ペンタックスが3Dマトの止血材「purastat」の販売代理店に!

いつもお世話になっております。

どうもワタクシです。

昨日は職場の歓送迎会で2時まで飲んでいましたので、まだ頭が朦朧としております。

飲めない酒を飲みながら、上司の説教をずっと聞いて、最後はちゃっかりお金も割り勘。

これをアルハラと言わずしてなんという。

本当にブラックだよなぁ……。

 

さてさて、そんな憂鬱な気分の中、株価もさえませんでしたね。

新興は大きく下げました。

誰か北朝鮮の斬新すぎる髪形をしてる奴をなんとかしてくれよ。

アイツの部下になるよりはいいよなぁと自分を慰める日々。

 

しかしながら、3DマトちゃんがまたまたIRを発表しましたよ。

遅れていたフランス代理店との契約締結です。

これは3Q決算発表時に、4月までに締結すると書いちゃってましたんで、特にサプライズ感はなしでありますが。

3DマトリックスがPENTAXEurope GmbHとの止血材の販売契約締結を発表!

ペンタックスです。

フランスの代理店はペンタックスでした。

またフランスだけではなく、オランダ、ポルトガルでもpurastatの販売権を許諾したとのことです。

適用領域は消化器内視鏡分野に絞っています。

 

ペンタックスっていうと、カメラのイメージがありますが、こちらのペンタックスは別物。

別物っていうか元々は一緒だったんですが、今はHOYAの子会社のペンタックスのほうです。

この辺がややこしいんですが、元々はペンタックスっていう会社があったんですが、業績が悪化してHOYAがTOB。

ところがHOYAも経営が傾いて、ペンタックスのカメラ事業をリコーに売却したって感じです。

 

話がそれましたが……。

 

今回3Dマトリックスと契約をしたHOYAの子会社の「ペンタックス」は、医療用の内視鏡なんかを販売しています。

内視鏡っていえばpurastatですよね。

内視鏡手術で使える止血材であるってことがpurastatの大きな利点。

3Dマトリックスとしてはもちろんですが、ペンタックス的にも既存の顧客に対して、新たな製品を提案できます。

診断士試験の経営理論で必ず勉強させられる「アンゾフの成長マトリックス」でいうところの、新製品開発戦略です。

効率的な売上の拡大を期待して、purastatの導入を決めたのでしょう。

契約一時金はなし!

ちょっぴり期待していた契約一時金ですが、やはり言及はありませんでしたね。

まぁ代理店契約であることは分かっていたので、これは仕方ない。

最低購買量が付与されているかについても不明。

書いてないってことはないのかな。

そーせいの田村会長が「特許くらいでIR出さねーよ」って言っていたのとは反対に、特許IRが大好きな3Dマトリックスさんのことです。

プラスの材料があればドヤ顔で明記してくると思うんですが、なかったので。

これは分かんないですね。

とにかく来期にかけて売上を伸ばす体制を徹底的に整えてほしい。

その一助になるIRであることは間違いないでしょうから、とりあえず良しとしておきましょう。

でも嫌な予感も。

あと、今期もしあるとすれば韓国と後出血予防材のCEマーク取得ですが、どうなりますか。

どちらも、今回のフランス代理店よりも大きな材料だと思いますので、引き続き期待したいです。

ただこんなにIRが続くと、なんとなーく増資の香りも漂ってきちゃうわけで。

まぁ増資はもう覚悟してるんで、増資発表までに少しでも株価を上げてほしい。

地合いが地合いだけに難しいですけどね。

なんか流れが来てる気もするんで、さらに良い材料が出てほしいものです。

それにしても国内の治験といい、今回のペンタックスとの契約といい、3Dマトリックスとしては内視鏡領域でのpurastatの拡販に力を入れているようですね。

スリーディーマトリックス(7777)の止血材の有効性について調べたぞ!

2016.02.28

使い勝手の良さと、後出血予防効果。

ワタクシも何度も書いていますが、製品の核である止血効果では、競合品と比較して高い競争力を持っているとはいえない以上、上記のような付加価値を訴求して市場シェアを奪っていくしかないと考えています。

後出血予防材のCEマークとってほしいなぁ……。

まとめ

・3Dマトリックスがフランスで新たな販売代理店と契約!

・代理店はHOYAグループのペンタックス!

・内視鏡領域での販路拡大へ!

 

代理店の数は増えてきて、力のある代理店とも契約ができている3Dマトリックスですが、肝心の製品は売れていません。

ということで、今回の代理店契約が売上の急拡大を実現するって話でもないでしょう。

ないですが、内視鏡分野でネットワークを持つペンタックスですから、スムーズな拡販を期待したいです。

そう。

株主からの信頼を取り戻すのはすぐには難しいだろうから、まずはほんの少しでも「期待」を与えてくれ!

引き続き、超頑張れスリーディーマトリックス!

今月中にCEマークが取れますように……。

それでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました_(._.)_

 

関連記事

シェアしてくれたら泣いて喜びます。


自作小説販売を始めたぞ!

出版社の新人賞で最終選考まで残ったけど、結局落ちちゃった小説をkindleで発売してみたぞ!

値段は吉野家の牛丼に合わせて380円!

大特価だ!!


2 件のコメント

  • yukiyukiさん、はじめまして。
    バイオベンチャー企業の詳しいご紹介、大変勉強になります。
    また、文章も写真も構成も、ものすごく分かりやすくて面白いです。
    私も3DM、オンコリス、シンバイオなどを保有していますが、大赤字です。
    特に3DMは、4月に入ってからグッドニュースが続いていますが、株価は浮上いたしません。
    なんでかなあ? PuraStatの売上の伸びがパッとしないからでしょうねえ。
    これからも、yukiyukiさんのブログを楽しみにしています。
    どうぞよろしくお願いいたします。

    • もぐらさま
      コメント誠にありがとうございます!
      ど素人の記事ではありますが、参考になりましたら本当に幸いです。
      3DMはIR3連発でも戻っちゃいましたね。
      やっぱり売上実績が低すぎるので、信頼を失っているからだと思います。
      来期以降に売上が伸びてこないと株価的には厳しいかなぁと考えております。
      今後ともよろしくお願いいたします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください