間からすると分かんないんだよなぁ。

とにかくこの363号線ってところを名古屋から瀬戸方面に走っていくと、左手に見えてきます。

外観はこちら。

結構落ち着いた感じでしょ。

ぼくのような落ち着いた大人な人間にピッタリなお店な雰囲気がビンビン出ています。

店の前には4台ほど止められる駐車場がありました。

すでに2台止まっていたので、ぼくは空いているスペースに何度か切り返して駐車します。

へ、下手なわけじゃないもんね。

 

気を取り直して行きますか。

コミュ障なのでちょっと緊張。

しかし、ここまで来て「営業中!」の看板を見て帰る訳にはいかぬぞ。

そーっと左側から入っていきます。

するとこんなお知らせが。

中々見ない看板だぜ。

この看板にしたためられた字からすでにこだわりを感じるね。

 

待たせるぞ!!

 

ってお店が言ってるんだからね。

もちろん待ちまっせ。

 

ぼくの時間的価値なんて米粒レベルだからね。

かえって楽しみってもんだ。

 

入口の前のメニュー。

ちょっと見にくいですけど、このメニューの上にもお時間がかかるよとの注意書きが。

揚げたあと、しばらく蒸らすんだってさ!

どんな感じなんだろう。

衣はサクサクを飛び越えてザクザク系が好きなぼくの口に合うのか?

かつやで大満足できるぼくの口に合うのか?

 

あ、ちなみに美はるさんの店の真ん前にはぼくが株を持っている「かつや」があります。

ほんっと目の前……。

アークランドさん、いつも優待券楽しみにしてるよ!!

 

ま、ここまで来て「美はる」に行かずに「かつや」に行ったらバカだよね。

さすがにそんな暴挙は犯さない。

んじゃあ入るぞーーーーーう。

 

入口の扉に手をかけてガラガラガラ←ドアがスライド式だったかは忘れた。

失礼いたしますぅ。

面接に来た学生みたいに恐る恐る中に入る。

大人のくせにハーフパンツの人お断りの店だったらどうしよう。

 

入るとすぐ目の前にカウンターがありました。

ぼく以外にはお客さんは3名。

食べログさんなんかを見ると、土日の昼とかはすぐに一杯になって、注文してからの待ち時間も40分なんて当たり前、みたいなことが書かれていたよ。

スマホをチェックすると夜8時過ぎ。

平日のこの時間なら全然空いていますね。

 

できる限り待ち時間を短縮したいぞっていう欲張りさんは、平日の夜に来ると良いでしょう。

ちなみにカウンターの後ろのテーブル席はこんな感じ。

白と茶色を基調とした落ち着いた店内。

店内にも優雅な音楽が流れています。

 

再びメニューチェック。

写真ブレブレですいません。

ロースが好きな人はロースがおすすめだそうな。

はい、ぼくはロースが好きです。

素直なぼくはお店に従うぞ。

 

サイドメニューもチェック。

人参サラダにだけ赤い吹き出しが付いている!

美はる特製だと。

他は特製じゃないのか、なんてツッコミはいらないぞ。

とにかくこれは気になるな。

野菜もしっかり取っておこう。

 

さてと……。

注文をしますかな。

 

「あ、すいませーん」

 

 

しーん。

 

 

ヤバい声が小さすぎたようだ。

それかやっぱり大人なくせにショートパンツ姿がまずかったのか。

いったん、咳払い。

 

あ、……

と、手を浮かせたその時……。

 

「いらっしゃいませー」

と奥様がお茶とおしぼりを持ってきてくださいました。

さらに「お決まりですか」の声。

なるほどなるほど。

このタイミングで注文をすれば良いんだけか。

 

大きく息を吸い込んで……、

「ロースかつ定食と人参サラダをお願いしまーす!!」

 

よっしゃ。

最大の関門である注文伝達作業をクリアしたぞ!

これであとは待つだけだ。

どれだけでも待つぞ。

一時間でも待つぞ。

どうせぼくは暇人だからな。

 

 

 

…………。

 

 

 

さっそく手持ち無沙汰になる。

 

とりあえずトイレに行くことにする。

カウンターに座って左側にトイレはあったよ。

 

ぼくは最初右側に行って、キョロキョロしてたからほかのお客さんに怪しい野郎に見られたよ。

キミたちは気をつけてくださいね。

 

はい。

こちらがトイレの洗面台のところ。

トイレも超清潔感にあふれています。

このお店、今んところ全くスキがねえ……。

 

トイレを済ませ、再び席に腰を下ろすぼく。

 

その間にもばつーんばつーん!!って大きな肉を叩く音が店内に響きます。

お客さんのオーダーがあってから、1枚1枚手打ちをして提供するスタイル。

うわぁ楽しみだ。

 

こんなPOPがありました。

美はるさんのロースは新潟産なんだね。

「和豚もち豚」ってブランド名。

 

……うーん、聞いたことないな。

 

だけどぼくはブランドで左右される男ではない。

自らの舌で判断できる男なのだ。

ニヤニヤ。

 

「お待たせしましたー」と奥さんの声。

 

えーーーーーーーー!!!

まだ5分くらいしか経ってないよ!

早すぎる!

そしてぼくのニヤニヤを見られちゃった。

恥ずかしいぜ。

 

 

もしかして、ぼくのロースかつ定食だけ蒸すのを忘れられてんじゃ……。

「気持ち悪い奴だから早く帰そうぜ」って緊急家族会議が開かれて、蒸し作業回避特例法案が可決されたんでは。

 

 

って、一瞬心配をしましたが、出されたのは人参サラダでした。

はぁ良かったあ。

見よ! この光沢を。

瑞々しさを。

鮮やかなオレンジ色を。

 

さっそくいただきまーす。

パクリ。ゴフッ!

 

いきなり盛大にむせるぼく。

隣に座っていた同年代くらいの男性は気づかないふりをしてくれているが、明らかに「こいつキッズかよ……」と思っているだろう。

そこそこ酸味があるから、一口目で吸い込まないように注意してね。

 

改めまして……。

人参サラダを食べてみます。

 

 

うむ、すんごいシャッキリ!

結構歯ごたえがあります。

自分がウサギになったかのように真剣に食べちゃう。

手が止まらなくなる前菜は久しぶりだ。

 

かかっているドレッシングはオレンジ風味?

これまた人参の甘さとサッパリ感とよく合う。

胃の中もすっきりして、これからとんかつと対峙する胃にとっても良い準備運動になっただろう。

 

マジでうまかった。

美はるに来たら「人参サラダ」はマストだと思います。

 

そんなこんなで待つこと約25分……。

どーーーーーん!!!!!

来たぞ!!

ロースかつ定食だ!

人が少なかったので、案外早く来ましたね。

 

とんかつにキャベツ、ごはん、ソース、キュウリ漬物、あと写真では見切れてるけど赤味噌の味噌汁もあるよ。

 

まずポイントが高いのはソースを別皿に入れて持ってきてくれたこと。

ぼくは衣のサクサク感は絶対に残したいタイプなんで、上からソースをぶっかけることができない人間なんです。

ソースの水分で衣がふにゃふにゃになっちゃうもんね。

 

一方、こういう刺身みたいにとんかつをソースにちょこんってつけて食べるスタイルなら、諸問題はすべて解決!

 

ほら、よく見てくださいやー!

この綺麗に上がった極上のとんかつさんを!

断面チェックもいきましょか。

ほいや!

このジューシー感伝わりますか。

中はほんのりピンク色。

衣は極薄ですね。

あくまでも主役は肉。

肉のための「衣」って感じです。

 

肉汁が溢れています。

ぼくの口の中にもヨダレが溢れてきます。

我慢ができません。

いただきます!

 

まずは端っこの一切れを箸でつまみ、ソースに先端だけちょこんとつけてガブリンチョ。

 

 

……甘い!

 

 

肉の甘みが溢れてくる。

肉は柔らかいけど、ふにゃふにゃって感じではなく、しっかりとした弾力がある。

そして弾力を感じるたびに肉の甘みとうまみが溢れてくる

 

衣は自己主張してこない。

あくまでも肉のサポート役に徹している。

 

至福の肉の余韻が残っている口の中に、一気にごはんを掻き込む!

とんかつとごはんって何でこんなに合うんだ。

ベストカップル大賞を捧げよう。

 

ここまで来たら誰もぼくの食欲を止めることはできないぞ。

一気に半分平らげて、キュウリの漬物で中休み。

これも地味だけどおいしい。

さらにキャベツを食べれば、完全にお口の中がリフレッシュできます。

 

一息ついたところで、再度とんかつに。

一度口の中の環境を変えたせいで、より強く肉の甘みが感じられるようになる!

とんかつ→ごはん→とんかつ→ごはんのループで満足感が最高潮に達し……ごちそうさまでした!!

 

ふーうまかった。

最後にゆっくりと味噌汁を飲みます。

こちらも普段は飲まない赤味噌でしたが、コクがあっておいしゅうございました。

お店の個人的感想
肉汁甘っ!
値段 ちょい高め。ロースかつ定食&人参サラダで2,040円だったよ
普通。
特徴 薄衣が美しい。
その他 前に駐車場があるよ。平日の夜は普通に空いているよ。

美はるの営業時間・定休日など

店名 美はる
電話 0561-52-0707
住所 尾張旭市北本地ヶ原4-27-5
営業時間 昼 11:30~14:30(ラストオーダー14:00)
夜 17:30~21:30(ラストオーダー21:00)
定休日 月曜・第3火曜
駐車場 ありますよ。

関連記事

シェアしてくれたら泣いて喜びます。


自作小説販売を始めたぞ!

出版社の新人賞で最終選考まで残ったけど、結局落ちちゃった小説をkindleで発売してみたぞ!

値段は吉野家の牛丼に合わせて380円!

大特価だ!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください